[自然栽培] トマトの苗を頂きました2011年05月24日 22:11

 前の日記は, 5月23日になります。(*1)

 木村秋則氏は, トマトの「横植え法」を提唱されています。
ポット苗を, 花が咲く頃に定植するのですが,
その際, てっぺんの2-3枚以外の葉(花があったら花も)を全て取り去り,
ポット苗を横に置いて, ポット苗からてっぺんまでを土に埋め,
取り除かなかった2-3枚の葉のみを地上に出す, というものです。
試行錯誤の末にこの方法に至ったと言うことです。
なんでも, 強い風にも倒れない, おいしいトマトの実がなるということです。
もちろん肥料は入れないことが条件ですが。

 木村秋則自然栽培実践塾で知り合った, 私と同様,
富山市内で畑仕事をされている方から連絡があり,
トマトの苗が余ったので, どうですか, ということでした。
私は種から育てているトマトがあるのですが,
数日前頃から, やっと本葉が見え始めたところです。
私が一緒に畑仕事をさせてもらっている方もトマトを育てられていて,
温床で発芽させているので, 私の苗よりは早く育っていますが,
花が咲く迄は, 未だ時間がかかりそうという状況です。
そんなところへ, 苗のお話でした。
頂けるのであれば, ということで, 今日頂きました。
2種類のトマトの苗20本ずつ, 計40本でした。
電話連絡を受けた時, 全部で20本だと聞き違いをしていました。
どちらの種類も, 1番目の花が咲いているものがちらほらある状況です。
「横植え法」をするには丁度良い時機の苗と言えます。
最初に肥料は使ったけれど, 以降は,
肥料は使っていなくて, 雨水以外の水やりもなし, ということでした。
「横植え法」を試すには, 良い試料と言えるでしょう。

 私が使える畑に定植することを考えています。
40本だと, 40 m(上付)2(/上付)位の広さが必要になります。
未だ畝を立てていないので, 晴れの天気予報が出ている明日と明後日に,
時間がとれたら畝を立てる予定です。

 苗を下さった○○さん, どうもありがとうございました。

(*1) http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1726278989&owner_id=4011544