[富山] おわら風の盆の前夜祭に行って来ました2011年08月21日 22:52

 毎年9月1日から3日迄, 「おわら風の盆」という祭が,
富山市八尾(やつお)町で開かれます。
夜通しで, 踊る人, 奏でる人が町を歩きます。(*1)
祭なのですが, 曲は華やかというよりは, 落ち着いたものです。
哀愁があるという説明がなされることが多いようですが,
私はそのような感じでは聞かないです。
多分, ほかの地方の祭の曲と比べると, 落ち着いた曲だからでしょう。
まあ, 私は, 「ほかの地方の祭の曲」を
よく知らないのではありますが(^^;。

 富山に来る迄, この祭の存在を知りませんでした。
来てからは, 笠で顔をすっぽり覆った踊る人達が,
静かに踊る光景をテレビ画面で見るようになりました。
辞めた職場では, 所属する学生が, この「おわら風の盆」の
練習やら演奏やら踊りで「公欠」をとることを知って, 驚きました。
町の一行事のために講義を欠席することを認めるなんて,
ありえない, と。
私が地域に密着した生き方をしてこなかったから,
町の行事で公欠が認められる事が信じられなかったのでしょうね。
元々多くの人達は,
生まれ育った町の行事に参加するものなのでしょう。
私は 6年位しかその町に住むことがなかったので,
郷土愛を理解することは大変困難なことです。
だからでしょう, 古くから伝わる町の伝統を守ることにこだわることを,
私は未だによく分からないです。
多分, ずっと分かることはないのでしょうけれど。

 そんなことはどうでも良いのですが(^^;,
富山に来て17年目にして, 前夜祭ではありますが,
「おわら風の盆」を, 今日(8/21), 現場で見ることができました。
踊っている所や, 歌は, テレビや, 富山市中心街で見たことがあるので,
それをみる事に限れば, 真新しいことはありませんでした。
しかし, 八尾町の, 急な坂を登ったところで,
私の想像よりもずっと小さな音で演奏する楽器に合わせて,
町を踊っている人達を見たら, 違う印象を受けました。
テレビでは歌や演奏の音がそこそこ大きいのですが,
現場ではそれが小さいため, とても静かな踊りでした。
踊りは, 手の動かし方が細かいように思いました。
女性の手がとてもきれいだったのが印象的です。
顔が笠に隠れて見えないから余計そう思ったのかも知れません(^^;。
笠の下が金髪だった女性もいて, それはそれで驚きましたけれど。

 前に八尾町へ行った時, 井田川がえぐってできたであろう地形が
印象的でした。その夜景もとても印象的でした。
静かな踊りに, 落ち着いた歌と音楽は, なかなか良いものでした。
ただ, 我先にと歩くおばちゃん達がここにもいて,
とてもとても残念でした。
ああいうおばちゃん達は,
どうしてあのような行動がとれるのでしょうか(^^;

(*1) http://www.yatsuo.net/kazenobon/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E3%82%8F%E3%82%89%E9%A2%A8%E3%81%AE%E7%9B%86