[霊気] とりほの頸から背中の痛みが酷いです2012年01月02日 21:18

 アルバイトからアパートへ戻り,
夕食を摂ってからゆっくりしていたのですが,
相棒のとりほ(*1)の調子が悪そうだったので,
体の痛い箇所へ手を当てて, 霊気を施しました。
相手の体が痛い箇所(頸から背中, 腰)へ手を当てると,
私の手に痺れる感覚がやってきます。
この痺れる感覚は, 長くとも5分位すると治まってきて,
相手の痛みも和らぐことが多いのですが,
今晩のとりほの頸から背中は,
手を当てて30分以上経っても,
手の痺れが治まるどころか,
私が感じる痺れが酷くなり, 痛みとして感じました。
このような感覚は初めてでした。
手を30分以上あてていたために,
手が疲れたからそうなったのかも知れませんが,
手を一旦休めてから同じ事をしても,
痺れる感覚は変わりませんでした。
50分位して, 私が受ける痺れる感覚が弱まりました。
とりほの痛みが和らいでいたら嬉しいのですが,
他人の痛みは分からないので, 何とも言えません。
ただ, 手を離して数分したら, ぐーぐー寝始めていたので,
少しは痛みが和らいだのだと信じたいです。

 痛いという感覚は辛いです。そういう病を患うのが運命なら,
せめて痛みを和らげることができれば, と願いつつ,
霊気を施すのでした。

(*1) とりほは, 私の相棒です。詳しくは,
http://www.ne.jp/asahi/okyuu/booya/kankeisurutanouri.html
から, リンク先を辿って下さい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/01/02/6275212/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。