[富山] この冬は, 原子力発電所がなくても電力は十分足りたとのことです。2012年03月01日 20:18

 富山新聞のウェブ記事に, 次の内容がありました。(*1)

> 北陸電力管内の昨年12月-2月の電力需給は,
> 安定供給の目安となる電力使用率92%未満の日が約8割となり,
> 志賀原発が停止したままでも, おおむね余裕があった。
> 最も高い使用率は94.9%だった。

 富山県の電力は, 北陸電力(*2)によるものなのですが,
この会社は, 石川県志賀町に原子力発電所を持っています。
そんな危ない物をつくらなければ良いのに,
2つも作ってしまいました。
今は幸いなことに運転しておりません。
この会社がウェブで公開している放射線の説明は,
私が読む限りは, なんだかなあという内容になっています。
例えば, 「そもそも, ニュースで聞く「放射性ヨウ素」
「放射性セシウム」って何, という頁(*3)があるのですが,
体内で濃縮される, だけれど新陳代謝で外へ出て行く,
という説明があります。これは間違いではないのですが,
放射性セシウム137の場合は,
この頁にもあるように, 生態系内で循環されるので,
一度だけ体内に入るのではなく,
今後も体内に入ってくる可能性がある物質です。
半減期が約30年とありますが,
これだけの説明だと, 約60年で放射線を放出しないように読めます。
新陳代謝で排出されても, また摂取するので,
体内被曝は長く続く, というのが正しいはずですが,
そう読めるようにはなっておりません。
まあ, 原子力発電所推進の立場なので,
このような説明にしないとまずいのでしょうけれど。

 電力が足りなかったら, 足りないまでです。
原子力発電所を沢山作ってまでして電力を欲しがる企業は,
電力会社と, 原子力発電を推進している人・組織位ではないでしょうか?
放射性物質を拡散するだけでなく,
新たに生み出すことは, 私は良いこととは思っておりません。
東京電力や政府による原子力発電所事故後の対応が
滅茶苦茶なのを見て明らかなように,
この発電所で事故が起こったら,
まともに対応できる人・組織はないでしょう。
あるのなら, もう対応し終えているはずですから。

 北陸電力は,
> 今冬は原発なしでも節電を要請せずに乗り切ったが,
> 北電担当者は「火力にトラブルがあり,
> 長期間停止する事態になれば電力需給は厳しくなる。
> 火力の点検, 補修をずっとずらし続けるわけにもいかない」
> としている。
ということなので, そのような事態にならないよう,
原子力発電所以外の選択肢で行動して下さい。
そうしたら, 私はあなた達を応援いたします。
早く応援できることになることを祈ります。

(*1) http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20120301301.htm
(*2) http://www.rikuden.co.jp/
(*3) http://www.rikuden.co.jp/tousyataiou/housyasen_qa04_2.html

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/03/01/6355627/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。