廃止路線や列車を撮影される鉄道ファンについての報道を見て思うこと2012年03月31日 22:00

 相棒のとりほによれば, 私は鉄道ファンなのだそうです。
それは, テレビ画面に出てくる電車車両を見て,
あれは某会社の○×線だ, と言うことがあるからのようです。
富山に住んでいたら, そう思われてしまうのかも知れませんが,
東京とその周辺で生活していたら,
たくさんの鉄道を見たり使ったりしますので,
鉄道ファンでなくとも, 自然と覚えてしまいます。
鉄道車両を見るのは嫌いではないですが,
鉄道ファンではないです。
ちなみに, もうすぐ富山へ移って17年ですが,
未だに富山地方鉄道の鉄道には乗ったことがありません(^^;。

 廃止される路線や列車を,
写真におさめようとする鉄道ファンのことが
ニュース記事になることがあります
(時には, 危険な線路脇で撮影して列車の運行を止めるという,
悪質な鉄道ファンもいるようで残念です。)。
最近は, 定期夜行列車が廃止されてきていて,
旧国鉄富山駅に止まる「能登」と「きたぐに」が廃止となりました。
どちらも時折利用していた列車だったので,
遠方へ移動する時に困るという思いが強いです。
寂しいとは思いません。
これらの列車を写真におさめようとしている方々は,
恐らく寂しくなるから, 現役で走っている姿を
写真におさめられようとされているのだと思います。

 で, 常に不思議に思うのは,
そんなに寂しく思われるのであるのなら,
廃止にならないように, 鉄道ファンの方は,
なぜそれらの列車が廃止されない程度に,
ちょくちょく利用されなかったのかなあ, ということです。
(*1)の記事だと, 今日('12/03/31)に廃止された
長野電鉄屋代線は,
> 1両に2, 3人しか乗っていない時もあった
ということでしたから。
本当にその列車がなくなる事を寂しく思い,
とても気になるのなら, 利用すると思うのです。
もしかしたら, ただ列車の写真を撮りたいだけなのではないのか,
そんな気がしてしまいます。それはそれで良いのですが,
そのような方は, 鉄道ファンとは違うような気がします。

 鉄道ファンではない方による列車廃止への思いを採り上げた,
(*2)の記事は, 読んで良い気持ちになりました。

(*1) 例えば
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/newspack/09kurasi2012033101001539.html
(*2) http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20120315101.htm

2つ目のアルバイトが決まりました2012年03月31日 22:31

 昨年10月から始めたアルバイトですが,
このアルバイト先の,
アルバイト働き手の扱いについての考えに賛同できず,
しかしながら, 収入がなくなるのも困るので,
次の仕事が見つかるまで我慢して勤めてきました。
そして, 先日, ある職場でのアルバイトが決まりました。
これで, 前からのアルバイトを辞められるかなと思っていたのですが,
時給は高い物の, 勤務時間が短く,
なので, 前からのアルバイトを辞めるわけには
いかない状況は, 今後も続くこととなりました(;_;)。

 2つのアルバイトなり仕事をすることを,
「ダブルワーク」なる, 不思議な日本語で言い表すようです。(*1)
本業と副業で「ダブルワーク」なのだそうですが,
前からのアルバイトは, 勤務時間が長め(長くはないです),
新しいアルバイトは逆に短めなのですが,
新しいアルバイトが本業になるでしょう。
なぜなら, こちらの方が,
これまでの人生で慣れ親しんだ世界だからです。

 実は来年度(2012年度)前期は,
某大学の非常勤講師も担当します。
なので, 正確には, 「ダブルワーク」ではなく,
「トリプルワーク」の状態になります。
講義回数は少ないため, この仕事による収入は少ないです。
しばらくこの「ダブル(トリプル)ワーク」状態で様子を見て,
3つ目(正確には4つ目)のアルバイトを探し,
そして, 今やっているアルバイトを辞めようと思っております。

(*1) ダブルワークを, そのまま英単語に置き換えると,
double workとなります。そのような語はありませんが,
double-workだと, 接ぎ木という意味になります。
全然意味が違いますね(^^;。