[富山] 県警察本部交通部が仕事をしていたようです。なによりです。2012年04月01日 21:10

 私は常日頃, 富山県警察本部交通部(以下, 単に県警)が,
本来やるべき仕事をしていないことにがっかりし,
このブログでも, 仕事をしない県警を嘆く文を書いてきました。(*1)
今日は四月馬鹿だから, 嘘を書く, というつもりはなかったのですが,
嘘のようですが, どうやら県警が本来すべき仕事をされたようなので,
それについて書くことにします。

 北日本放送のウェブ記事(*2)によれば,
富山県警察本部交通部は,
北陸自動車道で携帯電話を使っていた会社員の男を逮捕した,
とのことです。
携帯電話使用運転者なんて, ほぼ毎日見ています。
私は県警が本来の仕事をせず,
法定速度を超える車を黙認するのと同様,
携帯電話使用運転者も黙認するのが,
県警の立場だと思っておりました。
だから, このウェブ記事に大変驚きました。
冗談ではないかと。それこそ, 四月馬鹿ではないかと。
しかし, この運転手は, 運転免許取り消し中なのに
運転していて, それが発覚するのを恐れて,
警察の誘導を振り切って逃げようとしたのだそうです。
免許取り消し中に運転するのもそうですが,
運転中の携帯電話通話も, 呆れて物が言えないです。
更に呆れたことに, この人は福岡県福岡市の人だそうです。
富山在住なのか, 福岡から仕事できた人なのかわかりませんが,
後者だとしたら, 福岡から無免許で富山まで運転していた,
ということなのでしょうか。

 今回の逮捕でこの人が,
車の運転をしてはいけない人であることを自覚されることを
希望します。
更に言えば, この逮捕された人が,
仕事で携帯電話を使用していたとしたのなら,
この会社名も公開して欲しいですね。

 それにしても県警は,
高速道路走行中の運転手の携帯電話通話は,
見て調べている, ということなのでしょうか。

(*1) 例えば,
http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2011/12/21/6254969
(*2) http://www2.knb.ne.jp/news/20120401_31893.htm