[富山] 「つるまる」といううどん屋で, 釜揚げうどんを頂きました。2012年04月02日 19:53

 お店の釜揚げうどんを食べ比べたいと思ってから(*1),
今回は, 「麺乃庄 つるまる」(以下, 「つるまる」)という
うどん屋(*2)へ行きました。相棒のとりほも一緒でした。
ウェブサイトを見ると, フジオフードシステムという会社(*3)の
「まいどおおきに食堂」も, この会社のお店です。
いつから富山にある店なのかを, 私は知りませんでしたが,
ウェブサイトを検索すると, 2009年に開店したとのことです。(*4)
3年も前からあったようですが, 私がこの店を知ったのは,
つい先月でした。富山で食べられる釜揚げうどんの店を,
インターネットで検索したら, 辿り着いたのでした。
「つるまる」のウェブサイトを見ると,
同じ会社の「鶴丸製麺」という店では,
「丸亀製麺」や「伊予製麺」と同様, 自家製麺になるようで,
今回行った「つるまる」は, 恐らくは自家製麺ではなく,
なので, どこかの工場で作られた麺を, この店で茹でている,
という事だと思います。
面構えを見ると, 「まいどおおきに食堂」も, 「つるまる」もほぼ同じ。
「丸亀製麺」も「伊予製麺」も似ています。
この面構えの原形は, きっとどこかにあるのでしょうね。
それはともかく,
「まいどおおきに食堂」の入り口だと, 米を炊く釜がおかれていますが,
この「つるまる」では, 麺を伸ばすと思われる機械がおかれていて,
店員が操作していました。あれは, 製麺機だったのでしょうか?
「丸亀製麺」や「伊予製麺」で見られる釜は,
見当たりませんでした。湯浴のような物はあったのですが,
あれが釜だったのでしょうか?

 私は「釜揚げうどん」を頂きました。
「麺乃庄 つるまる」だと, 釜揚げうどんはないようなのですが(*5),
ちゃんとありました。どういうことなのでしょうか(^^;。
しかも, 入り口にしっかりと
「釜揚げうどん280円」という幟(のぼり)もありました。
とりほは, 「釜揚げしらすおろしぶっかけうどん」(*6)を選びました。
紛らわしい名前ですが, こちらは, しらすを釜揚げしていて,
うどんはぶっかけうどんです(^^;。
2人が注文した時には, 店内の客はいませんでした(^^;。
ほぼ同時に注文して, ほぼ同時にうどんが出てきました。
この段階で, 私のうどんが釜揚げうどんではない可能性が
高いことになります。
で, 実際に食べてみたら, 細い麺で,
少しだけもちもちとした食感はあったのですが,
これは釜揚げうどんではないなあ, という感じでした。
生姜は取り放題ではありませんでした。
つゆは, 「丸亀製麺」のような甘さがいくらかあったものの,
「伊予製麺」に近かったかなあ(もう忘れました(^^;), という感じでした。
今回は, つゆ(出汁)よりも, この麺が, 何だかなあ, という感じでした。
野菜のかき揚げとおにぎりを頂いたのですが,
どちらも作りたてではありませんでした。
「まいどおおきに食堂」と同様, 冷めた天麩羅他を温めるための
電子レンジが店内に置かれていましたから,
「丸亀製麺」や「伊予製麺」のように,
天麩羅の揚げ立て, にはこだわっていないようです。

 ということで, 富山市内で釜揚げうどんを5軒で食べてみました。
今回は文句なく「はずれ」でした(^^;。
あれは釜揚げうどんではないでしょう。
値段は, 「伊予製麺」の260円よりも20円高い,
「丸亀製麺」と同じ280円でした。
同じ値段なら, 「丸亀製麺」へ行きます。

 ただ, ウェブサイトによれば, この店の商品は,
全て持ち帰ることができるのだそうです。(*7)
そこも, 「まいどおおきに食堂」と同じですね。
釜揚げうどんをどうやって持ち帰るのか,
想像もつかないのですが(^^;。
持ち帰れたとしても, きっとおいしくないですよね。

(*1) http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/03/27/6391153
(*2) http://www.tsuru-maru.jp/
(*3) http://www.fujiofood.com/
(*4) http://www.kitokitonet.ne.jp/memo.html
このウェブサイトですが, 情報更新が滞っているようで,
情報がどれほど確かなのかが怪しいです。
(*5) http://www.tsuru-maru.jp/menu/
(*6) http://www.tsuru-maru.jp/news/2012/02/31.html
(*7) http://www.tsuru-maru.jp/qa/

[富山] 富山のお隣の「県都」で, 「ぽい捨て等防止条例」の一部が施行されたとのことです。2012年04月02日 21:09

 富山県の隣の石川県の「県都」(*1)で, 昨日('12/04/01)から,
ぽい捨て等防止条例の一部が施行されたとのことです。(*2)
ごみを路上へ捨てるのは,
人としてやってはいけないことと思う私からしたら,
法律でどうのこうのということではないのですが,
法律で罰則を設けないと,
ごみを路上へ捨てる人が少なくないと言うことなのでしょう。
煙草の場合, 吸い殻を路上へ捨ててしまう人が少なくないです。
私が学生だった20年以上前は,
南関東の鉄道駅の線路周辺は,
煙草の吸い殻が溢れていました。酷い光景でした。
プラットホームで煙草を吸って, 吸い終わったら,
線路へ捨てていたのです。
今は, 鉄道駅構内や列車内での喫煙は駄目になっているので,
そのような光景は見られなくなりました。
とても良いことですが, 煙草を吸う人からしたら,
このような状況は, 好ましくないようです。
> 金沢観光に来た某さん(*3)もその一人。
> 列車内でたばこを我慢して「到着したらほっと一服」と
> 思ったところで条例施行を知らされたという。
> 「知らない人のために,
> どこで吸えるか分かりやすくした方がよい」と少し不満そうだった。
ということで, どうやら移動に要する3時間位の間の禁煙も,
厳しかったようです。それは多分, 喫煙中毒ではないでしょうか。
禁煙外来へ行かれることを勧めたいですが,
それはともかく, 煙草が合法的に売られている以上は,
喫煙可能空間を案内する方が良いでしょう。
喫煙されると, 煙と高温の灰, そして臭い
(更に言えば, 発癌物質を始めとする有害物質)が
撒き散らされるので,
非喫煙者からしたら,
喫煙者はどこか遠くへ行って欲しい, と思うのです。
喫煙者の中には, そのような事に気付きにくい人が
少なくないのでしょう。だから.
> くわえたばこの若者を何人か見掛けた。
> 一人に声を掛けると「迷惑は掛けてない」と,
> 不機嫌そうに携帯灰皿を取り出した。
というように,
路上での喫煙行為に対する認識が不足した例が見られるのでしょう

 喫煙できる空間に,
その空間から出る喫煙者の, 喫煙後の呼吸器を綺麗にし,
衣服や体に着いた灰や臭い物質を除去する装置を設ければ,
多分喫煙者と非喫煙者は仲良くできます。
同時に, 吸い殻や灰が路上に捨てられることは無くなるでしょう。
そのような装置を, 地方公共団体が作るのは大変ですが,
それは, 煙草を作り, 売っている会社である,
日本たばこ産業(*4)が作って,
公衆電話のように設置すれば良いでしょう。

 金沢で, 喫煙者と非喫煙者が仲良く観光・共存できることを
お祈り申し上げます。富山県の「県都」である富山市にも,
同様な「富山市まちの環境美化条例」(*5)という条例があります。
金沢市と違うのは, 罰則がないことです。
罰則の有無によって, どう違ってくるか, 見守っていきましょう。

(*1) 県都とは, 県庁所在地の都市の意味のようです。
富山県で目にする広報や報道の類で, この語を見ます。
私が過去住んでいた富山県以外の県である神奈川県では,
「県都」なる表現を見たことが無かったので,
この「県都」は, 富山の方言なのかなと思っていたのですが,
隣の石川県でもこの語が使われているようです。
「県都」と, 鉤括弧(かぎかっこ)を付けて書いたのは,
私にはこの語がしっくりこないからであって,
それ以上の意味はありません。
(*2) http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20120402101.htm
(*3) (*2)の記事では, 上で「某さん」と下箇所に,
個人情報がしっかりと掲載されています。
いいのかな(^^;。
(*4) http://www.jti.co.jp/
(*5) http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/useful/reiki_int/reiki_honbun/ar18104161.html