[自然栽培] 蛙の合唱2012年05月01日 21:24

 昨日('12/04/30)は2つ目のアルバイトの準備で,
今日('12/05/01)はそのアルバイトで疲れて,
畑作業をお休みしました。畑を見にだけは行きました。
天気予報は今日迄晴だったはずなのですが,
ずっと曇っていました。気温が25℃近くと とても高かったからでしょう,
畑の土はかなり乾いたようでした。

 畑の隣には田圃があり, ここ数日で,
その殆どに水が張られました。
田圃に水が張られる前から, 畑には蛙が飛んでいたのですが,
水が張られてからは, 大合唱も始まりました。
あの蛙の大合唱は, 植物にどういう影響があるのでしょうかね(^^;。
蛙は夜通しで鳴いていますから,
植物が寝たくても寝られないかもしれませんね。

 数日前に埋めた馬鈴薯の種芋については,
埋める前に伸びてしまっていたひょろ長い「芽」は,
枯れつつあるようです。昨年通った農家の方から,
埋める前に伸びてしまった芽は駄目になる,
という話を伺っていましたが,
今のところその通りになっているようです。
駄目だったかな(^^;。

 セルトレイに蒔いた野菜とメロンの種の方は,
今のところ芽が出ていないようです。
こちらも, 気長に待ちましょうかね。

[富山] 富山市と富山県警察が, 危険な通学路を放置している, と考えます。2012年05月01日 21:46

 小学校児童, 中学校生徒の通学路の安全性確保について,
富山市が小中学校に対してファクシミリで要請したことを,
先日のブログ[1]で書きました。
通学路の安全確保に,
小・中学校が主体的となることを否定しませんが,
学校が道路の安全性迄考えなければならないのは,
酷なことだと思います。これは, 富山市や,
運転免許証を交付している警察(公安委員会)も同水準で
主体的に行動をとるべきと私は考えています。
そのあたりについて調べていたら,
富山市も警察も, 基本的には主体的に問題を探し,
解決するつもりがないことを示すウェブサイトにたどり着きました。[2]
引用しましょう。
次の, 住民から富山市への意見・要望がありました。
> 2011年8月受付
> 蜷川(にながわ)小学校校下[3]の朝菜町から
> 小杉に抜ける南北の道路ですが,
> 細い道にかかわらず通行量が大変増えてきています。
> 交通事故も多発しています。
> 子供の通学路でもあります。
> 住民よりも通り抜けの自動車が多いので,
> 進入禁止や速度制限などの何らかの制限をお願いいたします。
もっともなお願いではないでしょうか。
それに対する富山市の回答は次の通りでした。
> 日ごろから交通安全につきまして,
> ご理解とご協力を頂きありがとうございます。
> さて, ご意見をいただきました
> 進入禁止や速度制限等に関しましては,
> 富山県公安委員会が所管しており,
> 窓口となる富山中央警察署へ趣旨をお伝えしました。
この件は富山市は扱わないけれど,
担当機関へ要望を転送した, ということです。
ちなみにこの朝菜町から小杉へと至る道は,
私が知っている限りでは, 一部が富山県道で,
おそらく県道以外は, 市道と思われます。
新しい住宅が増えているところなので,
交通量が増えているというのは, 事実と思われます。
市の道だとしたら, 市が危険な道を放置するのはおかしいはずですが,
市には, そのような考えが全く無いようです。
市民からの要望を無視するわけにはいかないので,
転送した, ということなのでしょう。
そこで終わっていたら, それはそれで興味深いのですが,
続きがありました。警察から, 転送内容に対する回答があったようです。
> 富山中央警察署では
> 「理由などを盛り込んだ要望書として提出されれば,
> 交通量や道路環境などを調査検討のうえ,
> 必要性に応じて,
> 富山県公安委員会に上申してまいりたい」とのことでした。
市民が, 危ないので何とかして欲しい,
と行っている段階で, それは「要望」なのですが,
警察は, 「要望書」を出せ, と言い,
「要望書」が提出されてから,
必要性を判断するようです。
そして, 必要と判断されてから, やっと公安委員会へ
「上申」されるのだそうです。
市民が必要と訴えていることに, 速やかに対応しないですね。
警察はやっぱり仕事をしないです。
そして, この「要望書」については, 次の事も書かれていました。
> 要望される場合の一般的手順につきましては,
> 「(1)近隣住民の総意として意見集約
> (2)自治振興会長名などによる住民総意の要望書として,
> 管轄する警察署へ提出
> (3)警察署から意見を添えて公安委員会へ上申
> (4)公安委員会での決定」となりますので申し添えます。
私のように, 10年同じところに住んでいても,
自治振興会なる組織と接点がない(会費は払わされていますが)と,
要望書を提出する資格すらないようです。
まあ, 仮に要望書を提出できたとしても,
交通問題の大元凶であることを
全く自覚していない公安委員会ですから,
公安委員会が, 市民の要望に応えるとはとても思えません。

 ということで, 富山市内にある危険な通学路は,
富山市と富山県警察公安委員会が公認している,
だから, その解消はあり得ない,
というのが私の結論です。
このような結論となり, とても悲しいです。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/04/27/6427177
[2] http://www.city.toyama.toyama.jp/goikenngoyoubou/seikatsuanzen/kotsuanzen/FAQ8838.html
[3] 「校下」という語は, 「学区」に相当する,
富山で使われている語です。

'12/05/02 追
次のURIの記事によれば,

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20120502205.htm

> 県警交通企画課によると,
> 見つかった危険箇所などで行うソフト面の対策として,
> 地域の交通安全協会やPTAと協力して
> 巡回の回数を増やしたり,
> 登下校時の交通取り締まりを強化する。
> カーブミラーの設置などハード面の整備は,
> 優先度を考慮した上で,
> 来年度予算での計上も含めて対応する。
なぜ警察は巡回に人を回さないのでしょうか?
また, 「ハード面」の整備は,
富山市街では, 意味がないです。
未だにそのことを富山県警察は認識していないようです。
真剣に仕事をして下さい >> 富山県警察

[自然栽培] 甘藍(キャベツ)が発芽し始めました(^^)/2012年05月02日 22:43

 今日は, 午後から小雨が降った富山市街でした。
朝に, 種を埋めたセルトレイへ水をやりました。
見ると, ズッキーニと甘藍(キャベツ)から,
芽らしき物が見えていました。
ズッキーニは, 芽ではなく根の様だったので,
土から出してみました。その通りだったので,
根を下にして, 種を埋め直しました。
セルトレイの大きさが, ズッキーニには小さすぎているのかもしれません。
甘藍(キャベツ)は, いわゆる芽の形をしていました。
キャベツの種はとても小さいからでしょうが,
芽もとても小さかったです。これがあんな大きな甘藍になるとは,
と, 毎度の事ながら植物の成長に驚いております。
 午後に雨が降ってきたので,
セルトレイを雨が降らないところへ移しました。
すると, 朝には1つだった芽が, 5つ以上になっていました。
かわいいですね(^^)/。
しばらくしたら, ポリポットへ移すことになるでしょう。
他の種もそろそろ発芽でしょうか。
成長を見守るうれしさを感じました。

[自然栽培] ズッキーニの発芽2012年05月03日 21:13

 今日は終日雨の予報だったので, 外に出していたセルトレイを,
水をやった後, 雨がかからないところへ移動しました。
水をやっている時にセルトレイを見たら,
昨日朝に発芽が見られた甘藍(キャベツ)は,
更にいくつかの芽が出ていました。
とってもちっちゃい双葉です。種が小さかったからそうなるとは言え,
実物を見るととてもかわいらしいです。
これが葉を巻いて, あの甘藍(キャベツ)になるのかあと思ってしまいます。
そして, ズッキーニについてもいくつかで芽が出ていました。
ありがたいことです。ズッキーニは甘藍と違って,
種が大きく, セルトレイだと芽が大きすぎて,
良くないような気がしております。
双葉が出きった段階でポリポットへ移そうかなと思っております。
それにしても, 発芽を見るのは嬉しいですね。
次は何が発芽するかな?

[自然栽培] セルトレイを捲って(めくって)みたら...2012年05月04日 20:15

 4月27日に, セルトレイにいくつかの種を埋めた[1]のですが,
そのうちのいくつかについては, 芽が出始めました
(出芽と言います。以降, 出芽と書きます。)。
最初が甘藍(キャベツ)で, 5月2日でした。[2]
次がズッキーニで, 5月3日でした。[3]
今日(5/4)も, 朝にセルトレイに水をやりに行きました。
ないかなあ, と, セルトレイをきょろきょろ。
発芽した甘藍とズッキーニの数が増えていましたが,
他は芽はなさそう...。
ふと, セルトレイを捲ろう(めくろう)と思いました。
根が出ていたら, 出芽していなくても,
発芽はしていることになるからです。
見ると, キャベツ, ズッキーニは,
既にセルトレイの穴から根が出ていました。
これはまずいかな?
ポリポットへ移植することを考えました。
そして, これら以外に, メロンからも根が出ていることが分かりました。
そこで, 改めてメロンの芽を探したら, ..., ありました!!
メロンの芽が出始めたようです。
栽培する植物に, その実がなることに対して優先順位をつけるのは,
良くないことのようにも思いますが,
私が自然栽培をしたいと思わせたきっかけが,
メロンの栽培だったので,
これはとてもうれしいです。
この段階で, メロンを食べている自分を想像していました(^^;。
発芽したからと言って, 順調に成長するわけではないですが,
見守っていくつもりです。

 ということで, アルバイト終了後に,
ポリポットを買ってきました。
しかし, 買ったは良いのですが,
ポリポットをどこに置こうか, 次の問題にぶつかりました。
今セルトレイをおいている場所では,
ポリポットがあふれてしまうので,
別の場所を考える必要があります。
場所がないので, 取り敢えず,
畑にポリポットを置く予定です。

 畑の草をホーで刈る作業をやっていると辛いですが,
発芽から成長を見るのは, とても楽しいですね。
わくわくしております。
メロン, メロン♪

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/04/27/6427017
[2] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/05/02/6432660
[3] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/05/03/6433650

[自然栽培] [富山] 朝はとても涼しかったですが, 日中はとても暑かった日でした。今日は何が発芽したでしょうか。2012年05月05日 20:33

 今日の天気予報は晴れ。しかし, 5時頃の空は曇っていました。
それだけではなく, とても涼しかったです。
種が寒さで駄目になる?
昨年(2011年)に, 富山市某所にある畑では,
4月に霜が降りて, 苗(特に茄子)が数多く枯れました。
5月に入っても, 油断はできないかも。
そんな思いで, セルトレイを見に行きました。
昨日見たメロンの芽は, 少し大きくなっていました。
と書いても, まだ双葉がくっついて,
これから上を向こうという段階ですが(^^;。
キャベツは, 蒔いた種の半分以上が発芽しました。
ズッキーニは1/3位だったでしょうか。
種が元々大きいからでしょう,
ズッキーニの双葉はとても大きく,
セルトレイから出てくる双葉は, 不釣り合いに思えました。
ということで, 朝の水やりの時には, 昨日と同じ種類の芽だけでした。
日中暑かったので,
セルトレイの土が乾いているかもしれなかったのと,
夕方頃から風が強く吹き始めていたので,
セルトレイに水をやって, 風雨が当たらないところへ移動しようと,
再びセルトレイを見に来ました。
すると, とっても小さかったですが,
ミニトマトから, 白い物が出ていました。
Uの字を上下逆にした形。積集合の「∩」の記号の形です。
その一方が種, もう一方が双葉で,
どちらも未だ土の中, という状況でした。
種を蒔いてから1週間なので,
遅いのかもしれません。
しかも, 20蒔いた内の僅か1つだけですので。
それでも, 発芽したのには違いないので, 良しとしましょう。

 これで, 1つも発芽していないのは,
ミニでないトマト, 胡瓜, 茄子になりました。
毎日変化があって, とても楽しいですね。

42年振りに, 日本の全ての商用原子力発電所が止まった状態になるようです。2012年05月05日 21:31

 今日('12/05/05)の夜に, 日本にある原子力発電所の全てが,
運転をやめた状態になります。[1]
42年ぶりの事なのだそうです。
ということは, 相棒のとりほや私が生まれた時には,
商用原子力発電所は無かったと言うことになります。
商用で無いものは, 1963年に東海村にできたと言うことです。[2]
原子爆弾を落とされて, それと同じ核反応を使った発電所を,
日本中に作った[2]に出ている人達や,
今でも動かそうとしている人達が,
何を考えて生きているのか, さっぱり分からないのですが
放射能をまき散らして, 世の中の物を被爆させることに,
全くためらいがない人達であることには違いないです。
放射線が生命体に及ぼす影響については,
私には分からないことだらけなのですが,
私の魂は, こんな物は人間が扱える物ではないと訴えています。
全然科学的な考えではないですが(^^;。
そのあたりを, 文献を読もうとは思っています。
放射線ホルミシスの辺りだと思っております。

 ともあれ, 今後も原子力発電所が止まった状態が続くことを
願ってやみません。
原子力発電所がなければ生きていけないという方々には,
それが, 税金をおかしな形で配分されて出てきたお金で動く物であり,
おかしな税金配分を継続させている事の意味を
考えて下されればと願います。

[1] http://www.toyama.hokkoku.co.jp/newspack/09shuyo2012050501001478.html
[2] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

[自然栽培] 馬鈴薯の側にヘアリーベッチの種を埋め始めました。2012年05月06日 18:41

 お借りしている畑に, 昨年秋に収穫した馬鈴薯で,
食べずに台所で放置していたら芽が出てしまった農林1号のいくつか,
今年春に買った馬鈴薯であるキタアカリと十勝こがねを埋めています
(実は未だ十勝こがねの種芋を埋め切れていないのですが(^^;)。
埋めた農林1号と十勝こがねからは, 未だ地上に芽が出ていません。
キタアカリについては, 長いもので10 cm近くまで,
白い芽みたいな物がいくつも出てきていた状態で
畑に埋めたのですが,
その白い芽は, 少しずつ色が黒っぽくなりました。
枯れちゃうのかなと思っていたのですが,
黒ではなくて, 緑-紫色になって, どうやら普通の芽になるようです。

 昨年は, キタアカリの周りに, ライ麦と燕麦を植えたのですが,
麦の丈が高く, 馬鈴薯にあたるべき光を遮ってしまったので,
今年は, 麦を植えるのは止めました。
ヘアリーベッチは今年も植えることにしました。

 この畑では, 昨年秋から冬にかけて,
農林1号を育てたのですが, そのときにヘアリーベッチも植えました。
その時のヘアリーベッチが, 今も生きていて,
元気に育っています。
木村秋則さんのお話では, ヘアリーベッチは半年くらいで枯れる,
ということだったので, そろそろ枯れるのかもしれませんが,
今見られる様子では, むしろこれから元気に育っていくような(^^;
(インターネットで検索したら, 5-6月に開花とのこと。
これから花が咲くようです(^^;。)。
ということで, 昨年農林1号を植えた畝には,
既にヘアリーベッチが青々としているのですが,
今年初めて馬鈴薯を育てるところには,
今日からヘアリーベッチの種を埋めることにしました。
ヘアリーベッチに付く根粒菌が,
馬鈴薯の成長に良い影響を及ぼすことを期待しています。

 ヘアリーベッチについては,
興味深い化学的挙動を示すようなので,
もう少し調べたら, このブログかウェブサイト,
あるいは本名のブログかサイトでまとめを公開する予定です。
って, 本名のブログがいつできるのかという問題がありますが(^^;。

[自然栽培] ミニではないトマトの発芽2012年05月07日 21:41

 種を埋めたのが4/27なので, もう10日も経っています。[1]
これまでメロン, ミニトマト, ズッキーニ, 甘藍(キャベツ)は
発芽したのですが, トマト, 胡瓜, 茄子は未だです。
今朝, トマトの種を埋めたセルトレイを見たところ,
とっても小さな双葉のような物が出ているのを見つけました。
とっても小さく, ミニトマトの芽の半分にも満たない大きさで,
雑草の芽かと思っていたのですが,
セルトレイを捲って(めくって)みたら,
根が出ていたので, どうやらこれがトマトの芽だと気づいた次第です。
日中は25 ℃を超えることもあるのですが,
夜や朝に冷えるからでしょうか,
日光が長い時間当たらないところにおいてある
(そのような場所がないから)ためでしょうか,
発芽に時間がかかっているような気がしています。
もう1週間すれば状況が更に変わるのかも知れませんが。

 ズッキーニの双葉の間から,
とても小さな本場が見え始めました。
そろそろポリポットへ移植, ということでしょう。
ズッキーニは大丈夫な気がしています。
それにしても, 胡瓜と茄子は大丈夫かなあ。
心配になってきました。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/04/27/6427017

[自然栽培] 本当のトマトの芽が出てきました(^^;2012年05月08日 22:56

 昨日のブログ[1]で, ミニトマトではない,
普通のトマトの芽が出てきたと書いたのですが,
今朝見直したら, 昨日の芽はどうも雑草の芽でした。
というのも, 今朝, ミニトマトで見られるのと同じくらいの大きさの芽が
出ていたからです。ううん, トマトの芽が分からなかったなんて(^^;。
ということで, トマトも発芽をし始めました。
このトマトも含め, 発芽数がとても少ない状況です。
5月に入ってから暖かい日が続いているのですが,
セルトレイに日光が当たる時間が短いからかなあと思っています。
終日日が当たる場所が身近にないのです。
いっそうのこと, 畑へ持って行こうかとも思っています。
畑へ持って行って問題になるのは水やりです。
畑の近くに農業用水は流れているのですが,
この用水は当然のことながら, 水田(の出口)とつながっているので,
農薬やら肥料やら除草剤が混じっているでしょうから,
塩素消毒後ではあるものの,
未だ水道水の方が良いかなあと思っています。
ということで, 水やりをするとしたら,
水道水を持って行くか, 水やりの時だけ畑から移動するかの
どちらかになるでしょう。
どっちも面倒くさくて, どちらもやっていないのですが(^^;。

 それにしても, 胡瓜と茄子が出芽しません。
駄目になってしまったのでしょうか?
明日, セルトレイの土をほじって, 根が出ているのかを見てみます。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/05/07/6439243