[自然栽培] 馬鈴薯の成長を見るために掘ってみました。2012年06月26日 23:09

 キタアカリの種芋を埋め始めたのが4月28日でした。
畑の土が乾くのを待っていたら,
4月は寒い日が続き, なかなか晴れの日もなかったため,
種芋を埋める日が無かった状況でした。[1]
富山市街では, 3月末から4月半ば頃に埋めるのが普通のようです。
なので, 私が種芋を埋めたのは, とても遅かったことになります。
その結果, 周辺の畑の馬鈴薯が開花することに,
まだ蕾もできていない状況でした。
苗の成長も遅く, 芋は育たないかもしれないなあと思っていました。
それでも, 少しずつ成長していきました。
また, 十勝こがねについては, 5月6日に埋めました。[2]
こちらは, ただでさえ発芽が遅い馬鈴薯だからでしょうか,
なかなか発芽せず, 十勝こがねはもう駄目かなあと思っていました。
それが, 発芽後の成長はキタアカリよりも速く,
気がついたらキタアカリの丈を抜いていました。
そして, キタアカリが大きくなる前に蕾をつけだしたので,
その全てを摘んだのですが, それが原因かどうかは分かりませんが,
キタアカリの成長は止まったかのように見えました。
それに対して, 十勝こがねは丈が更に伸びました。
なので, こちらについては, 蕾を摘まずにいました。
白いかわいらしい花も咲きました。

 そんな状況で, 富山地場もん屋では,
7-8個のキタアカリの小さな芋が
100円で売られているのを見ました。[3]
この値段で馬鈴薯を売ると言うことは,
馬鈴薯を売って生活しようとしたら,
どれだけの馬鈴薯を育てる必要があるのか,
どれだけの畑の広さが必要なのか,
と考え, 考えるのが嫌になり,
農業のみで生きていくことはほぼ不可能と判断するに至りました。
自分の身内で安全でおいしい物をいただければ,
それに, 育つ野菜が喜んでくれていたならば,
取り敢えずはそれで良いのでは,
と思うことにしたのでした。

 前置きが長いですが, 今日は, その馬鈴薯の試し堀をしてみました。
キタアカリと十勝こがねで, 1株ずつ萎れてしまったものがあったので,
それを抜いてみました。すると, どちらにも芋ができていました。
十勝こがねは, 種芋がとても大きく(長さ20 cm位),
対してできていた子芋は, 7-8 cm位と,
とてもかわいらしい物でした。
キタアカリは, 種芋はとても小さかったのですが,
子芋は十勝こがねと同様, 7-8 cm位になっていました。
どちらも虫に食べられた丸い跡があるものが1/4位でした。
試し堀の成果として, 収穫しました。

 アパートへ持っていったら, とりほがすぐに塩茹で開始(^^;。
ありがとうと言って, 食べてみました。
すると, これがとてもおいしかったです(^^)/。
昨年も馬鈴薯栽培をして, 枯らしてしまったのですが,
できていた芋は同じ位の大きさで, 味はおいしかったのですが,
それを思い出させます。
ゆでたてだからおいしかったのかなあと思ったのですが,
夕方に食べてもとてもおいしかったです。
いやあ, 馬鈴薯って, こんなにおいしかったっけ?
そう思わせる物でした。
育つのを手助けしたという思いがあるから,
そう思っているかもしれないだけなので,
お店で買った馬鈴薯と比べてみましょうかね?

 ともあれ, とてもおいしい馬鈴薯が育ちつつあることが分かりました。
このところナナホシテントウやナミテントウが見あたりません。
かといって, ニジュウヤホシテントウもいません。
葉を食べる虫はいないようですが,
実を食べるやつ(螻蛄(けら))はいるみたいです。
こればかりは, 天敵に頼るしかないでしょう。
Wikipediaを読んだら, 蛙が天敵だそうです。[4]
そぐ隣の田圃で育ったとても小さな雨蛙が畑にいるのですが,
食べてくれないですかねえ?
蛙でも, 地下にいる螻蛄は食べないですかな(^^;。

 育ったら, 中央通りで売ろうと思っております。
まだ1月位先でしょうけれど。
それまでにすくすくと育って欲しい物です。
おいしい馬鈴薯が多くの方々に届けられたらありがたいですね。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/04/28/6428126
[2] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/05/06/6436957
結局, いくつかの種芋は, 埋められずにそのままになりました(;_;)。
[3] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2012/06/16/6482551
[4] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A9