[The Law of Time] 今日は, 青い, 水晶からなる, 猿2014年09月06日 08:05

 猿。猿の顔を見ていると, おじいさんおばあさんのよう。子猿でもそう。
何か考えているようだけれど, 極めて自分勝手。
それが猿を見たときの印象でしょうか。
野生の猿は滅多に見ないので,
ごくたまに行ったことがあった動物園で見た猿に対する印象です。
人間に似ているから, 他の動物とは違う見方をしてしまうのかも知れません。

 昨日('14/09/05)は, アルバイトの都合で,
The Law of Time[1]の文字を眺めるだけでした。
今日はアルバイトがないので, また「おきゅうぼうや」流に訳してみます。

> I Dedicate in order to Play
> Universalising Illusion
> I seal the Process of Magic
> With the Crystal tone of Cooperation
> I am guided by the power of Abundance
> I am a Galactic Activation Portal

私は, 遊ぶために, ○○に捧げる。
幻を普遍化しながら,
私は魔法の過程を封印する。
協調の, 水晶からなる音と共に,
私は(よく知られている)裕福な力によって導かれる。
私は, 銀河(/星雲)の活性化の入り口である。

Universailing illusion, I seal the Process of Magic.
sealを「封印する」と訳すのですが,
少なくとも私には意味が分からないです。
で, 改めて辞書を見たのですが,
seal a deal/bargain/pact/.. with△△という用法だと,
「同意事項を, with△△で確実な物にする」のような,
となることが書かれていました。
あれれ, となると, 4行目のwithの行は,
5行目につながるのではなくて, 3行目の続きなのでしょうか??
だとしたら, 私はこれまで,
大間抜けな訳をずっとやってきたことになりますね(^^;。
4行目withの行が5行目ではなく, 3行目にかかるとしたなら,
次のようになります。

> Universalising Illusion
> I seal the Process of Magic
> With the Crystal tone of Cooperation
幻を普遍化しながら,
私は, 協調の, 水晶からなる音で,
魔法の過程を確実な物にする。

ううん, この方が訳せているような気がしますね。
「幻を普通のことにして, 魔法の過程を確実な物にする。」

 seal □□ with △△の用法をもっと勉強しますね。

 今日も, 事を難しく考えずに, 生きていきますね(^^)/

[1] http://www.lawoftime.org/thirteenmoon/13-moon-calendar.html

[富山街中] 中央通「さんぽ〜ろ」で, 大声で歌う迷惑な男(と思う)がいます(;_;)。税金泥棒のKOBANは当然放置。2014年09月06日 18:41

 今日('14/09/05)の中央通「さんぽ〜ろ」には,
日中, 「痛車」が駐車する催し物がありました。
正確には, 別行事[1]にやって来る人達の車を,
見せ物にしようという企画のようです。
いやあ, 「さんぽ〜ろ」東西にずらりと「痛車」が並んでいました。
すごいなあとおもいつつ, でも, 「さんぽ〜ろ」を歩く人の数は,
いつも通りのような気がしました。
まあ, これをわざわざ見に来る人というのは,
「痛い」ことを共有できる人達でしょうから,
遠くから「痛車」を見ていたのかも知れません(^^;。

 その「さんぽ〜ろ」ですが, 18:45現在,
勝手に歌っている迷惑な存在がおります。
それ程下手ではないのですが,
夕方に外に聞こえる声で歌うのは犯罪ではないでしょうか。
相変わらずKOBANは仕事をしません。

 旧国鉄富山駅前で歌う迷惑な人と同一なのか,
別人だけど仲間なのかはわかりませんが,
アーケード内で歌ったら音が響き,
音楽を聴きたくない人には大迷惑だと言うこと位は,
理解して, 配慮して欲しいと願うのでした。

 そして, 税金泥棒のKOBANは, 本当に税金泥棒ですね。
ここに勤めている人達が拳銃を所持していることに, 恐怖と怒りを覚えます。

[1] http://www.toyamacosfes.com/


 10分しないうちに, 歌う人は消えたようです。
なんだったんでしょうね。
もしかして,
|| KOBANが本当の仕事をしたのでしょうか。
|| もしそうだったら, ありがとうございます。
|| 今後も, 本来の仕事を速やかに遂行されることを,
|| 納税者の立場からお願いします。
だったら良いのですが...。

[富山街中] 中央通「さんぽ〜ろ」で, また酔っぱらいの大声。平和通りの不法駐車放置と合わせて, 税金泥棒中のKOBAN(;_;)。2014年09月06日 21:23

 現在('14/09/05 21:20), 富山市中央通「さんぽ〜ろ」で,
酔っぱらいと思われる男女の大声が響いています。
そのすぐ近くにはKOBAN「こばん」と書かれた,
富山県警察の交番があります。
富山県警察は仕事をしないことが全国的に知れ渡っていますが,
その期待通り, 酔っぱらいを放置,
更には中央通「さんぽ〜ろ」南にある平和通りの,
20:00迄のコインパーキングになる公道の不法駐車を放置中です。

 女性が歌っていますね(;_;)。
酔っぱらったから何をしても良い, ということはありません。
それは, 自宅か, 騒いでも良い場所でやって下さい。

 街中に引っ越して嫌なことは, この夜の大声通行者ですね。
KOBANが本当に, 本当に仕事をしないんですよね。
前々から申し上げておりますが,
富山県警察の速やかなる解体を願っています。
それを公約にして, 富山県知事選挙に立候補しますかね(;_;)。

[富山] 高岡市内の, 北陸新幹線応援歌作曲依頼した某団体が, その曲をそのまま速達「かがやき」の新高岡停車応援歌にするのだそうです。そこまでしますか。怖いです。作曲された方はどのようにお考えなのでしょう?2014年09月06日 23:41

 未だ開業していない北陸新幹線の速達列車「かがやき」号が,
新高岡駅に停まらないことから,
高岡市長やら経済団体が,
「かがやき」号を新高岡駅に停まるようにするために,
それまで北陸新幹線開業応援歌として作曲された
(作曲依頼は, 高岡市内の経済団体で, 新高岡停車を訴えています)
「かがやき」の歌[1]を, そのまま新高岡停車応援歌として使う,
ということにしたのだそうです。[2]

 私はそもそも, 東日本大震災から復旧が進んでいないのに,
ましてや, 福島の原子力発電所の爆発後を放置している状況で,
北陸新幹線を開業させることには反対ですので,
「かがやき」号がどこへ停まろうとどうでも良い考えなのですが
(私は, 全「かがやき」号が富山に停まることを意外に思っていました。),
高岡の人にとっては, 「かがやき」号が停まらないことは,
相当な問題らしいです。

 私は富山市民であり, 全ての「かがやき」号が富山駅停まります。
なので, 新高岡駅に1つも停まらない事を憂う方々の心情を
全く理解でしません。
そうではありますが,

> 高岡市内の青年団体でつくる「高岡青年コミュニティ会議」は,
> 北陸新幹線の最速列車「かがやき」の新高岡駅通過を受け,
> 新幹線応援ソング「かがやき」を
> 「新高岡駅かがやき停車応援ソング」と位置付け,
> 県内外にPRする方針に転換した。

というのは, 「やり過ぎ」と通り過ぎて, 怖いです。怖すぎます。
そこまでして速達を停めたいですか。
同様に「かがやき」号を新高岡駅に停めるよう求めていた
富山県知事の会見[3]によれば,

> まずは駅を乗り降りする人を増やすことが重要として,
> 来年(2015年)1月ごろには,
> 新高岡駅と県西部各地や能登方面を結ぶバスの
> 運行実証実験が行われることを示したほか
> 小矢部市にできるアウトレットモールと新高岡駅を結ぶ
> シャトルバス運行の可能性も示し
> 「かがやき停車の環境づくりにむけ粘り強く努力を積み上げていくことが
> 大切」という見解を示しました。

とあります。未だ開業していない新高岡駅ではなく,
高岡駅発着の長距離バスを調べたのですが,
高岡と東京間, 高岡と岐阜(飛騨ではない)・名古屋間,
高岡と京都・大阪間, 高岡と仙台間,
そして, 高岡と氷見間に走ってることが分かりました。
能登や飛騨へのバスは走っていません。
走った実績もないのに, ここの市長は,

> 岐阜県飛騨地方や石川県能登地方の地域振興に
> 新高岡駅への「かがやき」停車は不可欠
と発言しています。

 元々, 震災瓦礫焼却や埋め立てを推進した,
理解力が足りない人なのは分かっていましたが,
高岡の問題を, 他の能登や飛騨の人まで巻き込むのは
いかがなものでしょうか。

 いずれにしましても, 私には, 今の高岡市長がいる限りは,
「かがやき」号は, 新高岡駅には停まらない方が良いと思います。
もっとまともな根拠が言える人が市長にならないか,
多くの観光客が新高岡に停まらないと不便であると実感できるまでは,
「かがやき」号は, 東京と長野, 富山, 金沢を速達する便で良いと思います。

[1] http://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20140512205.htm
[2] http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/T20140906202.htm
[3] http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=4707
[4] http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=4684