[The Law of Time] 電気の月2週目2日目は, 「赤い, 銀河の, 空中歩行者」の日です。2014年09月28日 08:35

 The Law of Time[1]によれば,
今日('14/09/28)は, 電気の月9日目, 2週目2日目で,
Red Galactic Skywalker Kin 73,
「赤い, 銀河の, 空中歩行者」の日, だそうです。
今日は, 13 Moon Calendar Tutorial[2]を見てみることにします。
13の月の暦は,
7日からなる1週間と, 28日からなる月からなります。
7 × 4 = 28なので,
毎月が同じ日数。28 × 13 = 364なので,
地球の公転周期365日とほぼ同じ。
毎月の日数が変わってしまう太陽暦と違って,
「西向く士」のような妙な事は起こらないわけです。
1日は, Day out of Time「時間を外した日」となるわけです。[3]
2014年は7月25日(金)でした。
今年の「時間を外した日」には,
普通にアルバイトをしておりました(^^;。

 私のこれ迄のThe Law of Timeに対する理解はここまで(^^;
今日は, 7日単位である, 1週間の, 色についてを, 理解することにします。
月火水木金土日に相当するのが,
Dali, Seli, Gamma, Kali, Alpha, Limi, Silio
という曜日名です。Daliから始まります。
そして, それぞれの曜日名に, 色が対応しています。
Dali: 黄, Seli: 赤, Gamma: 白, Kali: 淡青,
Alpha: 黄, Limi: 赤, Silio: 白
7日の真ん中のみ淡青色で, あとは, 黄→赤→白の順です。

 今日は, Red Galactic Skywalkerの日, とあるRedは,
今日が2週目の2日目, Seliだからで, Seliが赤のだから,
と思ったら, それは違う見たいです(^^;。
曜日の色と毎日の色は, また別の話のようで,
今日は別の規則で決まる赤の人,
Seliが赤ということが重なった, ということのようです(^^;。

 色や, 他の規則については, 後日読むことにします。

 地球が太陽の周りを回る運動は,
実は7 × 4を1月単位とすると, 13月ということで,
規則的な日数に分けられるということは,
少なくとも地球と太陽との関係は,
規則正しさの関係がある, ということなのでしょうね。
他の惑星だとどうなるんでしょうかね?

 The Book of Kinによれば, 次のように振る舞う日のようです。

> I Harmonise in order to Explore
> Modelling Wakefulness
> I seal the Output of Space
> With the Galactic tone of Integrity
> I am guided by the power of Navigation

私は, △△を探求(/調査)するために, ○○を調和(/一致)させる。
覚醒状態を形作りながら,
(皆が知っている)銀河の, 誠実(/無傷)の音で,
私は(皆が知っている)宇宙の産出(/出力)を確実にする。
私は(皆が知っている)航海の力によって, 導かれる。

 いつも単語の適当な訳が分からなくて悩むのですが,
outputの意味って, 何でしょうかね?
Wikitionaryでは,経済の言葉と計算機の言葉として解説されていますが,
どちらも違うと思います。
このような単語を, 英語で考える人達は,
どのような意味で捉えているのでしょうかね?

 ということで, The Book of Kinを読んで,
何かを感じたいのに, どうしてもそちらに気がいってしまいます(;_;)。

 ちなみに, 今日書いていることは,
日本語のウェブサイトがあって, 解説されています。[4]
不思議なことに, トップページから日本語サイトへの案内(リンク)が,
見あたりません。どういう事なのでしょうかね?
読んでみると, 日本語がおかしいようなので,
計算機プログラムで翻訳しているだけなのかも知れません。
例: 1月にある4つの週の説明の文
> 4つの週はそれぞれ特別な力をもっています。
> 第1週:(赤) 知識が見ることを開始する
> 第2週:(白) 謙虚さが瞑想を洗練する
> 第週:(青) 忍耐が行為を変容する
> 第週:(黄) 力が果報を熟成する
3と4が欠落しているのは良いとして,
「知識が見えることを開始する」という文の意味が分かりません。
「謙虚さが瞑想を洗練する」も分かりません。
「忍耐が行為を変容する」は何となく分かります。
「力が果報を熟成する」も分かりません。
という具合です。あまり役に立たない日本語サイトなのかもしれません(;_;)。

 ともあれ, 今日も難しく考えずに, 生きていきますね(^^)/

[1] http://www.lawoftime.org/thirteenmoon/13-moon-calendar.html
[2] http://www.lawoftime.org/thirteenmoon/tutorial.html
[3] http://www.lawoftime.org/thirteenmoon/doot.html
[4] http://www.lawoftime.org/jp/thirteenmoon.html

[富山] 校正しないと, こうなっちゃうのでしょうね。'14/09/28のチューリップテレビ配信ウェブ記事の誤変換2014年09月28日 14:13

 長野と岐阜の県境に位置する御嶽山(おんたけさん)が,
昨日('14/09/27)噴火したとのことです。
この山の名前は, 「みたけさん」とも読めますし,
東京都には, 実際にそう読む御嶽山があります。
小学生の頃に行ったのだったかな?
ともかく, 地名の読み方は難しいので,
振り仮名が必要な時が少なくありません。
私が今住んでいる富山も, 20年位前(1995年頃),
宅配便を東京から富山へ送ろうとしたら,
便利屋(コンビニエンス店)の担当者が,
「とみやま」県, とはっきり言っていました(^^;。
当時は, 便利屋店員が中国人留学生ということはなかったとような。

 で, 富山のチューリップテレビが,
この噴火の情報をウェブ配信してくれている[1]のですが,

>  長野県と岐阜県の境にある御嶽山
> (おんた28日朝ん)の噴火で,
> 長野県は安否不明者45人,
> 重軽傷者は37人と発表しました。

とありました。
きっと, この記事を書いた人の日本語変換ソフトがお間抜けで,
「けさ」を「今朝」 → 今日の本当の日付('14/09/28)と
やってしまったのでしょうね。

 いやあ, 私は「けさ」と入力して本当の日付が出るようにはしていませんが,
日本語変換ソフトによっては, それが優先されて候補になるのでしょう。
確認を徹底して下さいね, チューリップテレビ様。


[1] http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20140928120132

[富山街中] 通行禁止時間の中央通「さんぽ〜ろ」に, 通行許可を持つ老人が, 威圧的に車を通せと言っていました。こんな老人がいるから中央通は廃れるのでしょうね。2014年09月28日 20:15

 今日も私はアルバイトがなかったので,
相棒が関わっている, 中道通「さんぽ〜ろ」の某行事を見に行きました。
午後からの行事だったので, 中央通「さんぽ〜ろ」は,
車両通行禁止でした。その路上で催し物があったのです。
と, そこへ車がそろそろと入ってきました。
あああ, 理解が足りない人がやって来たなあと, 様子を見ていたら,
「通行許可がある。何故わしの車をと通させないようにしているんだ。」
と, お怒りの様子。これを言ったのが若者だったら,
私はそいつを降ろして, 物の言い方がなっていない, と怒っていたでしょうが,
この老人は, もっと怒らせたら, 脳梗塞か何かで死にそうな気がしました。
行事と関係ない私が「どうぞお通り下さい」と言っても,
怒っている様子。そして, 道を曲がったのですが,
その道へ行くには, わざわざ通行禁止の「さんぽ〜ろ」を通る必要はありません。
あの老人は, わざと催し物をやっているところを通るようにして,
怒った自分を多くの人に見せたかったのか, と思いました。
現場にいた時は, たまたまカメラを持っていたので,
撮影して, 通行許可の取り消しを, 通行許可を発行する人か組織に
訴えようとも思ったのですが,
「この人は別の世界の人だ」と思うようにしたのと,
相棒や相棒の関係者に迷惑がかかりそうだったので,
写真撮影や, その老人に厳重注意をするような行動は
とりませんでした(^^;。

 いろいろな立場の人があるかと思うのですが,
通行禁止の道を, 仮に通行許可を持っていても,
「どうしてわしを通させないようにしているのだ」という態度をとっている段階で,
人間として終わっていると思います。
何のための人生だったのか。
助手席に女性が乗っていたのですが,
何者だったのでしょうか?
奥さん?, 娘さん? 母親ではなかったと思います。
あんな人の運転では, この老人より先に脳梗塞になりそうで,
哀れに思いました。

 それにしても, あの老人には, 「さんぽ〜ろ」の通行を
許可してはいけない人だと思います。
それよりも, 運転免許を持ってはいけない人だと思います。
そもそも, 人間として間違っているのですから。
あの人の運転で事故に巻き込まれても,
正常な判断能力がないので無罪, となる可能性が高いです。
ということで, 「さんぽ〜ろ」の通行許可を発行されている方は,
あの老人の許可は剥奪されることを願います。
恐らく, 「さんぽ〜ろ」の通行許可を持つ人は
限られているでしょうから, 関係者には,
このブログの「あの老人」で, 誰のことかは分かるでしょうから。

 あるいは, 多くの人達が仲良く生きるためには,
私が「さんぽ〜ろ」を歩かない方が,
簡単で, 良いのかも知れませんね(;_;)。

心の問題: 自分の思いが世の中に反映されているということは, 先程書いた「さんぽ〜ろ」老人の存在を, 私が認めているから??2014年09月28日 21:46

 自分の思っていることが世の中に反映されているという考えに従うと,
私がこのブログでぶつぶつ書いている世界は,
私がそのような世の中を思っているから, ということになってしまいます。
先程のブログで書いた, 「さんぽ〜ろ」通行許可を持った老人についても,
私がこの老人の存在を認めているから,
ということになってしまいます。
私は, こんな老人が存在する世の中は嫌なのですが,
存在している以上, 私が意識できていない自分の意識の中で,
この老人が存在していることを認めている, ということです。
あの老人のとても嫌な顔は, 見たくもありません。
あんな老人と遭遇したくありません。
どうやったらあの老人が,
そうではない老人になるのかなあとは思うのですが,
それは, その老人の自由意志を侵害してしまうことです。
自由意志を侵害する気は全くないのですが,
私が「あのような老人は, 性格が悪すぎて,
人間として既に終わっている」と考えるのは,
その人の自由意志を阻害している, そう言うことになってしまうのでしょうか?

 こちらが意図しなくても, そのような人に会ってしまう以上,
私の思いの中に, そのような人がいることを意味しているのでしょうから,
ということは, 自分を消すしか, そのような人が存在しない世界は,
生まれない, そう言うことなのでしょうか。
あれれ, それでは, 自殺しか正解はないことになります(;_;)。

 あの老人だけではないのです。
街中で喫煙する人, スケートボードをする人, 迷惑駐輪をする人。
そのような人を見てしまうと言うことは,
私がそのような人の存在を認めているから, ということになります。
嫌です, そんな世の中は。
でも, 私がそのような人達の行動を否定するのは,
その人達の自由意志を阻害しているのです。
そのような人達を見て我慢するのが,
正しい生き方なのでしょうか?
私は違うと思います。
何らかのやり方があるのだと思うのですが,
見つかりません。
ここで「実は私はうまいやり方を知っている。」と,
自分に言い聞かせるのが良いのでしょうが,
それって, 嘘吐きですよね?
自分に嘘をつきたくないのですが(;_;)。

 自分は○○できない, と思いこんではいけないという考えを,
これまで何度か採り入れてきました。
でも, いつまで経っても, ○○できないままでいます。
私の望みが高過ぎるのでしょうか?
せめて, 自分に嘘はつかずにいきたいのですが,
それすら神は, 認めてはくれないのでしょうか。
きっと, 私の今の意識が,
魂からしたら,
極めて程度の浅い段階での思考だから,
無意味, 辞めろ, ということなのでしょう。

 煙草を吸って路上を歩く人を見た時に,
スケートボードに乗っている人を見た時に,
迷惑駐輪する現場を見た時,
仕事をしないKOBANの人を見た時に,
これらの人達に, 何らかの言葉ないし「物理的」に
行動しようとする私を停めるには,
どうすれば良いのでしょうかね?
「この人達は別の世界の人だから, 関わらないようにしよう」
という態度は, 本当に良い方法なのでしょうか。

 こんな事で迷う人はいないのでしょうね。
それにしても, 「あの老人の運転」という事実は,
私に多大な影響を及ぼしてくれました。
ここまで私にブログを書かせてしまうのですから(;_;)。

 今の瞬間から,
みんなが楽しく影響し合えている世界に生きている,
そう思うことにします。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2014/09/28/7445287