[富山街中] 富山大和で見た, エレベーターに, 買い物カートごと強引に入ってくるおばさん(;_;)2015年02月05日 22:47

 今月('15/2月)はアルバイトが激減で,
今日は仕事がありませんでした(;_;)。
来年度のアルバイトの準備をすべく, 富山大和の紀伊國屋へ行きました。
何冊か本を買って(収入がない月の本購入は痛いです(;_;)),
最上階から1階へおりようと, エレベーターに乗りました。
平日の日中なので, ご年配か, 小さな子供連れの主婦の方が多い店内。
夜中に踊っているような若者はいないので,
油断していました。
ある階で, 赤ちゃんをだっこした若いお母さんが乗ったのですが,
次に停まったら, そのお母さんが降りようとしていたら,
扉が開いたと同時に, 買い物カートごと強引に入ってきて,
見たところ70歳くらいの老女が入ってきました(;_;)。
当然お詫びもせず, 一言も言わず, 自分の場所を確保してそのまま。
若いお母さんはそーっと降りていきました。
こんな人が客としてやって来る百貨店が, 富山大和なんです(;_;)。
嫌な物を見てしまいました。

 富山大和周辺には,
多数の迷惑駐輪自転車(時折オートバイも)があります。
富山の中心街にやって来る人の少なくない割合が,
そのような人達なんです
でも, お世話になっているので,
住まわせてもらっていることには感謝しております。
そして, できれば住んでいる街が,
上に書いたような老女や迷惑駐輪する人達がいない街になって欲しいと
願う次第です。

コメント

_ 渡辺 隆 ― 2015年02月10日 05:52

ラジオ深夜便で「富山まちなかカート」の話題を聞き、富山市は高齢者に対してすばらしい取り組みをしていると感心しました。まちなかカートを調べたついでにあなたの?と思うタイトルを開いて、富山市とはいやな町とがっかりしました。

_ おきゅうぼうや ― 2015年02月10日 21:28

 渡辺 隆 様, 初めまして。
コメントをありがとうございます。
「富山まちなかカート」(*)は,
富山大和(金沢に本社がある百貨店)が
接している総曲輪通り(日中は歩行者専用道)で,
見たことがあります。
使っている人は見たことがありませんが...。

 富山市は, 高齢者が街中へやってこれるよう
(街中の賑わいを取り戻すため),
様々な工夫をしており, 富山まちなかカートは,
富山大学が協力して, 開発された物のようです。

> 高齢者に対して素晴らしい取り組みをしている

というのは, いくらか良い評価をしても良いかと思います。
しかし, 富山は,
路面電車沿い以外は自動車中心社会なので,
街中へ移動することすらできない高齢者が多いのです。
JR線や, 富山地方鉄道の鉄道線, 路線バスは,
本数が少なく, そして料金が高いです。
この問題の解決があることを想定しての,
富山大学の試みなのだと思います。
ということは, この問題が解決しないと,
あまり意味がないことをやっているということになります。

 富山市は, 路面電車沿線以外は,
移動には主に自家用車を使います。
それが解決しない限りは,
折角「富山まちなかカート」を開発されても,
普及しません。しかし, その根本的な問題に対して,
現富山市長は何もしていない状況です。
街中に環状線を設けたのは事実ですが,
この線は,
元々路面電車がなかった地域に新線を造ったのではなく,
既存の路面電車軌道の街中部分に,
いくらか軌道を足して環状線にしただけの物なので,
元々路面電車が使える人が,
より富山市の中心街に行きやすくなったかもしれない,
という程度の物である, というのが私の認識です。

 閑話休題。富山大和で見かけた,
買い物カートごとエレベーターにつっこんでくる
高齢者は多くはありませんが,
エレベーターを出る人を待たずに入ってくる高齢者は,
結構見ます。また, 私が観察している限りは,
富山大和周辺で迷惑駐輪する人の多くは, 高齢者です。
このブログで, そのような高齢者の存在を嘆いていますが,
そのような残念な高齢者の割合が,
富山市で特に高いのかどうか迄は,
私には分かりません。
高齢者は,
そうであってほしくないという思いが強い私なので,
私の目には,
そのような高齢者が多いと感じている可能性はあります。

 コメントをありがとうございました。
よろしかったら, またお越し下さい。
 
(*) http://hokoken.org/?tid=100023

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2015/02/05/7565536/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。