[The Law of Time] 4日周期(調和)2015年03月09日 08:38

 The Law of Time[1]を理解しようとして,
The Law of Timeのウェブを読み始めて半年位経ちましたが,
私の英語 → 日本語の変換能力や,
ある語と別の語との関連を見出す能力の問題ほか,
恐らく沢山私の中に問題があるのでしょう,
全く理解に近付いているようには思えておりません(;_;)。
13の月はともかく, 20の太陽の印章はなぜ20なのか?
この辺りで頭の中が停まったままです。
ですが, そのままでは先に進めないので,
先へ進んで, 後日復習することにします。

 今日('15/03/09)は, 時の周期[2]を読み始めます。

 時の周期The Cycles of Timeには,
4日周期, 5日周期, 7日周期, 13日周期, 20日周期,
28日周期, 52日周期, 65日周期, 260日周期,
365日周期(364日 + 時間を外した日である1日),
そして, 18980周期(52年)があるということです。
最後の52年というのが,
シリウスBがシリウスAの周りを回る周期(公転周期)なのだそうです。
シリウス(犬星, 青星, 天狼星)は,
日本だと冬に強く輝く星ですね。
シリウスAとシリウスBって何? と思ったのですが,
wikipediaを読むと, ここは「実視連星」(二重星)なのだそうです。
私の世代では, どうしても宇宙戦艦ヤマトのガミラスとイスカンダルを
思い出させる言葉です(^^;。
The Law of Timeでは, シリウスは重要な恒星という位置づけです。
精神世界系の本でも, シリウスは題材になっています。
冬にあれだけ光っていれば, 地球上の人も, 嫌でも気になる存在ですし,
wikipediaによれば,
古代エジプト人にとっては,
シリウスが, ナイル川氾濫時期を知らせる星だったのだそうです。
ということで, 一番長い52年の周期については,
シリウスとの関係が指摘されています。
52年生きられると, 一通りを経験できる, ということなのでしょう。
私はあと数年で52ですね...。
うわあ, 年をとりました(^^;。

 4日周期は, 調和の周期ということです。
4つの色(赤, 城, 青, 黄)単位で「時間の小組織」(cell)を形成し,
これが5つの「時間の小組織」と組み合わさって, 4 × 5 = 20の,
太陽の印章になる, ということです。
おおお, 20の意味がここで突然出てきました(^_^)/。
4つの色には, 次の意味があると言うことです。

赤: initiate 開始する
白: refine 改良する
青: transform 変換する
黄: ripen 実らせる

 これは, 13の月の導入で登場した,
4つの週の独特な力で, 既に登場していました。

Week 1: (Red) Knowledge Initiates View
Week 2: (White) Humility Refines Meditation
Week 3: (Blue) Patience Transforms Conduct
Week 4: (Yellow) Power Ripens Fruit

 ちなみに, 5つの「時間の小組織」にも名前があって,
1番目の「時間の小組織」: Input: 入力
2番目の「時間の小組織」: Store: 蓄え
3番目の「時間の小組織」: Process: 過程, 処置
4番目の「時間の小組織」: Output: 出力
5番目の「時間の小組織」: Matrix: 基盤(?)
ということだそうです。
ううん, 5つの名前の意味のうち, 最後のMatrixは,
意味がさっぱりわかりませんね(^^;

 今日はここまでにします。

[1] http://www.lawoftime.org/
[2] http://www.lawoftime.org/lawoftime/cycles.html

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2015/03/09/7586998/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。