[The Law of Time] 5日周期(色彩論)2015年03月20日 18:02

 時間があるようでなくて, The Law of Timeを読み進むのが,
遅くなっておりますが, 期限があるわけでもないので,
時間があるときに読み進めることにします。

 前回のこの範疇では, 4日周期(調和)を読みました。[1]
赤 → 白 → 青 → 黄で1周になる話でした。
今思うと, この周期は, 日本語の「起承転結」に近いようですね。
「起承転結」は, 論理的に文章を書くには不適当なのですが,
このThe Law of Timeで「起承転結」に近い規則が出てくるのは,
面白いですね。

 今回は 5日周期(色彩論)です。
色彩論chromaticsって何でしょうかね?
wikipedia[2]を見ていると,
あれれ, Johann Wolfgang von Goethe(ゲーテ)が出てきますね(^^;。
ゲーテは文学の人で知られていますが,
私が専門としている無機化学では,
この人の名が付いている鉱物があります。
針鉄鉱という日本名の鉱物の英語名がGoetheiteゲータイトです。[4]
恐らく湿気がある土の中には, 間違いなくある鉄化合物です。
それはともかく, というよりも,
今回の話には, Goetheは関係なさそうです(^^;。
ただ, Goetheが光についての研究もしていたのは知りませんでした。
勉強になります。
...Goetheの文学作品も知らないですね(^^;。

 4日周期で赤 → 白 → 青 → 黄と来るので,
5日目には, 赤が来ます。
次の5日周期では, 白 → 青 → 黄 → 赤 → 白と,
5日間周期では, 始まりと終わりが,
必ず同じ色になります。
4日周期を作ったら, 5日周期は, 当然と言えば当然です(^^;。
この5日周期が, 1年(52週)で73回ある, ということになります
(5 × 73 = 365)。
5日周期の始まりは, なぜか黄色になっています。
4日周期は赤で始まるのですが...

黄: 黄色い, 火の族 Yellow Fire clan
赤: 赤い, 血の族 Red Blood clan
白: 白い, 真相の族 White Truth clan,
青: 青い, 空の族 Blue Sky clan

 clanは, 共通な先祖子孫, 「族」とか「大家族」という意味です。
「族」と訳してみました。

 この5日間について, 1日目, 2日目, 3日目, 4日目, 5日目に
鍵となる言葉らしい言葉が, 何の説明もなく書かれています(;_;)。
この辺りのThe Law of Timeの記述は,
とても雑な印象を受けます。
未完成なのでしょうか?

1日目: 受け取る Receive
2日目: 伝える Transmit
3日目: 変換する Transduce
4日目: 受け取る Receive
5日目: 伝える Transmit

 んんん。[1]には, 言葉が並んでいるだけなので,
どう解釈すればよいのかさっぱり分かりません。
何を受け取るのでしょうか?
誰に伝えるのでしょうか?
何が変換するのでしょうか?
全てが謎です(;_;)。

 今日はここまでにします。

[1] http://www.lawoftime.org/lawoftime/cycles.html
[2] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%89%B2%E5%BD%A9%E8%AB%96
[3] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%86
[4] http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9D%E9%89%84%E9%89%B1

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2015/03/20/7594381/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。