[富山] 高岡市中心街で, 「オタヤこども食堂」が始まったとのことです。2016年02月14日 21:35

 富山県内に20年も住んできて,
2年以上前からは, 富山市中心部に移っております。
路面電車と高速バスの駅・停留所があるほか,
いくつかの店と,
雨・雪があっても濡れずに歩けるアーケードの便利さに感謝しています。
中心街に移ってからは,
車社会である富山にいながらにして,
実質車なしの生活を送っております。

 さて, そんな私ですが,
富山県西部(呉西「ごせい」とよばれることがあります)にある大きな町である,
高岡市の中心街はどこなのだろう?
という問題に答えられないでおります(^^;。
多分, アーケードがある, 御旅屋(おたや)通りなのだろう思います
(高岡のことを聞こうとしたら, 相棒(妻)はもう寝ていました(^^;)。
この御旅屋も, 富山市の中心街と思われる総曲輪(そうがわ)も,
多分, すぐには読めない地名・通り名ですよね(^^;。

 この御旅屋通りにある,
高岡市中心商店街活性化センター「わろんが」で,
昨日('16/02/13), 「オタヤこども食堂」が開かれた, ということです。[1]

> 家庭で一人で食事をとっていたり,
> 十分な食事がとれていなかったりする子どもを支援[1]

することを目的としていて,

> 食堂は地元の女性八人が月二回, 第二・四の土曜日に開く。[1]

ということなのだそうです。

 私どもには子供はおりませんが,
もしいたら, 子供を育てるために,
約6年前に某職場を辞めずにいて,
結果的に心身がぼろぼろになっていて,
私が死んでいて, このブログを書けない状況にあったかも知れません。
子供がある家庭については, なので, とても尊敬しております。
お子さんを育てられているだけで,
お父さん, お母さん, あるいはその相当の人に愛されているのが子供です。
自分で書いていて, 両親を尊敬しなければと思いました(^^;。
これから成長する子供が食事を摂れないのは,
一番の苦痛ではないでしょうか?
その苦痛を避けたいのに, 収入が足りなくてそうなってしまう親は,
大変辛いと想像します。

 この「オタヤこども食堂」について検索したら,
昨年(2015年)12月20日の記事を見つけました。[2]

> 厚生労働省の2012年の調査で「6人に1人が貧困状態」とされ,
> 社会的な関心が高まっている子どもの貧困問題。
> 全国各地のNPO法人やボランティアらが,
> 金銭的な理由に限らず, 親が忙しいなどの理由で
> 一人で食事する「孤食」や「個食」に陥っている子どもなどを集めて
> 食事を提供する「子ども食堂」をスタートさせている。

 あの, 日本人のための行動をとっていない政府の調査ではありますが,
6人に1人が貧困, ということです。
日本が先進国と思っている人達は, 事実が見えていないのでしょうね。
社会的関心が高まっている, という表現は,
見えにくい事実だった, ということを意味しているのでしょう。

> 高岡市で「オタヤこども食堂」を始めるのは○○さんら女性の有志で,
> これまでも市街地のにぎわいづくりのオープンカフェ運営などに
> 取り組んできた。
> (富山)県内は全国的に見ても
> 生活保護受給率が低い事で知られるが,
> メンバーは「支援が必要な人は見えにくいだけで確実に存在する」と
> 指摘する。

 生活保護は, 私も考えなかったわけではありません。
職業安定所の求人を見たら,
月給15-20万円位の仕事が中心です。
私がやりたかった農業に至っては, 13万円なんていう,
私には信じられない給料の職場になるようです。
申し訳ないですが, 住まいを借りる必要がある「旅の人」の私には,
そのような仕事では生活その物が不可能ですから。
私達にとってはありがたいことに,
アルバイトのみでありながら, 現在のところは,
平均したら, 月15万円は超える収入を得ております
(平均しないと, 15万円を切る月があるということです(;_;))。
やっと, 生活保護を受けることなく,
そろそろ今年は, ○○の滞納も全て払えるのでは,
という状況になっている状況です。
ということで, もし私達に子供がいたら,
このような運動は, 大変ありがたいものだったと思います。

 この運動がどのような経緯で始まったのかは分かりませんが,
なにはともあれ感謝です。
また, このブログでは, 現高岡市長に批判しかしておりませんが,
市の施設を無償で借りられたようです[3]ので,
その点については, この市長に感謝することにします。

 ところで, 北日本放送のウェブ配信記事[4]の題は,

> 生活苦の子どもに食事無料提供 食堂開店

となっています。これはどうなんでしょうかね?
そのような子供もいるでしょうが,
そんな書き方をして, そこで食事をしている子供を見て,
あの子はただで物を食べているぞ,
と, 理解力が現内閣総理大臣並みの子供に,
いじめられないかと心配になります。
その点, 北日本新聞の配信記事[5]は,
非会員でも読める見出しは,

> 「孤食」防いで健やかに 高岡の女性有志が「子ども食堂」

なので, 良いのではと思います。

 私はこのような食事の機会を提供下さった方々には頭が下がります。
同時に, そのような社会をつくる第一歩である,
自由民主党への投票や, 現政府がやっていることを容認することを,
多くの人がやめることを願います。

[1] 北陸中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160214/CK2016021402000029.html

[2] 毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20151220/ddl/k16/040/170000c

[3] 北陸中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20160120/CK2016012002000028.html

[4] 北日本放送
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=10280

[5] 北日本新聞
http://webun.jp/item/7251173

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2016/02/14/8018626/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。