[自然栽培2018][富山街中] 大根の間引き2018年11月01日 23:35

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 昨年(2017年)と同様, 今年(2018年)も大根を播種しています。
昨年よく育った宮重総太大根は,
播種が9月の終わりだったためでしょうか,
全然育っていません(;_;)。高さ5 cmにも満たない状況です。
ところが, それと同じ日に播種した,
新三浦大根という固定種は, 遅いながらも育っていて,
今朝は久しぶりに間引きをしました。
夜戻ってきたら, 間引きした大根(葉と根)が茹でられていました。
ということでいただきました。
朝積んだ時には結構大根特有の香があったのですが,
湯がいたからでしょう, 癖がない, ただの菜っ葉(^^;になっていました。
でも, 直径2 mm位の大根も入っていて,
間引き菜だということがわかります。

 無農薬無肥料で育てていますが, そのような野菜を食べていくと,
そのように育っていない野菜を遠慮するようになります。
超級市場では, 福島とその周辺で栽培された野菜を売っていて,
それを買う, 被曝覚悟の買い物と消費される方々には,
本当に驚きます。「食べて応援」して, 自分も被曝されるのですから。

 そのようは地域産でなくても,
肥料や農薬の影響を受けていることでしょう。
野菜の栽培を自分でするのは,
自分らしき生きるために必要なこと,
とさえ思うようになってきています。

 自然に感謝です。

[自然栽培2018][富山街中] 未だ茄子は蕾をつけようとしています。2018年11月02日 23:57

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 いくつかの夏野菜は, 枯れずに生き残っているので,
そのままにしてあります。ピーマン, トマト, ミニトマト, 茄子がそうです。
ピーマンは, もう花が咲かなくなりましたが,
小さな実が少しずつ大きくなっています。
トマトは, 実が3 cm位の大きさまでは大きくなりましたが,
そこで止まっています。なのに花が咲いています。
ミニトマトは, いくつかが実が赤くなってきました。
11月に収穫できそうです。
茄子は, 未だに花が咲いていて,
蕾をつけようとしているものもあります。
これから育つのでしょうか?

 秋に入って育てているのは,
馬鈴薯, 大根, そして蕪ですが,
近々法蓮草も植える予定です。
種子を水に浸して発根を促しているところです。
播種には遅いような気がするので,
プランターを覆う, 保温カバーを使う予定です。

 夏に見られた急激な生長は見られませんが,
冬の野菜のゆっくりとした生長を見られたら嬉しいですね。

 自然に感謝です。

[自然栽培2018][富山街中] 今日は日中にプランターの整備2018年11月03日 23:39

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 今日I('18/11/03)はアルバイトが無い日でした。
収入が減りますが, 週に1度は休まないと,
体にきついですね。
20年以上前に, 5年以上前に辞職した職場へ就職した時には,
土日も職場へ行っていたのですが
(独り者で, 自宅にいてもやることがなかったから,
ということもありましたが(^^;)
身体が着実に老化しているようです。
まあ, 老眼鏡をかけているのですから,
当然と言えば当然なのでしょうけれど...。

 お休みということで, 秋冬野菜をこれから播種します。
遅いのですが, 時間が取れませんでした。
今日は, プランターに放置してあった大豆の根を引っこ抜いて,
プランターの土をよく混ぜ, 平にしてから,
春菊と小松菜を播種しました。
法蓮草も播種したかったのですが,
水に付けた種子の発根がほとんど進んでいなかったので,
法蓮草は後日に播種します。

 播種したプランターを2種類用意しました。
1種類はそのまま, もう1種類は保温覆いをかけました。
差が出るでしょうかね?

 今日の日中は日差しが強く,
久しぶりに日焼けしました。
南方系の私には, 暖かい日が嬉しいですね。

 自然に感謝です。

金沢駅西口の銀杏並木。黄色くなってきました。2018年11月04日 22:25

 アルバイト先の金沢駅周辺。
西口の県庁への道沿いに,
銀杏(いちょう)が植わっています。
先月は銀杏(ぎんなん)の実が多数落ちて,
凄い臭いでした。
この臭いは, 酪酸(ブタン酸)とエナント酸(ヘプタン酸)が
主成分ということです。
足の臭い匂いの成分でもあるようで,
ううん, 嫌な臭いです。
何でも銀杏(ぎんなん)の実を食べられないようにするため,
だそうです。
銀杏の実は美味しいですよね。
もう何年も頂いていませんが。
今な銀杏並木に銀杏集はありません。

 その銀杏並木が少しずつ黄色くなています。
葉の中の葉緑素がなくなって,
元からあるカロテノイドの色が見えるから
黄色なのだそうです。
カロテノイドの分子構造を見ると,
炭化水素で黄色いんですね。

 銀杏しか木の種類がわからないので(^^;,
銀杏のことしか書きませんでしたが,
他の木も紅葉してきております。
そして, それらの葉もそろそろ落ちて,
いよいよ冬ですね。嫌な季節です。

 地球に感謝です。

[富山] 富山市ファミリーパークの猿がまた逃げた, とのこと。猿の生活空間に問題があるのか, 富山市で地震か何か起こるか?2018年11月05日 23:41

 富山市ファミリーパークの猿が,
また逃げ出したということです。[1]

> 富山市ファミリーパークは('18/11/)5日,
> ニホンザルを飼育している里山生態園から
> サル1匹が逃げたと発表しました。
(略)
> 園内にいた客から
> 「里山生態園からサルが外に出るところをみた。
> サルが園内を歩いている」と, 事務所に電話がありました。
>
> 飼育員が辺りを捜索したところ,
> 里山生態園の近くでビオ(猿の名前)を発見し
> 捕獲を試みましたが,
> 藪の中に逃げ込み, 捕獲できませんでした。
(略)
> ファミリーパークでは,.
> ことし('18/)9月から先月にかけても
> 里山生態園からニホンザル2匹が逃げ,
> 1匹は捕獲しましたが, もう1匹はまだ見つかっていません。

 猿は人を襲う可能性があるので閉園のようです。
 また, 野生の猿もこのあたりには生きているようです。

 これまでもこのたぐいの事件があったのに隠されていたのか,
今年のこの事件が異常なのか, 私には分かりませんが,
もし今年が異常なら,
ファミリーパークの猿の生活空間で,
猿が逃げるくらいの何らかの事情になったのか,
ファミリーパーク周辺の環境の変化
(地下水上昇, 変な気体の発生, あるいは立山噴火?),
などを察して逃げているのか,
などと素人は考えます。

 猿に, 鳥の足に巻くような発信機は付けられないのでしょうかね?

 ともあれ, おかしなことにならないことを祈ります。


[1] http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=20048

[富山] 逃げた猿は捕まったようです。2018年11月06日 22:58

 富山市ファミリーパークから逃げた猿の話。
今回はすぐに捕まったようです。[1]


> 富山市ファミリーパークでニホンザルを飼育している里山生態園から,
> ('18/11/)5日サル1匹が逃げました。
>
> 職員らが捜索を行い, ('18/11/)6日夕方に捕獲されました。

とりあえず捕獲されましたが,
元の場所へ戻して, その猿は大丈夫なのでしょうか?
大丈夫ではないから逃げたのだと想像しますが。

 猿と比べてはいけませんが,
私も逃げる必要を感じて逃げた一人です。
元の場所へ戻されたら, 死んだも同然になったことでしょう。
猿が心配です(^^;。


[1] http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=20055

[自然栽培2018][富山街中] 打木源助大根の収穫。2018年11月07日 23:09

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 秋冬野菜として, 馬鈴薯, 大根, 蕪をすでに播種し,
先日, 小松菜, 春菊, そして今朝, 法蓮草を播種しました。
9月上旬まで暑かったのに,
その後は気温は平均並みか低いのようで,
野菜の育ちは, 良くないような気がしています。
そんな中, 打木源助大根[1]は, 9月半ばに播種し,
そろそろ2箇月。もう収穫の時期のようなのですが,
プランターを見ると, うまく育っている株は,
葉が大きく, 地面からはみ出ている根を見ると,
もう収穫しても良さそうです。
ということで, 1本引っこ抜いてみました。
長さ20 cm位, 直径8 cm位。
種子の袋には, 長さ25 cm, 太さ10 cm位とあるので,
やや小さい実となりました。

 種子の袋を見ると, 「す入り」に注意とあります。
未だ秋なのに「す入り」? とか思ったのですが,
9月半ばで播種したら,
60 から 65日で収穫しないと「す」が入るようです。
となると, あと10日くらいは大丈夫そうですが,
ということは, あと10日で収穫しないといけないようだ。
あらら, 越冬させるには, 遅まきとあります。
今から間に合うかな(^^;。

 とりあえず, 葉を見たのですが,
蕾は見えませんでした。ということは, 「す」は入っていない,
と信じたいです。
今晩は, 根ではなく, 葉をいただきました。
ありがたいですね。
今晩は, 米も今年の新米です。
無農薬, 無肥料のこしひかりを玄米でいただきました。
打木源助の無農薬無肥料大根です。
もしかしたら, とっても贅沢な食事をしているのかもしれませんね。
美味しくいただきました(^o^)/。

 自然に感謝です。

[1] https://www.matsushitaseed.jp/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%95%86%E5%93%81%E6%A1%88%E5%86%85/%E6%89%93%E6%9C%A8%E6%BA%90%E5%8A%A9%E5%A4%A7%E6%A0%B9/

[富山と金沢] 手動扉を観察していました。皆扉2枚のうちの1枚しか開けません。なぜ??2018年11月08日 23:43

 アルバイト先である金沢への往復に,
高速バスか鉄道を使います。鉄道の話です。

 富山と金沢の間は電化されているのですが,
その電車の中には, 扉が手動開閉の車両もあります。
この電車に限らず, どの電車も,
駅に着いてもも扉は自動的に開かないようになっていて,
新しい車両は, 扉の近くにある釦(ボタン)を押すことで,
(つまり)手動で開閉することになっています。
(多分)古い車両が, 扉そのものが手動になっています
(駅につくと, 扉を閉じている圧力がなくなるため,
1 cm程だけ開きます。)。

 私は自分が出入りするために扉を開くときには,
両扉を開きます。
自分がデブだから, ということもありますが,
たいてい複数の人が出入りする状況なので,
扉を広く開けるのが当然だと思うのです。

 ところが, 最近この手動扉電車に乗って観察していたら,
多くの乗客は, 2枚の扉の, 1枚だけを開けて,
出入りすることがわかりました。
一人だけ出入りするのであればともかく,
複数の人が出入りするときであっても,
扉を1枚開いたままなのです。

 私には, なぜ扉をもう1枚開けないのか全く分かりません。
手動扉は重たいのです。
力が弱い人は, 開けたいとは思わないでしょう。
それが理由??
でも, ううん, そのままでは出入りしにくくて,
もう1枚扉を開けば楽に出入りできるのに,
敢えてそのまま狭い出入口から出入りする行為は,
私には全く理解できないです。

 私が富山に移って, 楽しくお話できる人と
滅多い出会えない理由は,
このような, 理解不能な行為を結構見るからかもしれません。


'18/11/09 少し書き改めました。

[自然栽培2018][富山街中] 打木源助大根には, 「す」が入っていました。あらら, 急いで収穫しないと(^^;2018年11月09日 23:02

 富山街中での, ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 打木源助大根を1本収穫した話を書きました。[1]
その大根を切った相棒(神さん)によれば,
真ん中に「す」が入っている, ということでした。
あらら。
となると, 他に同じ時に植えた大根を皆引っこ抜かないと,
皆「す」が入った大根になる??
なるほど, 「す」入りに注意, というのはこういうことなのでしょうか?

 で, 今日('18/11/09)も, 3本収穫してみました。
1つは, 皆生長がおかしなプランターの1本。
引っこ抜いてみましたが, 生長は遅かったものの,
大根の形をしていました。
残り2つは, 見た感じうまく育っている感じの2本でした。
抜くと, 先日引っこ抜いたものよりも短かったです(^^;。
ともあれ, 3本の大根を収穫しました。

 多分明日以降にまたいただけることでしょう。
これらにも「す」が入っていたら,
もう全部収穫になります。

 ちなみに, 先日の大根の根を, 今日いただきました。
味噌汁に入れていただいたのですが,
とろける柔らかさに, 味噌や出汁の味が混ざり,
とても美味しい大根を味わうことが出来ました。

 自然に感謝です。

[自然栽培2018][富山街中] 打木源助大根は, 煮物と下ろし大根うどんとして頂きました(^^)/2018年11月10日 22:40

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 打木源助大根は, 昨日('18/11/09)収穫した3本は,
未だ「す」が入っていませんでした。
最初に収穫した大きめなものが,
生長が特に速かったようです。

 その大根ですが, 相棒(神さん)が,
煮物と, 下ろし大根うどんにしてくれました。
福井の方にある「下ろしそば」をうどんへ応用したものですが,
神さんは, 大根おろしを出汁と一緒に煮込んだものにしました。
結構美味しくいただけました。
少しぴりっとした辛さも混じっていましたが,
これくらいなら, ちょっと山葵を付けた感じに近く,
良い感じでした。

 葉っぱもいただきました。刻んだ湯がいた葉を,
うどんに載せたのでした。ということで,
今晩の夕飯は, 「大根うどん」でした(^^;。

 無農薬無肥料で育った野菜を安心して美味しくいただける,
現代ではとても贅沢なことなのかもしれませんが,
そのような生活をするために, 趣味の野菜栽培を,
これからも続けていけたらと思っております。

 自然に, 神さんに感謝です。