[自然栽培2018-2019][富山街中] 冬に収穫せずに放置してあった馬鈴薯「デジマ」は, 発芽せずにそのままでした。カレーの具材として, 美味しくいただきました(^o^)/。2019年03月05日 21:02

 富山街中での, プランター自然栽培の話です。

 昨年(2018年)の秋に植えた馬鈴薯は,
「さんじゅうまる」と「デジマ」でした。
どちらも昨年末は時間がなく,
プランター内に放置したままでした。
そして, 「さんじゅうまる」については,
今年(2019年)1月に収穫しました。
とても大きな芋がいくつか, 小さいものもいくつか,
1つの種芋から1つか2つの収穫で,
なんとなく??という感じ。
もっと多くの芋の収穫を想像していたのでした。
そして, 数個はすぐにいただきました。とてもおいしかったのですが,
残り6-7個を住まいのある場所に放置しておきました。
そこは寒いし, 光は当たりにくいところだったのですが,
[1]に書いたように, もう発芽してしまいました(^^;。

 もう一方の「デジマ」ですが,
先日ようやく収穫しました。収穫予定12月から2箇月まるまる放置。
こちらも, 元の種芋と同じくらいの大きさのものが1個,
小さいものが1個, という感じでした。
種芋が腐ってしまっただけのものもありましたが,
まあ, こんなものかなあ, と。
ちなみにそれらのプランターには,
昨年夏にはメイクイーンや十勝こがねを育てたのでした。
連作障害??
分かりません。
ともあれ, 大〜小の計10個位を収穫出来ました。
「さんじゅうまる」とは違って, こちらは, 発芽していませんでした。
この収穫の時に, 昨年春から夏に育てた,
未収穫のメイクイーンも5個位出てきました(^^;。
あれれ, 何やっているんでしょう, 私は(^^;。
こちらも幸いなことに, 発芽していませんでした。
掘り忘れなんですが, そこそこの大きさのものも含めて5個位の収穫。

 今晩はこの「デジマ」を調理しました。
カレーを作ってみました。
卵魚菜食者対応の,
ハウス食品の「ベジタベルカレー」[2]を使いました。
実は, 南アジアのスパイスを使うカレーは作ったことがありましたが,
カレールーから作るのは, ほぼ初めて(^^;。
ほぼ箱にあるとおりに作りました。
そのまんま美味しかったですね(^o^)/。
「デジマ」は結構溶けてしまったので,
次はもっと大きく切って調理しようと思います。

 ということで, 自然に感謝です。

[1] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2019/02/26/9041139
[2] https://housefoods.jp/products/catalog/cd_1,086460.html