[富山街中] また花粉飛散が抑えられました。2019年03月15日 21:44

 3月半ば。例年なら杉花粉症で大変なことになっているのですが,
今年の富山市街中は, 「非常に多い」予報が出ても,
予報に反して天気が悪くなるようで,
それほど飛散していないようです。
杉花粉症の程度によって, 飛散量が「多い」か「少ない」かが
変わるのでしょうが,
今の状況だと, 私には「少ない」と言えます。
数日前までは目が痒かったのに,
今日は殆ど目に痒みはありません。
本当に助かっていますが,
花粉を飛ばしたがっている杉はどうなってしまうのでしょうか?
3/18(月)から「非常に多い」予報になっていますが,
ううん。

 それにしても, これだけ杉に対してアレルギーが出ているのに,
山林の杉がほったらかしなのは何故なのでしょうか?
杉を切って, 別の木を植えることは考えていないのでしょうか?
私有林だからできないのでしょうか?
日本国政府が,
日本国民を苦しめるためにわざと放置しているのでしょうか?
大気汚染物質である硫黄酸化物を,
石油の脱硫技術で解決したのに,
杉花粉については放置ですか?
もしかして, 未だに杉を植林していませんか?

 インターネットで検索してみました。
古い記事ですが, ううん, さすがは日本破壊政府がやることだなあと,
思わせる内容のものがありました。[1]

> 林野庁研究・保全課に
> 「国内のスギ林を一気に伐採できないのか」と聞いてみた。
> 担当者によると, スギ林には土砂崩れのような災害対策に加えて,
> 他の樹木より二酸化炭素の吸収量が多いため
> 地球温暖化防止の役割も担っているという。

 地球温暖化?? 本当にそうなら,
前々から私は主張していますが,
火力発電所や製鉄所で生成する二酸化炭素を,
ガスボンベに詰めればどうですか?
やっていますか?
原子力発電所なんぞを作るよりも技術的には楽では?
(排ガスを圧縮してボンベに保存することの難しさを
私は知りませんが, 放射性物質を扱うよりは楽ではないでしょうか?)
地球温暖化対策というのは,
信用できません
(省エネルギーがいけないと主張するのではありません。)。
土砂崩れについては, そうなのでしょうが,
だったら, 間引きすればよいでしょう。

 杉花粉アレルギーは, 日本国政府の日本破壊活動の一環と,
今日調べたところで判断することにしました。
そんな日本国政府には, どこか遠くへ行くか,
完全に消え去って欲しいですね。

[1] https://www.j-cast.com/2013/03/22170790.html

コメント

_ Enrique Cerezo ― 2019年03月16日 21:22

CO2対策は真面目にやる気が無いのでしょうね。
むしろそれを言って原子力を進めたいということなのでしょう。
原子力の危険は,野党議員も電力株主も,再三再四指摘していたのに,時の政府の安倍晋三や電力会社は平然と無視して大事故を起こしました。そして,むしろ反対していた民主党政権に責任を押し付けた。そして,大事故を起こしても,まだやろうと。非常識過ぎます。海外にまで売り込もうと。拒否されても,関係者は国策に乗って甘い汁を吸う。
原発ほどでは無いですが,杉の植林も国策で,どんどん植えさせて今日の花粉の害を招いた。誰も責任取らないどころか,CO2を吸収するとですか。植える前の元の広葉樹の方がずっとよかったと思います。少なくとも山の保水力や土砂崩れの防止効果ははるかによかった。
子供のころの美しい山を知っています。ケヤキなどの広葉樹の下にはキノコが生えて,毎年採っていたのですが,国策で伐採され,杉が植えられ環境が一変。単調な暗い人工林が出来上がりました。植えさせるだけ植えさせて,人工林は手間を要しますが,そこまでは面倒見ない。天下の愚策だと思います。

_ おきゅうぼうや ― 2019年03月17日 23:36

 Enrique Cerezoさん, コメントをありがとうございました。

 Enrique Cerezoさんがお知りの美しい山を, 私は知らないです
(気づいていなかっただけかも知れませんが。).
なので, 実体験に基づいた山林破壊の話が聞けるのは大変有難いです。

 原子力発電も杉人工林も, もっと言えば,
第2次世界大戦も, 日本国(とその前身の大日本帝国)は,
日本を破壊することを目指しているという認識で良さそうですね。
生活が楽になることである程度の破壊は止むを得なかったとは思いますが,
そのような事実に気がついた以上は,
これまでのことを修正し, あるべき方向へ進めるのが,
国だと思っていましたが, 日本国にはその気はないようです。
多くの「国民」がそれではいけないと思えるようになると
私は嬉しいのですが, ...。
私が住んでいる富山では,
そうなる可能性は限りなく0に近そうで辛いです(;_;)。

コメントをありがとうございました。
よろしかったら, またお越し下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2019/03/15/9047728/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。