[自然栽培2018-2019][富山街中] 法蓮草と小松菜は既に抽薹していました(;_;)2019年03月19日 21:24

 富山市街中での, プランター自然栽培の話です。

 昨年(2018年)冬の始まる前頃に,
法蓮草, 小松菜, 春菊を播種しました。
冬になる前にはちょくちょく様子を見たのですが,
発芽に2週間, その後双葉が出てきたあたりで,
とても寒くなり, 1週間見ても変化に気がつけなくなり,
冬の間は, 殆ど様子も見ませんでした。
3月に入って様子を見たら,
どれも5 cm以上にはなっていたのですが,
超級市場(スーパーマーケット)で売られているものよりもずっと小さく,
寒い富山だから, 生長が遅いのだろうと,
まだそのまま放っておいたのでした。

 3月に入ってからは, 朝は寒いですが,
日中はかなり暖かくなってきました。
ということで今日('19/03/19), 久しぶりに様子を見に行きました。
すると, ...あれれ,
法蓮草と小松菜は, 既に蕾が出ていました(;_;)。
丈は10 cmは超えていましたが,
まだまだ小さいです。
でも, 蕾は立派に付いていました。

 春菊は未だ大丈夫そうでした。

 小松菜と法蓮草については,
私はかつてまともに育てたことがありません。
そもそも成長しなかったり,
今回は少しは丈が伸びましたが,
未だ3月半ばだというのに, もう抽薹してしまいました(;_;)。
自然栽培(無農薬無肥料)だから,
生長が遅いのは当然なのかも知れませんが,
しかし, 抽薹するのはどうかなあと。

 抽薹してしまったのは仕方がありません。
この冬は, 小松菜と法蓮草栽培に失敗した, ということで,
春菊以外は終わりです。
春菊は, 丈が10 cmにも満たないです。
ですが, この大きさなら頂けます。
昨年も, 丈は低いながら, いただきました。
超級市場に売られているように育てるには,
どうしたら良いのでしょうかね?

 ともあれ, 冬の自然栽培は, 春菊以外は,
これ迄と同様, 失敗に終わりました。

 自然に感謝です。