久しぶりにATOKを使ってみました。やっぱり変換効率が素晴らしいですね。2019年04月14日 23:07

 PCのOSにはLinux[1]を使っております。
以前はTurbolinux[2]という,
ATOK[3]がついている製品を使っていましたが,
firefox[4]のバージョンアップができないことが不満で,
Turbolinuxの使用をやめ,
以降はLubuntu[5]を使っています。
Lubuntuは悪くないのですが,
日本語入力のmozc[6]は,
無料ソフトウェアーとしてはありがたいものの,
変換精度がどうしようもなく悪く,
PCを使うたびにストレスが溜まっている始末。
実はここ数か月, 腱鞘炎に悩まされているのですが,
その主原因はPC打鍵にあり,
そして, mozcの変換精度が悪いことにあります(;_;)。
他のLinux使用者は, 多分何らかの方法でmozcを
賢く使用されているのでしょうが,
私にはどのように賢くすればよいのかわかりません。
単語の登録を増やせばよいのでしょうが,
時間がかかります。
そんなことをしなくても, TurbolinuxのATOKは,
良い変換精度でした。
ということで, 先日, Lubuntuへ, ATOK X3 for Linuxの導入を
試みたのですが, 多分途中で何かを間違えたのでしょう,
うまくいかなかったので, 元のmozcへ戻しています。

 そんなPC使用環境ですが,
数日前, 普段使用しているPCではない機械で,
ATOKを使う機会がありました。

!!素晴らしい!!

誤変換がほとんどなく文字入力ができたのです。
日本語変換はこうでなくちゃ!!

 かつては, 「アホトック」とか言われ,
変換精度が悪いことを私も感じたこともありました
(そうとう昔のことです。
Windowsを使っていた時には, WXIIを,
Linuxの使い始めにはVJE-⊿を使っていました。)。
今は, そのような時代とは違いますね。
ぜひ正規のLinux対応ATOKを,
ジャストシステムにはお願いします。

[1] https://ja.wikipedia.org/wiki/Linux
https://ja.wikipedia.org/wiki/Linuxを聞く限り,
リーヌックスと発音されています。
どういうわけか, リナックスと書く人が多いです。
Turbolinuxもターボリナックスです。
私の耳がおかしいのでしょうかね?
[2] http://www.turbolinux.com/
かつては, サーバー用途ではなく,
通常のアプリケーション使用用途の版も売っていましたが,
今はなくなっています。
[3] https://ja.wikipedia.org/wiki/ATOK
[4] https://ja.wikipedia.org/wiki/Mozilla_Firefox
[5] https://ja.wikipedia.org/wiki/Lubuntu
[6] Google日本語入力の, オープンソース版。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Google_%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%85%A5%E5%8A%9B#Mozc