[富山] このような報道を, 富山地元放送局はしないですね。改憲反対の路上調査結果。2019年05月06日 22:44

 富山の多くの方々は, 破壊志向で,
富山を, 日本を, 地球を破壊する方向にある自由民主党を支持し,
日本国を勝手に支配している日本国政府のやっていることを
支持しています。それは決して保守ではありません。
破壊です。
富山に住んで20年たって, そのような理解に至りました。
富山と呼ばれる地域は, かつてはどのような光景だったのか
わかりませんが, 水田は, 稲作が伝わったからなされているので,
破壊の結果できたことがわかります。
まあ, 水田の前から水田に変わっても,
新しい生態系が維持され続けていたので,
水田がある光景が,
自然が残っていると誤って理解する人がいるのは,
仕方がないような気がします。
新しい生態系を保持してきたということは,
素晴らしかったのですが,
自由民主党に投票しつ付けることで,
これまで富山と呼ばれる地域で生きてこられた方々の
多大な努力をほぼ全てぶち壊してしまいました(;_;)。

 そのような富山ですが,
破壊を望まない方々も決して少なくはないようです。
中日新聞の富山県内情報のウェブサイトの位置記事に,

> 改憲に反対 多数派 総曲輪で街頭シール投票

という, 少し意味がわかりづらい記事がありました。[1]

> 憲法九条に自衛隊の存在を明記する改憲の是非を問う
> 街頭シール投票が('19/05/)五日,
> 富山市総曲輪(そうがわ)の総曲輪通りであった。

 総曲輪通りというのは, このブログで度々紹介しているように,
かつての富山市街中の中心的商店街です。
一応2019年現在でもそれなりの人がやってきますが,
富山市はそれでは何か困るらしく,
街中再活性化のために税金を投じて,
いくつかの再活性化のための建物を作り,
多数が失敗しています。富山市民プラザ,
ユウタウン総曲輪がその例です。
近々プレミストタワーという建物が完成しますが,
入居はともかく, お店が入るのでしょうか?
ユウタウン総曲輪は未だに空き店舗がいくつもあります。

 閑話休題。そう, 決して多くの人が来ないところで,
このような街頭シール投票をやることに,
どれだけあるのかわかりません。

> 約一時間半に百八十七人が投票し,
> 六割近い百九人が「反対」に入れた。
>
> ただ, 投票しなかった人も多く,
> 主催した市民団体「全国投票の会・富山」世話人の
> 伊藤厚志さん(67)は
> 「わからないに入れた人も含めて,
> 自民党(自由民主党)が進めるこの改憲に対して
> 世間の関心が広がっていない」と分析した。

この方は, 多くの富山の方々のお気持ちを,
戦争反対, 自衛隊反対だと思われているようですが,
自由民主党に大多数が投票している現実を無視しています。
富山の大多数は, 破壊大好き, 自衛隊賛成,
放射性物質汚染歓迎, 戦争大好きなのです。
だから自由民主党に, あの理解力が足りない人が総裁をしている
あの政党に投票するのです。
まずはこの事実を認めることから始められると,
私は嬉しいです。

 私は, 富山の多くの方々が自由民主党に投票する事実から,
多くの富山の方々は破壊志向であり,
戦争が好きで, 平和が嫌いだと理解しています。
この街頭シール投票をされた方は,
これを「関心が広がっていない」とされていますが,
流石に人前で「私は戦争が好きです。破壊が好きです。」
とは言えないではないですか。
だから無投票になるのです。
そのようには解釈できないものでしょうか?

 投票にはそのような意味があるのです。
戦争反対を主張して自由民主党に投票するのは,
自由民主党から立候補するのは,
矛盾以外の何物でもありません。

 今回の引用は, 中日新聞のものです。
地元の北日本放送, チューリップテレビ, 富山テレビは,
この件を扱っていたのでしょうか?
いないから, 中日新聞記事を引用しました。
私が見落としていたら申し訳ないですが,
扱わなかったというのが,
富山の大多数の意見を反映している,
私は総理解しております。

 私は, 多くのそのような破壊志向の方々の中で生きております。
そんな辛い状況ではありますが,
生きさせてもらっていることに感謝しています。
でも, そろそろそんな富山とは
お別れをしたいかなあと思っております。
お別れしたくても,
引越し代がないのですぐにはできませんが(^^;。

[1] https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190506/CK2019050602000031.html

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2019/05/06/9069370/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。