[富山] 麦の穂が黄金色。稲はすくすくと育っています。ありがたいことです。2019年05月23日 23:46

 アルバイト先へ移動する途中の景色を見ていると,
農作物が少しずつその姿を変えていることがわかります。
麦があっという間に収穫間近の, 黄金色に近い穂になっています。
稲は, すくすく育っている苗もあれば,
最近田起こしをした感じの田んぼもあります。
馬鈴薯の花が咲いているのも見えますね。

 私がかつて勤めていた職場に,
今なおとどまっていたら,
そのような景色の変化に気づけなかったことでしょう。
そして, そんな私が, 自分で種芋を埋めて,
馬鈴薯を育てている, なんてことも(^^;。

 世界的に気候が良くなく,
食糧不足が心配されているようです。[1]
[1]はフランスの記事ですが,
寒くて, とうもろこしをうまく育てられないようです。
世界第3位の輸出国だということを知りませんでしたが,
そのような国が輸出できそうもないとなれば,
世界への影響は大きいはずです。
自分で食べなくても, 家畜の餌のようですから...。

 地球温暖化を防ごうと, 化石燃料をやめて,
原子力発電へ進んだ,
あちら側の人達の意見を聞きたいものですね。
まあ, 身勝手な意見を言って責任をとらないことは
分かっていますが...。

 食糧危機が来たら, どうすればよいのでしょうかね?
私にはわかりません。
日本国は, 日本を破壊し, 日本人の大多数をやっつける側です。
そしてどういうわけか, 大多数の日本人は, そのような
日本国を支持しています。
食料や気候の話を, この破壊組織に頼っている段階で
間違いなのでしょう。
自衛するしかないのでしょうかね...。

 閑話休題。今の所富山は, 日中はひどく暑いですが,
朝は結構冷えます。地球の他の地域と比べると,
まだひどい天候にはなっていないようです。
それが意味することはわかりませんが,
少しずつ食料自給できるようにしないと
いけないのかもしれませんね。
馬鈴薯を家庭菜園で育てても, 半年分も栽培できませんが(^^;。

 地球に感謝です。

[1] https://electroverse.net/french-sowing-slows-further-as-cold-weather-persists/