[富山と金沢] いつもの日曜よりも駅の人が多かったです。2019年08月11日 23:17

 今日('19/08/11)は, アルバイト先の金沢にある金沢駅も,
富山駅も, 多くの人で賑わっていました。
世の中は3連休らしく, その中日なので,
観光客も多かったのでしょうか?
あるいはお盆?
どちらも私には関係がない(^^;ので,
混雑した人には少しイライラ。
普段はすいすい歩ける金沢駅の商店街では,
やたらうろうろしながら歩く人がいました。
まっすぐ歩いて欲しいんですが, ...。

 アルバイト先から戻った富山駅も同様でした。
駅南の回転寿司屋は, 店の外に人が並んでいました。
もっとも, この店は, 回転寿司屋にしては小さいので,
すぐに外に並ぶようですが, ...。

 猛暑の中を北陸で生きる方々には,
くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。

[富山街中] ズッキーニの花が咲かなくなってしまいました(;_;)。やはり猛暑のせい?2019年08月12日 23:49

 富山地街中は暑いです。と言っても,
日中はいないのですが(^^;。
ほそぼそと続けている自然栽培家庭菜園で,
ズッキーニを栽培していますが,
ここ一週間, 花が咲かなくなってしまいました(;_;)。
雄花も雌花もです。

 暑さが原因? 水撒き不足が原因?
なんとも言えません。私は朝にアルバイト先に移動する前に
水をやることしかできません。
土は乾燥しきっていることはないのですが,
葉を見ると, やや干からびている? という感じです。

 今年(2019年)も, 昨年の猛暑と似ています。
野菜がなかなか育たないですね。

 それでも, 地球に感謝です。ありがとう。

[富山と金沢] 暑いです。夜は自分が汗かなにかわからない臭いで嫌です(;_;)。2019年08月13日 23:40

 このところ富山と金沢は, 日中は35℃くらいが普通です。
私のアルバイトな室内の仕事ですが,
「かけもち」のため, 日中に職場を移動します。
炎天下を, 10分も歩かないのに,
汗びっしょり。職場の空調は申し訳ないですが, 弱め。
デブな私には酷です(;_;)。
汗は乾ききりません。下半身はジメジメ(;_;)。

 ということで, 富山へ戻る汽車の中で,
自分の悪臭に悩まされます。
隣の人にこの臭いが伝わっているとなると辛いところがあります。
替え着を持っていこうかと考えております。

 私の悪臭を嗅ぐことになった方々, 申し訳ありませんでした。

[富山と金沢] 金沢街中15時頃の雨の後が地獄でした(;_;)2019年08月14日 23:14

 アルバイト先の金沢市街で,
街中を移動しようとする前に,
雨が降りました。
それまでは猛暑。南国のように「スコール」が降ったのかなあ?
降雨後はとても涼しくなりました。
しかし, その降雨は早すぎたようで,
その後再び猛暑になりました。
高い湿度で, 降雨前よりもひどい状況に(;_;)。
あんなにひどく蒸し暑いのは, なかったような。

 富山へ戻ったら, 雨は降らなかったようです。
あらら, 降雨があれば野菜が喜んだのですが, ...。

 明日もアルバイトです。アルバイトがあることに感謝です。

[富山と金沢] あいの風とやま鉄道の終電だと路面電車終電に乗れない...。これが富山流のおもてなしです(^^;2019年08月15日 23:58

 アルバイト先の金沢から富山へ戻る時,
最終列車に乗ると, 23:58に富山駅に着きます。
富山駅を出る最終の路面電車も23:58に出ます。

 そういうことですね。
その時, 私は歩いて住まいまで戻ることになります。

[富山] 台風被害。梨の実落下10トン。これで一部(0.3%)。大きな被害はないということでした。2019年08月16日 23:47

 台風10号が北陸地方をかすめました。
今日('19/08/16)は朝のうちは,
あいの風とやま鉄道が止まっていましたが(昨日のうちに決定),
多分泊以西は運転できたのではないかと思われます。
私は, 遅れてアルバイト先へ移動しました。
車窓から見た稲は, ところどころ倒れていましたが,
素人判断で, 多分問題はなさそうでした。
金沢市内で見た被害は, ...
都ホテル解体現場を囲う板が風で吹き飛ばされ,
中が見えたことでしょうか(^^;。
あそこは, 地下に映画館もあったのですが,
そこはそのままのようです。
解体作業は中止されたままで,
あの土地は今後しばらくは廃墟の状態が続きそうです。
それはともかく, 大きな被害はなさそう。

 住まいに戻ってウェブ配信を見たら,
富山県内梨の被害の報告がありました。[1]
10トン落下。あらら, 大変。と思ったら,
全収穫量の0.3%程, ということでした。
大きな被害, という状況ではなかったようです。

 それにしても, 暑いまま, 蒸し暑いままです。
昨年も酷かったですが, 今年も酷い夏になっています。

 それでも地球に感謝です。

[1] https://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=22708

[富山] 富山県が富山県民のことを考えないのは, 第2次世界大戦前からのことのようですね。在満報国農場のウェブ配信を読みました。2019年08月17日 23:59

 在満報国農場のウェブ配信を読みました。[1]
満洲というのは, 中国に在住する一民族の名前です。
大日本帝国が作ったことになっている「満洲国」は,
この民族の国, という意味でついた名前のようです
(なので「満州国」の表記は誤りです。)。
日本が中国侵略して国にしたということになりますが,
当時の日本人は, ここに日本の可能性を考えていたようです。
決して良いことではないですね。
北海道に住んでいたアイヌ他を押しやった日本国や,
琉球弧を勝手に支配した島津藩も同様に,
酷いことをしたものです。
それはともかく,

> (当時の大日本帝)国の食糧増産政策のもと
> (富山)県は1944年に青少年農兵隊を結成しました。
> 国民学校を卒業したばかりの14歳以上の少年少女で編成され,
> 県内外の開墾作業に従事しました。
> 成人男性のほとんどが徴兵されて,
> 労働力の不足する農村で唯一の働き手であった少年たちまで
> 動員したのです。

 日本の多くの方が破壊志向なのは,
この当時もそうだったのでしょう。
やることなすことが目茶苦茶だと今なら言えますが,
当時生きていた少年少女には,
それしか生きる道がなかったのかもしれません。
やっぱり大日本帝国と, それを継承している日本国は,
人間のことを考えていない組織ですね。

> その1年後(1945年), (富山)県は,
> (旧)ソ連の国境近くの旧満州に「在満報国農場」を設置し,
> 青少年農兵隊員およそ600人の中から81人を選抜。
> 14, 5歳の少年を中心に隊を編成し
> 旧満州に派遣したのは, 全国でも富山県だけでした。

 この事業が, 富山**県**主導でなされていたということです。
富山県が富山に住む人々の幸せを考えていないのは,
今に始まったことではないことがわかります。

> 「土の特攻隊」81人は,
> 1945年3月から5月にかけ次々に現地に到着し,
> 軍に供給するためのコメや大豆を栽培しました。
> しかし収穫を迎える前の8月9日,
> (旧)ソ連軍が侵攻。
> 隊員らは, 混乱の中逃げ惑い, 終戦後も飢えと寒さに苦しみ,
> 生死をさまよいながら引き揚げを待ちましたが,
> 栄養失調や病気などで23人が現地で亡くなりました。

 「土の特攻隊」という名で言い伝えられているこの
在満報国農場で勤めた人達は,
結局大日本国帝国に見捨てられます。
旧ソビエト連邦が日本との条約を無視して戦争を始めた,
それが悪いという人もいるとは思いますが,
戦争中に, 敵国が攻めてくることを予測できなかったことも,
戦争を始めた大日本帝国の責任でしょう。

> 砺波(となみ)市の寺の境内には
> 「土の特攻隊」と呼ばれた
> 県青少年農兵隊の慰霊碑がありますが,
> 建立から70年以上が経ち, 倒壊の危険性があり,
> 関係者が危機感を募らせています。
> しかし業者が試算した修復の見積もりは,
> 200万から300万年円。
> 生存者が少なくなった今, 費用を捻出するのは困難です。

 [1]の配信記事の主内容の一つがこれです。

> ことし(2019年)6月の(富山)県議会,
> 「待君之碑」の修復への支援を求める質問がありました。
> (富山)県の回答は, 「支援しない」でした。
> 国の政策とはいえ旧満州に
> 今の中学生ほどの少年たちを派遣することを決めたのは,
> 全国でも富山県だけでした。

 報道した北日本放送は, 富山県が何もしないことに
疑問を呈しております。そのとおりでしょう。

> あらためて(富山)県に支援しない理由を尋ねました。
>
> 「いろんな方々が建立されて
> お祀りされている方も様々ですので,
> それらを全てというのも
> やはりちょっと難しい面もあろうかと思っています」

 人の幸せを考えない富山県らしい回答ですね。
なんでしょうかね, この「やはり」というのは。
「やはり」と考えているのは,
人の幸せを考えていない富山県,
そしてその長である現知事を始めとする,
富山県で務める人達だけでしょう。
相変わらず「酷い」を通り超えて「言葉も出ない」状況に
させてくれます(;_;)。

 富山県は, 自分がやっていることに責任を取らない組織ですね。
大日本帝国, 日本国同様, 酷い組織です。
それを変えるには,
富山県なら, 人の幸せを考えてそれを県政に反映させられる,
普通の人を知事として選ぶことでしょう。
今の知事は人間として失格です。
日本国については, 官僚を切ることでしょうが,
制度上無理なので,
まともな人を国会議員として選出することでしょう。
人の幸せを考える国にしたいのならば,
間違えても現政権与党である自由民主党と公明党に
投票してはなりません。私はそう信じております。

[1] https://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=22701

追 '20/01/29
この文章は, '19/08/17に作成したのですが,
ファイルサーバーへの複写が翌日早朝となり,
'19/08/18の記事となっていました。
なので, このブログの日時を改め,
'19/08/17の記事としました。

[富山] 山室にあったガソリンスタンドハヤサキが閉店していました。2019年08月18日 22:24

 以前は富山市山室(やまむろ)地域に住んでいたので,
たまにこの周辺を車で移動すると,
町並みの変化をつい見てしまいます。
お世話になった三四一(みよい)のガソリンスタンドがなくなって,
安いアパート(レオパレスのような)が立っています。
ここで給油してもらっていたのが懐かしく思います。
そのほぼ隣にハヤサキというガソリンスタンドがあるのですが,
ここも多分数ヶ月前位閉店となったようです。
これら2軒は, 他のガソリンスタンドよりも安かったのと,
1軒挟んで隣同士だったので,
多分価格も競争していたと思います。
そんな安売りの店が両方共閉店とは,
なんとなく寂しく感じます。
燃費向上を考えれば当然の結末ではありますが, ...。

[富山] 車窓からの稲。もう穂が倒れているものも。早稲の収穫が始まったようです。2019年08月19日 23:35

 アルバイト先への金沢への黄帰りの車窓を見ていたら,
そろそろ収穫? と言うくらいに穂がたれている稲がありました。
気がつけばもう8月も下旬に入ろうとしています。
収穫の時期が始まったかなと思って,
住まいに戻ってウェブ配信を読んだら,
ありました, 早稲の刈り取り開始の情報が。[1]

> 砺波(となみ)市では,
> 早生品種・てんたかくの種子用の
> イネの刈り取りが始まりました。

これって, 食べる稲ではなく, 種用なのですね。

> 富山県の種もみは, 国内生産の6割を占めていて,
> そのうちの半分が砺波市の庄川地区と中野地区で
> 作られているということです。

知りませんでした。
そのような米を育てるには,
良い環境ということなのでしょうか?

 猛暑の中をすくすくと種を大きくする
稲に感謝です。地球に感謝です。
[1] https://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=22729

[富山街中] 日中に激しい雨。ここ数年このような短時間豪雨があります。東南アジアの「スコール」みたいです。2019年08月20日 23:49

 今日は午前中にアルバイトがなく,
なので起きてから少々(かなり?)のんびりしていました。
やるべきアルバイト準備をやっていたのですが,
いつもよりも気温が低く, 少しは進めることができました。
そのうち降雨の音。音はだんだん激しくなりました。
プランターがあるベランダは水が溜まっていました...。
いけない, 昨年そのせいで下の階に水が行ってしまったのだっけ。
ということで, 降雨の中を, 排水溝掃除しました。
水が詰まっていましたが, 詰まっていたものを除いたら,
(当たり前ですが)勢い良く水が流れていきました。

 自然栽培している野菜には, 恵みの雨だったでしょうか。
こころなしか茄子が元気になっていたような気がします。

 天気予報を見たら, これからしばらくは雨の日が続くとのこと。
極端ですよね。たまに雨が降るのが良いのに,
雨が連続したら, 今度は日照時間が短くなってしまいます。

 それでも自然に感謝です。