[富山] 富山マラソン。昨年と同様, 開始前に富山から高岡へ移動する走者が大声(;_;)。2019年10月27日 22:26

 今日('19/10/27)は, 富山県内で「富山マラソン」が
開催されました。[1]
県西部の高岡市から, 北部の射水市にある吊橋を通り,
県中部の富山市へ至る道だったようです。
走るのが好きな方が存分に走られたのだとしたら,
大変良いことです。
私がこのことをこのブログで書くのは,
昨年と同様, アルバイト先へ向かう私が乗る汽車に,
大声で会話する, 走者がいたことについてです。
昨年[2]も同じことを書いたのですが,
公共交通機関で, やってはいけないことをやる人は,
乗ってはいけないと思いますが,
人間として, マラソンを楽しむ前の段階で問題があります。

 昨年のことは覚えていませんが,
今年はこのマラソンに対応したようで,
富山から高岡への臨時汽車が走りました。
土日は「あいの風ライナー」は運転しないのですが,
今朝はこの時刻発で, 高岡行きの臨時列車がありました。
そちらを見ると, 沢山の人。多分マラソン走者。
それに乗っていたらもっと騒がしかったかもしれません。

 走者の方が皆騒々しかったのではありません。
むしろ多くの方々は静かでした。
しかし, 少数の方々の行動によって,
私のマラソン走者に対する心象は
大変悪いものに鳴ってしまいました。

 重ねて書きますが, 公共交通機関内で大声を出すのは,
本来, 乗る資格がない人のやることでしょう。
鉄道会社が毅然とした態度でこのような客の乗車拒否を
されると嬉しいのですが, ...。

 ちなみに, アルバイト先の金沢へついたら,
こちらは金沢マラソンでした。
金沢駅に降りた時に, マラソン走者っぽい人はいませんでした。
金沢市内の走路なので,
当日に鉄道で移動する走者がいなかったからなのでしょう。

 私って, うるさいですね...。
でも, 電車内で騒がしいのは,
路上喫煙の煙を無理やりかがされるのと同様,
その音声が, 避けられないのです。
私がもっとそのような状況になれて,
鉄道が奏でる騒音と同様に,
人の会話を期にしなくなればよいだけなのでしょうけれど, ...。

[1] http://www.toyamamarathon.com/
[2] http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2018/10/28/