[富山] 北陸電力へのお願い。水力100%も良いですが, 原子力0%が先では。もう達成していますし(^^;2020年02月16日 23:00

 「水力100%」プラン??
また, 理解力が足りない組織が,
警察の「マナーアップ」[1]のような,
意味のわからない言葉を作ったようです。
プランは「計画」,
「割引特典が含まれる販売品/事の組み合わせ」
のような意味でしょう。
後者の意味でしょうかね?

 北日本新聞のウェブ配信[2]によると,

> 北陸電力は今春(2020年の春)をめどに,
> 自宅に届く電気が「水力発電100%」とみなされる
> 新たな家庭用料金メニューを設ける方向で検討に入った。

 家庭用料金の1つのようです。
「メニュー」という言葉も何とかなりませんかね?

> 環境負荷が少ないクリーンな電力を求める顧客ニーズに対応し,
> 法人対応も視野に入れる。
> 料金は環境配慮の付加価値が上乗せされるため,
> 通常よりも割高になる見通し。

 太陽光発電なら環境負荷はかなり抑えられますね。
水力も, タービンを回すエネルギー源は,
水の蒸発と降雨という, 太陽エネルギーによる物質循環を
使っていますね。なので, これを作ることや
ダムのそこに溜まる土の処分という環境負荷はありますが,
火力発電よりは良いでしょう。
原子力発電?
この会社は理解力が足りなさ過ぎるので,
使いたいのでしょうね。地球の生態系を破壊することよりも,
間近の収入しか考えない, 「あちら側」の組織ですから。

> 新プラン契約者全体の電気使用量が
> 常に水力発電量を下回るよう設定することで,
> 契約者が使う電力を「水力100%」とみなせるという。

 ううん, 全発電量のうちの水力発電が占める割合の
範囲で, 全契約者の消費電力を抑えよう, ということ??

 なら, 私は「原子力0%」プラン, というのを提案します。
電力会社の原子力部門へお金を回さないで,
電力会社へ電気量を支払う, というものです。
北陸電力の原子力部門は,
志賀原子力発電の地質調査(本来, 発電所を作る前に
すべきことでしたね。)に一体いくらお金をかけている?
稼働していないけれど単に制御棒が入っているだけで,
核燃料はそのままですよね?
つまり, 地震でも, あるいは北陸電力が得意な
電力喪失でも起こったら, 制御棒が外れて再臨界も可能でしょう。
速やかに解体すれば, そんな無意味かつ有害なことに
お金を使わなくて良いですよね。

 ともあれ, 北陸電力の原子力発電所が
止まっていることに感謝しています。
そして, 「原子力0%」プランも創設されることを
切に願うものであります。


[1] この「マナーアップ」という語が,
あいの風とやま鉄道の駅構内のポスターで使われています。
理解不能な言葉のポスターは,
速やかに撤去すべきです。
そもそもマナーは, アップやダウンさせるものではありません。
あるかないかです。
[2] https://www.47news.jp/localnews/prefectures/toyama/4522145.html
を表示し, 「記事全文を読む」をクリックすると, 次のURI
https://webun.jp/item/7637953
へ移動し, ウェブ配信を読めます。