[富山と金沢] 公共交通内で, 携帯電話で着信かなにかの音が聞こえるようにしている人, 通話している人。現内閣総理大臣と同じ次元の人が多過ぎ(;_;)2020年02月28日 23:31

 携帯電話が普及して便利になったとは思うのですが,
公共交通の中で通話することは,
公共交通を運営する企業・組織は
通話しないよう呼びかけています。
鉄道に乗ると,
主要駅を発車する度にそのような放送を
聞かされます。
聞かされるということは,
公共交通内で通話する,
理解力が足りない人が少なくないからでしょう。
事実, 今日も私はそのような人と遭遇しました。
通話している人に注意をすると,
たいてい通話を止めますが,
謝る人はまずいないですね。
通話中に「怒られた」と通話相手に言って通話を切って,
それでおしまいですね。
その程度の人間なので,
何を言っても理解できないでしょう。
現内閣総理大臣並みの理解力です(;_;)。
この程度の理解力の人には,
本来は携帯電話を使わせてはならないと思うのです。
平気で他人に迷惑をかけているのですから。
鉄道の中で大声で話す人と同様に。

 そう言えば, あいの風とやま鉄道・IRいしかわ鉄道を
利用していると, 津幡(つばた)という駅で乗ってくる
若者は, 声が大きいですね。
制服を見ると, 石川工業高等専門学校の学生ですね。
制服で通学させている以上,
通学時の人間のあり方も教育すべきですが,
石川工業高等専門学校は
そのような教育をしていないのでしょうね。
まあ, 本来なら高等教育機関が,
鉄道の乗り方を指導するようでは,
良くないでしょう。
先日ここの入学試験があったようですが,
私は, 公共交通機関利用時に大声で喋るような人を
入学させないようにすることを提案します。

閑話休題。

 携帯電話の, 多分LINEか電子メール着信の音なのでしょう,
1秒位の音がすることがあります。
そのような音は, 公共交通機関内では
切る(音がならないようにする)のが当然だと思うのですが,
当然ではない人が少なくありません。
今日もそのような人を見つけました。
私はいつもそのような場面で注意はしておりません。
あの音の本当の正体が何なのかを知らないからですが,
通話と違って, その音がなった瞬間に
「音を鳴らすな」と言えないのが,
その主な原因です。
今日そのような迷惑行為をしていた人は,
見るからに普通ではない人だったので,
注意することで暴力行為に巻き込まれそうだったので,
車掌に注意しようとしたのですが,
その前に降りてくれました。

 この, 1秒位の着信音を鳴らす人達って,
やっぱりそのような音が無いと
生きていけない人なのでしょうね。
困った存在であると同時に,
依存症でもあるので,
社会適応が困難であると想像されます。

 携帯電話の登場は, それを持って良い人と良くない人を
はっきりと分かるようにしてしまったようですね。
それにしても, そのような場面に度々遭遇するので,
現内閣総理大臣のような,
迷惑な存在が少なくないことを,
痛感せざるを得ません。
現政権与党である自由民主党や公明党へ投票する人が
少なくないのも, 当然ということなのでしょう。

 携帯電話で通話したり着信音で騒がしい人と比べたら,
石川工業高等専門学校の大声学生集団は,
まだましなのかなと思いましたが,
大声も勘弁してほしいですね。