[富山] 富山県内自動車学校が, 「エコドライブ宣言」を提出。その前にやることがありませんか?2020年03月30日 23:10

 富山に移って20年以上。移った時は,
なんと車の運転が危ない街なのかと思いましたが,
その思いは今も変わっていません。
私が自動車運転免許を取得した東京都内と比べての思いですが,
現在の東京の道路事情はわかりません(^^;。
つまり, 免許証を取得した25年以上前の東京都内と,
20年前から今に至る富山との自動車運転の比較になります。

 何が危ないか。以下に書きます。
不幸にしていきなり富山県内で車を走らせる必要になった
方々には役に立つ情報かも知れません。

(1) 進路/車線変更時の方向指示器を灯すのが遅すぎる。
(1)' 進路/車線変更時に方向指示器を灯さない。
(2) 路上駐車車両が, 後方からの車両接近を確認せずに,
いきなり扉を開ける。
(3) 夕刻に前車灯を灯すのが遅すぎる。
(4) 交差点で相手直進車を認識しておきながら強引に右折する。
(5) 進路前方の事情で減速すると, その事情がわからないのに
追い越しをかけたり右折したりする。

 尚, 私の東京での免許取得時の記憶で考えると,
東京も富山も同様に酷いことは次になります。

(1) 法定制限速度が守られていない。

 一応, その逆も書いておきます。

(1) 線路での一時停止はほぼ100%なされている。
(2) 信号が変わる前に発進することはほぼ見られない。
(3) 降雪時の雪タイヤ装着率は高い(当たり前(^^;)。

 富山県警察が交通安全指導を放棄していますので,
この組織には何も期待できません。
なにせJAFの調査結果に基づいて,
横断歩道での一時停止が少ないからと, 指導を始めるような,
本当にやる気がまったくない, 自主性がまったくない,
それでいて冤罪はする, 存在意義がない組織が富山県警察です。

 閑話休題

 そのような富山流儀の運転は, 誰かが初めて定着させた,
と考えますと, 交通安全指導をしてこなかった
富山県警察がその最大の功労者と言えそうですが,
自動車学校もその主な原因の一つではないでしょうか?
自動車学校で指導が良ければ,
上に書いたような酷い運転はしないと思うのです。
恐らく富山県内の自動車学校は,
方向指示器の点灯時期について, 指導がおかしいのでしょう。
見ていると, 右折車線に入っても右折案内点灯せず,
右折する5秒位前になって点灯する運転を見ます。
なぜそのような「器用な」点灯をするのか,
理解にとても苦しみます。
ただ, 私は富山県内の自動車学校で学んだことはないので,
実態はわかりません。しかし,
恐らくは酷い指導をしているのだと想像しております。

 その自動車学校ですが,

> (富山)県内の自動車学校で作る団体の関係者が(富山)県庁を訪れ,
> 2万人を超える教習生から寄せられた,
> 自然環境などに配慮した運転に取り組む
> 「エコドライブ宣言」を提出しました。
>
> 「エコドライブ」とは,
> アクセルをゆっくりと踏んで発進することや,
> 走行中, できるかぎり一定のスピードを保つことなどを通じて,
> 自然環境や交通安全に配慮する運転のことです。

 自然環境に配慮する = エコではないはずですが
(エコ = ecology = 生態学であり, 環境問題はその一部に過ぎない),
まあ, これだけ読むと良いことをしているような気がします。
しかし, 自然環境への配慮はできそうですが,
交通安全への配慮??
それをやるのなら, 自動車学校ではなく,
実際に公道を走っている運転手への直接指導が必要です。
方向指示器を灯す時機の指導が怪しい
富山県内の自動車学校に,
交通安全への配慮ができるものなのでしょうか?

 私がこの記事を採り上げたのは,
ここに書かれている「エコドライブ」って,
皆がすべき運転であって,
ぞれをなぜわざわざ宣言するのかがわからないからです。
他の運転手はそのような運転をしていないのでしょうか?
まあ, していない方が多いですね(;_;)。

 自動車学校がいくら頑張っても意味はないでしょう。
富山県警察の仕事なのですから。
本来の仕事をしない富山県警察を速やかに解体し,
まともな仕事をする富山県警察の創設が必要と
私は訴えますが, まあ, 誰も聞いてはくれませんね(^^;。

 自動車学校の方々には, 上に挙げた問題を起こさない運転手を
育ててくれることを切に願います。


追 '20/04/03 誤字を改め, 一部表現を改めました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2020/03/30/9229850/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。