[富山] 岐阜長野県境で地震が頻発中。危ないらしい?2020年05月19日 23:57

 岐阜県と長野県の県境にある奥飛騨地方の
深さ10 kmあたりを震源とする地震が
頻発しているとのことです。[1]
今日('20/05/19)13:13頃には,
地震の規模を示すマグニチュード5.3の地震があったとのこと。
私はその時は富山市内にいませんでした。
地震を感じませんでした。

 実はこの[1]を読むまで,
今年(2020年)4月22日からこのあたりを震源とする地震が

> ほとんど切れ目なく起きてる。[1]

のだそうです。

 20年近く富山県内にいますが, 大きな地震を経験したのは,
新潟県長岡市周辺で被害があった地震の時でしょうか。
大型書店にいたのですが,
ガラス張りの建物内で大きく揺れました。
あのような時は, ガラス張りの建物は怖いですね。
それはともかく, 南関東では震度5迄経験していますが,
私は兵庫や東日本大震災もほぼ体験しておらず,
大きな地震を経験していないと言って良いでしょう。
住まいの棚にはつっぱりを建ててはいますが,
大きな揺れで持ちこたえるかどうかはわかりません。
というよりも, 今の私の作業場は,
大地震の後ほどではないものの,
酷く散らかっていて, まるでごみ箱(;_;)。
閑話休題。
[1]に登場されている富山大学名誉教授竹内章氏によれば,

> 飛騨山脈の根っこで起きる活動は
> 今までも起きてきた。
> こういった活動というのは,
> 群発地震と呼ばれたりもするんですけど,
> 起きる期間があってまた静かになってという周期がある。
> これが止まるのか
> 下に移動して黒部川の源流にいくか分からない。

> 周期的に西日本では南海トラフの準備段階。
> 東日本側は東日本大震災の余波がきている。
> 富山にとってはここで起きている地震が
> 富山に被害を出すことは当面ないと思うが,
> 日本列島全体の地震情勢を考えると
> 富山県人にも警鐘ならす地震だと。
> 起きる期間があって
> また静かになってというような周期がある。

という話をされたようです。
富山県内の大地震の可能性もあるが,
南海トラフの大地震の前触れと理解して,
準備しようということのようです。

 まあ, 南関東に住んでいた時に,
小学校で「防災頭巾」をかぶって,
避難訓練をしていたのですが,
あれからうん10年経っても,
南関東直下型の地震は起こっていませんが,
東日本大震災が起こってしまいました(;_;)。
あの震災を見たら, 「防災頭巾」って役に立つの,
とか思ったりもしますが,
生きるなら, 逃げる方法は考えるべきということでしょう。
南関東では, 今も「防災頭巾」って,
皆用意しているのでしょうかね?

 私の場合, 寝ているのは富山市内ですが,
仕事は金沢市内のことが多いです。
そう言えば, 金沢市内の避難場所って知らないですね。
正社員なら避難訓練くらいはするのでしょうが,
非正規のアルバイトの身分なので, ...。
って, 今の富山市内の住まい近くの
避難場所も知らないですね(^^;。
あの近くの小さな公園か小学校かな??

[1] http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/index.html?TID_DT03=20200519181219

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
次の欄にokyuu_booyaとお書き下さい。
Please enter "okyuu_booya"

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://okyuubooya.asablo.jp/blog/2020/05/19/9248595/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。