[富山と金沢] 思ったほど, マスクを外す人は増えていないように見受けられます。2020年06月08日 21:33

 住まいがある富山市とアルバイト先がある金沢市の間を
往復する日々を送っています。
待ち行く人がマスクをかけている/いないを見ています。
「緊急事態宣言」が解除され, マスクをしない人が
出始めて, これからどんどん, そのような,
現内閣総理大臣なみの理解力の人が
マスクを外して街中を歩く状況を想像していました。
しかし, 8日迄観察していた限りは,
確かにそのような人の割合は大きくなったけれど,
駅構内, 駅周辺のお店, 鉄道車両内には,
少しだけということがわかりました。
いるんですがね(;_;)。
そのような人が座っている関には近づかないようにしています。
そのような人が隣にやってきたら,
私は席を移動するつもりなのですが,
これまでのところそのような状況には遭遇していません(^^;。

 前にも書きましたように, 東金沢駅東口(なのかな?)にある,
青空庭球場とスケートボード練習場にいる人達は,
皆ますくをしておらず, 驚きました。
また, 富山市街中を走る人にもそこそこいます。
私はそのうちの一人に怒鳴ったのですが,
この人は耳に何か差し込んで
外部の音が入らないようにしています。
その音漏れを注意するために怒鳴ったことがあったのに,
この人は聞いていないようですね(;_;)。

 特に朝の総曲輪通りと中央通「さんぽ〜ろ」が
路面電車とぶつかるところは,
信号無視の走っている人が多いですね。
私はだんだん, 走っている人の法律違反度が高い,
という認識になってきています。
要は, 「悪い人」ですね(;_;)。

 閑話休題。むしろ大多数の方々がマスクをかけていて,
そこそこ安心して街中の鉄道設備の中は歩ける,
それが富山と金沢, と言えそうです。