[富山] 手動でしか開けられないかと思っていたら, 自動で開きました(^^;。あいの風とやま鉄道の扉。2020年06月28日 23:04

 あいの風とやま鉄道には,
旧国鉄(現西日本旅客鉄道)から譲り受けた車両が使われています。
その中に, 手動で開く電車があります。
その車両は, 乗降口に入ったらいきなり床が上にあり,
足腰が弱い人には不便な造りです。
逆に, その特徴的な構造のおかげで,
この車両の扉は手動だ, と認識できます。
なんで手動?
経緯はわかりませんが, あいの風とやま鉄道の車両は,
基本的に扉の開閉には, 釦(ボタン)を押すか,
手動で扉を開けるものしかありません。

 その手動扉なのですが,
このところのSARS-CoV-2蔓延の影響で,
扉に触れる機会を少なくしよう, ということで,
自動開閉扉として機能するようになっています。
しかも, 直通のIRいしかわ鉄道線内は手動のまま,
あいの風とやま鉄道線内のみ自動です(^^;。
なんだ, だったら最初から自動扉にしておけばよいのに, ...。

 富山や石川の少なくない方々は,
冬の寒い季節でも, 公共の建物や鉄道の扉を,
開けっ放しにします。
私がかつて勤めていた職場では,
むしろそちらのほうが多かった記憶があります。
全然公共心がない人たちなのだなあとそのときに思ったのですが,
それはどうも正しいようです(;_;)。
最も, 手動で開閉する人も少なくないので,
妙な感じを受けます。

 このところしつこく書いている,
富山県内の高校生がマスクをしていない件ですが,
どうやら越中大門を利用する高校生にも,
そのような高校生がかなりいることがわかりました。
takasho, 富山商業, そして大門, でしょうかね?
公共心がない人を育てる高校は廃止すべきと思いますが,
大人の少なくない人がそのような人達なら,
そもそも公共心がある人を育てられないなあ,
と思うようになってきました。
教員になってはいけない人が教員になっているのでしょう。
困ったことです(;_;)。

 閑話休題。扉の開閉が手動, 全自動ならともかく,
釦(ボタン)を押す方式の車両は,
ううん, そこでSARS-CoV-2を始めとして,
いろいろなものが人伝いに移動していきそうですね。
これからあの釦(ボタン)を押す時には,
何か, ポリ袋のような物を間に持つことにしたほうが良さそう,
そのように思ってきました。

 ウィルス蔓延を, 放射性物質拡散と同様,
素直に受け止められない自分がいます。
こんな仕打ちを受ける必要があるのが,
本当に信じられないのですが,
マスクをしない高校生たちは,
逆にそのような状況を
素直に受け入れている人達なのかも知れません。
もしかしたら, 彼らは凄い人達なのかも, ...。
そう思ったのでした。