[自然栽培] 胡瓜とズッキーニの葉がどんどん大きくなっています。2017年06月24日 23:11

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 プランターの土用には,
放射性物質非検出の土を買っているのですが,
放射性物質以外にも,
肥料分や動物性物質を徹底的に排除してあるようで,
実は, この土での苗の育ちが悪いようです。
多分, 何箇月か何年か, 栽培を続けることで,
土の中の菌が良い状況になれば,
苗の生長も良くなるのかなあと思っております。

 その土以外に, 富山市某所(山のほう)のある方による,
無肥料土をいただき,
これもプランター自然栽培に使わせてもらっています。
これと前者の土には,
同じ時におろした種子から育った苗・株があります。
富山市某所の土で育っているズッキーニと胡瓜が,
すごい勢いで育っています。
というか, 前に露地栽培した時を思い出させる勢いです。
対して放射性物質非検出土だと,
生長はしているのですが, 非常にゆっくりです。
実は, 胡瓜は未だに本葉2枚(;_;)。
対して富山市某所の土はもう10枚以上で, 花も咲き始めました
(まだまだ大きくなる必要があるので, 花と蕾を積んでいます。)。

 葉っぱの色を見ると,
富山市某所の土で育っている葉は,
緑色が濃いです。これって, 肥料分が多いからかなあとも思っています。
実はこの土で育っているズッキーニでは,
本葉がでると, びっしりと小さな虫がつくのでした(;_;)。
しかし先日, この虫を食べてくれる虫が登場しました(^^)/。
どんどん食べてくれて, その黄色い小さな虫はいなくなりました。
食べた虫は, どうやら天道虫の幼虫のようでした。
虫が湧くのは養分過多のためと思われますが,
虫の生態系を利用してその問題が解決されたのを見ると,
生態系は凄いなあと思うのでした。

[自然栽培] 富山地方は梅雨に入ったらしいです。気温が高ければ嬉しいです。2017年06月22日 23:49

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 馬鈴薯が収穫期になってきました。
1つの種芋から, 茎が2本。それぞれに小さな馬鈴薯が1個。
元の種芋よりも小さいです(;_;)。
畑で作った時と全然違います。こんなにも育ちが悪いとは...(;_;)。
陽当たり時間が短いからかなとも思ったのですが,
馬鈴薯生長に, 日照時間はあまり関係ないらしいです。
となると, 朝の冷え込みだったのでしょうかね?

 馬鈴薯の脇にうえた大豆は, 花がどんどん先,
莢ができ, そして膨らんできました。
早生だと, 6月中に収穫できるのかも知れませんね。
以前育てた艶麗(えんれい)は, 7月に種子を埋めたのですが(^^;。
大豆は順調と言えそうです。

 他は, あまり思わしくありません。
トマトやメロンは多くを枯らしてしまいました。
茄子は, 未だに双葉と本葉が1-2枚のまま。
肥料なしの土だから生長が遅いのは分かるのですが,
生長が止まってしまうのは?です。
朝に冷え込んだことが原因と思っています。

 トマトはいくつかの苗でやっと本葉が3-4枚となりました。
私はずっと「横植え」をしたくてうずうずしているのですが,
これから秋に入る迄に,
そのような状態に育つのかも怪しくなってきました(;_;)。

 なかなか難しいですが,
それでも生長している嬉しいですね。

 育つ野菜, 育てている地球環境に感謝です。

[自然栽培] 今のところまともに育っているように見えるのは, 窒素肥料供給のために育てている大豆だけです。2017年06月19日 22:08

 このブログの軸である, ウェブサイトに書いてあるように,
私は一度農家になろうとしましたが, 失敗しました。
しかし, 農家になるのを諦めているわけではありません。
今年度の現在までは, アルバイトが少ないため,
少し時間が取れるので, 久しぶりに家庭菜園によって,
自然栽培をやり始めています。
しかし, ホームセンターで売られている土は栃木県や茨城県産です。
放射性物質が間違いなく混入しており,
西日本を放射性物質で汚染するわけにはいかないですし,
そのような土で育った植物がどのような遺伝情報になるのか,
私にはわかりません。わからないので,
そのような土は使わないようにしております。

 ということで, 放射性物質を含まない土を使って,
プランターで自然栽培をしています
馬鈴薯は90日くらい経っているところで,
3個だけ収穫したことを既に書きました。
馬鈴薯以外にも栽培中なのですが,
ほとんどがうまく育っていないように見えます。
土は買ってきたもので, 雑草の種子や虫の卵はないので,
雑草と虫の「害」がほとんどありません。
(実は, ズッキーニは, 黄色い虫と葉潜り蝿の幼虫に食べられています。)。
なので, 育ちやすいかと思っていたのですが,
水分と温度がうまく言っていないのではないかと想像しています。
うまく育っている唯一の植物が, 大豆です。
窒素分供給のために大豆を植えているのですが,
これは花が咲いて, 多くの莢ができています。
一部の莢は膨らんできました。
早生の大豆なので, あと1月も立たないうちに,
枝豆として収穫できそうです。
しかし, トマトや茄子は, 未だに本葉が1-5枚で止まっています。
もう6月も2/3が過ぎようとしているのですが,
ううん, まあ, こんなものかもしれません。
プランターで育てるのは今年が初めてなので,
「失敗」ではないのでしょう。
もしかしたら今年は,
土へ窒素肥料を与えるだけで十分なのかもしれません。

 植物が育つのを見ることで, 心が癒やされます。
そのことが, 自分だけを癒しているのではなく,
植物の気持ちを高めてくれていたら嬉しいのですが,
植物の気持ちはわからないですよね(^^;。
すでに死んでしまった苗も多数あります。
次の機会(来生ですね)でうまく育つことをお祈りします。

[自然栽培] 枯れた馬鈴薯を掘ってみました。すると, ....(;_;)。2017年06月16日 23:12

 ベランダでの, プランター自然栽培記録です。
今年3月下旬に馬鈴薯の種芋をいくつか購入し,
プランターと土を手に入れ,
そこへ馬鈴薯の種芋を埋め, 栽培しております。
栽培と言っても, 殆どそのままで, 何もしておりません。
否, 途中で早生の大豆を植えております。

 その馬鈴薯ですが, 種芋を埋めてから約90日が経過しました。
そろそろ収穫のはずですが, 実は未だに花が咲いておりません。
あれれ? と思いつつも,
もう葉が完全に萎縮した株を引っこ抜き, 土を掘ってみました。
すると, ...。出てきました, 新しい芋が(^^)/。

 出てきたのは, 1つの種芋に, 3つの芋でした。
あれれ, 少なくない?
以前露地栽培したときには, 5-10個位を収穫したからです。
大きさは, 中位のもの1つと, 小さいもの2つです。

 馬鈴薯のプランターをおいている場所は,
日が1日で6時間くらいしかありません。
生長が良くなかった(と私は考えています)のは,
このせいではないかと想像します。

 育っている株はあといくつかあるのですが,
実は今日収穫した株と比べると, 生長がずっと弱いのです。
丈が低く, 葉の枚数が少なく, そして何よりも,
生長が遅いのです。
というよりは, 今日収穫した株が異様に速く成長しました。
その株でこの数の馬鈴薯なので,
他の株は, 株1つあたり,
芋が1個あるかないかではないかと想像します。

 ともあれ, 馬鈴薯を収穫できたことに感謝します。 
このプランターでは, 窒素供給目的で植えた,
早生の大豆が育っています。芋を掘り起こした時,
大豆の根が張り巡っていたのですが,
根粒菌は全くありませんでした。
あれれ, 何のために大豆を植えたのでしょう(^^;。
根粒菌の生長は何時頃からなのでしょうかね?
この, 早生の大豆は, 既に莢もできています。
こちらの収穫も楽しみです。

 自然に感謝です。

[自然栽培] 馬鈴薯の一部が枯れ始めました。あれれ, 未だ花が咲いていないのですが...?2017年06月12日 23:18

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 このブログの入り口にある「ホームページ」で書いたように,
このウェブサイトは, 私が農業に従事したのに,
わずか半年で挫折したことから始まっています。
自前の畑もない, すみかもない, 貯金も殆ど無い,
そのような状況では,
1年2年収穫がなくても生活できるという保証がないため,
農業で生きるのは無理だと判断したのでした。
しかし, 自然栽培への憧れは強く残っていて,
ほんの僅かお金ができたのと,
今のところ, 例年よりもアルバイトが減ってしまっているので,
なら, プランターで自然栽培をしよう,
ということで, 小規模の自然栽培を始めております。
富山市街中での自然栽培, と言ったところでしょうか。

 いくつかの野菜が育つのを手助けしているのですが,
今日は馬鈴薯(じゃがいも)の話です。
馬鈴薯は, 種芋に栄養があるので,
土がやせていても育つ野菜だということで,
自然栽培には適当だろうという考えと,
以前畑を借りていた時にうまく行かなかったので,
今回はうまく栽培出来たらなあ, という思いから,
馬鈴薯生長を手助けしています。

 畑で作っていた時は,
二十八星天道(にじゅうやほしてんとう)を多数見たのですが,
富山市街中のベランダに
ご飯があると気がついた虫はいなかったようで,
今のところ, 虫の害は全くありません。
ただ, 異様に生長が遅いものや,
葉に茶褐色の斑点が出るものがありました。
そのような状況の中, 先週は富山市街中に強風が吹きました。
その結果, ある高さ(プランターのヘリの高さ)以上の茎の部分が
折れてしまいました(;_;)。
その後, 枝が折れた株は, 葉も茎も黄色くなってしまいました(;_;)。
種芋を埋めてから80日くらいたっているので,
もしかしたら, そろそろ収穫なのかもしれませんが,
その目安となる開花はまだです。
ううん, やっぱり途中で枯れてしまったのかもしれませんね。

 ベランダなので, 畑とは違い, 日光が当たる時間は短く,
今の時期だと, 僅か6時間しか直射日光があたりません。
これは露地栽培の畑と比べると, 生長条件が良くありません。
しかし, 畑へ移動が,
布団から出て, 扉を何枚か開けて外へ出たら終わり,
というのは, 非常に楽ですし, 時間も要りません。
長靴に履き替えることもありません。
土を踏まないのは, どうかなあとも思うのですが,
現実に住まいから遠くの畑を借りて,
そこへの往復移動時間がないことを考えると,
十分満足できる作業環境と言えます。
あとは, うまく成長して収穫できれば良いだけなんですが...。
上に書いた完全に枯れているようであれば,
近々掘ってみます。
花も咲いていない段階なので, 芋ができていても未成熟かな?
それでも, 芋がごろごろ転がっていたら嬉しいのですが...。

[自然栽培] トマトに漸く数枚の本葉が出てきました。2017年06月10日 22:42

 ベランダでのプランター自然栽培記録です。

 トマトを4月下旬から種子をおろしているのですが,
どうやら気温が低くて, 早朝に根がやられたものがいくつかあり,
また, 双葉が出るまで育ったものの,
それからずっと双葉だけのままという状況でした。
このまま枯れるのかと思っていたのですが,
生き続けている苗のほうが多いです。
そのような中に, 本葉が育ち始めた苗が出てきました(^o^)/。
待ちに待った本葉です。
突起にしか過ぎなかった本葉が,
双葉と違ってトゲトゲの葉になっていて,
一番育ったものは3枚目が出ています。
漸く双葉よりも大きな本葉となりました。

 この調子でいけば, トマトの苗は,
少なくとも5本以上となっています。

 自然栽培だから,培養土の肥料もない状態で育ち始めています。
富山市街中での栽培だと,
深夜早朝の寒さ(10℃を切る状況でしょうか? )に耐えられるのは,
6月に入ってからなのかもしれません。

 これからも枯れずに育つことを祈ります。

[自然栽培] 窒素分供給のための大豆, もう花が咲いたようです。2017年06月05日 22:52

 今年(2017年)から, ベランダでプランター自然栽培を始めました。
いくつか育つ手伝いをしていますが,
育つための「肥料」として, 大豆も育てています。
大豆が生長するときに,
大豆の根で生長する根粒菌を活用するためです。

 本来育って欲しい作物がうまく育っていないものもあるのですが,
大豆はこれまでのところうまく育っています。
早生のもので, 4月末に種子をおろしました。
それがどうやら, ここ数日の間に開花したようです。
なぜ開花「したよう」と書いたかというと,
花らしき白い物が, あまりにも小さいからです。
以前, 艶麗(えんれい)を育てた時には,
大きくはないですが, 赤い, はっきりと花と分かる花が咲いたのですが,
今育っている大豊緑枝豆の花らしきものが,
とても小さい花らしく, そして, 艶麗と違って白かったので,
花のかなあ, と思ったのです。
数日経ったら, 莢らしいものができているのがわかったので,
あれは花だったのだ, と認識しました。

 双葉, 最初の本葉(2枚),
3枚で1組の本葉の順で出てきましたが,
花も3つで1組のようです。真ん中の花が先に咲き,
ついで残り2つが咲いているようです。
大豆については, その生長よりも, 肥料の役割を期待して育てています。
でも, 前に艶麗を育てている時に,
枝豆がとても美味しいことを知ってしまったので,
今回も, 早生大豊緑枝豆の枝豆を食べたいなあと思っています(^^;。


 これまでのところ, 葉に穴が空いている箇所が有り,
虫のせいかなと思っていますが,
以前露地栽培した時のような,
椿象(かめむし)の被害はまだ出ていません。
そのうち椿象が出てきたり,
まめしんくいが(豆芯食蛾?)の幼虫がやってきたら大変なことに...。
今のところはそれらは,
富山市街中菜園に気がついていないようです(^^;。

 自然に感謝です。

[富山街中] 朝の冷え込みが厳しい(;_;)。ベランダ自然栽培苗が弱っています(;_;)。2017年06月03日 23:01

 日中の30 ℃を越える日もあった富山市街中ですが,
ここ数日, 早朝が寒いです。半袖で外へ出ると寒いです。
ウェブで最低気温を見ると, 12-13 ℃だったのだそうです。
ベランダでやっているプランター自然栽培の苗が,
いくつか枯れていました。多分, この冷え込みも原因の1つでしょう。

 トマトが全然育っていません(;_;)。
ずっと双葉だけだったのが,
いくつかからは本葉の突起が見え始めましたが,
それでも本葉はまだ2-5 mmくらいの長さで,
6月だというのに, 双葉のほうが大きい状況です。
以前畑でお手伝いをした時は,
トマトは簡単に成長したので,
今回は正直あれれ, な思いがしています。
トマトだけでなく, 茄子にもお亡くなりになった苗があります(;_;)。

 私の栽培方法に問題があることが主原因なのだろうとは言え,
気温が下がるのは厳しいですね。
ベランダにハウスを建てましょうかね....。

 途中までうまく育っていたかのような馬鈴薯が,
このところ全然大きくなっていません。
アルバイト先への移動中に,
いろいろな方がされている畑の馬鈴薯を見ると,
どうやら花が咲いています...。
もうそんな時期なんですね。
今私が生長を手助けしている馬鈴薯が開花したら,
多分芋は大きくは育たないでしょう。

 他の人の畑を見て, どうしても自分が関わる野菜と比べてしまいます。
本当は比べることに大きな意味はなく,
それぞれの野菜がそれぞれの育ち方をすればよいはずですが,
気になってしまいますね。
人との違いから不安を生じてしまう人の気持ちが,
少しわかったような気がします。

 栽培している野菜が美味しく育つことを祈るのみです。

[自然栽培] 種子から育てているトマト。やっと本葉が出てきました。2017年05月29日 23:20

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。
ずっとトマトが双葉のままでいることを書いてきました。
漸く一部の苗から, 本葉と分かる葉が,
双葉の間から出てきていました。
とても嬉しいはずなのに, 待ちくたびれてしまいました。
もう老化苗。諦めていたところです。

 種子をまく時期を3回に分けたのですが,
発根の時は室内の温床でしましたが,
その後は外へ放置です。
なので, 自然現象による気温変化に任せていたわけです。
その結果, 4月中ごろと, 5月初めに種子をおろしてできた苗は,
ほぼ同じ時期に本葉を出し始めたのです。

 これは, 4月中ごろの苗は「老化苗」ではなく,
富山市街中ベランダの気温だと,
やっと今頃本葉が出る, と考えるほうが良いのかなあ,
と思うようになってきました。

 ともあれ, もしかしたら, トマトの双葉のいくつかは,
本葉が育ち, 更に生長する可能性が見えてきました。

 トマトと同じ頃に種子をおろしたズッキーニは,
既に本葉が5枚くらい出ているので,
どうしてもそれと比べてしまいます。
あるいは, DIY店で売られている苗は,
既に花を咲かせていることと比べてしまいます。
しかし, ベランダで育っているトマトは,
それなりに「順調」に育っていると考えると,
比べることの無意味さが分かってきました(^^;。

 ともあれ, トマトのさらなる生長に期待することにします。

[自然栽培] 種子を水に入れた翌日にもう発根。暑くなってきたからでしょうか?2017年05月28日 23:57

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 先日, 小松菜のプランターを準備し,
種子をまく前に種子を水につけておきました。
これまでズッキーニやトマト等,
翌日に発根していることはなかったので,
小松菜も2-3日後に発根だろう, と,
勝手に予測していました。

違いました。
翌日には長い根が出ていました。
これはびっくり。
アルバイト先から夜帰ってそのことに気が付き,
夜に種子を蒔きました(^^;。

 小松菜は, 年中無休で育てられるとのこと。
今から楽しみです。