[自然栽培] 春菊と甘藍(キャベツ)が発芽しました(^^)/2017年10月17日 23:16

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 この秋からは, 馬鈴薯, 大根, 蕪, 小松菜を植えてきました。
更に春菊と甘藍(キャベツ)の種子もおろしてみました。
このところ20℃を切って, 日も出ない日が続いていますが,
ありがたいことに発芽しました(^^)/。
甘藍(キャベツ)の双葉って, 春菊の双葉よりも小さいのですね。
葉の一番長いところでも, 1 cmもない双葉。
この大きさから, あの甘藍(キャベツ)になってくれたら,
とても嬉しいですよね。

 馬鈴薯は, 生長の差が激しいままです。
育っていない芋は, あのままで終わりかも知れません。
大根は, プランターの土の違いがはっきり出ています。
放射性物質非検出の土を2種類使っているのですが,
一方はとても順調に育っているのですが,
もう一方は, やっと本葉が出始めているような状況です。
土の中の何に違いの原因があるのか,
機会があったら化学分析したいものですが,
もう化学分析をしなくなってかなり経ってしまいました。
ホールピペットをうまく使えなくなっていたりして(;_;)。
閑話休題。あまり育ちが良くない大根に,
どういうわけか虫がいて葉を食べています。
大きな方にもいないわけではないのですが,
あんなに大きな葉っぱなのになぜ虫が来ないのでしょう?
そして, 滅茶苦茶貧相な方に虫が来るのです。
購入土なので, 土には虫の卵はいないでしょうから,
親である蛾が飛んできて, この大根なら子供が育つと考え,
卵を産んでいったのでしょう。
その際, 弱々しい大根に卵を産んだのだと思うのですが,
蛾にとって, 弱々しい大根のほうが好みなのでしょうかね?
この辺り, 化学物質を研究できたらとても楽しそうなのですが, ...。

 ともあれ, ベランダの自然栽培は,
9月から購入した新しい放射性物質不検出の土を使うようになって,
とても調子良く進んでいるように見えます。

 今日は, 間引きした大根の葉と, 蕪をいただきました。
蕪は, 根っこがほんの少しだけですが, 太くなっていました。
いただくと, やや辛味を感じました。
小さいですが, やっぱり蕪です(^^)/。
順調に育っているようです。

 自然に感謝です。

[自然栽培] 大根と蕪を間引きしました。間引き菜を美味しくいただきました(^o^)/2017年10月02日 23:24

 富山街中にある住まいのベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 秋冬野菜として, 馬鈴薯と大根, 蕪の種子を蒔きました。
これから更に小松菜と法蓮草他も蒔く予定です。
大根と蕪は, 順調に発芽し,
プランターによっては, 本葉も2-3枚出てきたので,
間引きしました。間引き菜は,
大根については塩茹でして, ラーメンに入れていただきました。
蕪についてはそのままサラダのようにしていただきました。
大根は, そのままだと辛味を感じましたが,
塩茹でしたら辛味がなくなり, 食べやすくなりました。

 なるほど, 根が育つ前の段階でも, 野菜として頂けます。
ありがたいことですね。

 この秋から買っている放射性物質非検出の土は,
とても良い感じで, 前に買った土は, 大根は未だに本葉1枚です。
同じ放射性物質非検出の土なんですが,
作られている方・組織が違うと,
こんなにも違うものかと驚いています。
どちらも無肥料をうたっているのですが,
ううん, 何が違うんでしょう(^^;。
ともあれ, 大根と蕪がうまく育っているようで,
私としてはとても嬉しいです。

 自然に感謝です。

[自然栽培] 遅すぎたかも知れませんが, 馬鈴薯が発芽しました(^o^)/2017年09月27日 23:41

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 今年(2017年)の春から, ベランダにプランターを置き,
自然栽培(無農薬無肥料)で野菜を育てようということで,
自然栽培を始めました。
その始まりが馬鈴薯でした。十勝こがねという馬鈴薯を育てました。
いただきものの富山市内某所の土と,
購入した放射性物質非検出土を使って栽培しました。
結果として前者は種芋1個から1-2個,
後者は種芋1個から1個の収穫がありました。
後者は, 元の種芋よりも小さい芋でした...。
どうも, 購入した放射性物質非検出の土は,
肥料が無い以外にも何か問題があるようで,
馬鈴薯は育ってくれましたが,
トマトや茄子, 胡瓜は, 本葉が出てから生長が止まる状況でした。
何とかならないかと, 大豆を植え,
窒素分を大豆に供給してもらうことにしたものの,
その大豆の生長も, 富山市某所の土と比べると極めて悪いです...。

 その土を再び, 馬鈴薯を育てることに使うことにしました。
夏に大豆を育てたから, 少しは窒素分が増えている, かな?
窒素分の分析ってどうやるのかな?
アンモニウムイオンと亜硝酸イオン, 硝酸イオンを分析するのでしょうか?
となると, イオンクロマトグラフィーでしょうかね?
機会があったら勉強して,
知っている大学の某教授と相談してみます。
それはともかく,
2回目の馬鈴薯生長です。
秋に馬鈴薯を埋めるのが8月下旬だということを全く知らず,
9月の上旬に, わずかしか売られていなかった種芋を買って,
埋めたのでした。
20日以上経って, 発芽してくれたのでした(^o^)/。

 9月は気温が高い日が多く,
恐らく馬鈴薯の生長には良かったのでしょう。
10月からどうなることやら。

 ともあれ, 発芽した姿を見るのは嬉しいですね。

 自然に感謝です。

[自然栽培] 富山蕪も発芽しました(^^)/2017年09月24日 23:56

 富山市街中での, ベランダでのプランター自然栽培の話です。
大根に続き, 富山蕪も発芽しました。
種子があまりにも小さいので, 5 mm位の間隔で筋播きにしましたが,
どうやらほぼ全てが発芽したようです。
新しく購入した放射性物質非検出の無肥料の土でどう育つか?
楽しみです。

 ちなみに先日いくつか発芽した大根は,
9割近くが発芽しました。

 発芽を見ると嬉しくなるのは,
私の本能の反応なのでしょうね。
本当にとても嬉しいです。
すくすく育って, 一部は葉と根をいただき,
一部は種子になることを祈りつつ,
水を蒔きました。

[自然栽培] 大根の発芽(^^)/2017年09月23日 22:47

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 胡瓜は完全に枯れましたが,
大豆, ズッキーニが今も生きています。
ズッキーニは, 今でも雄花が綺麗に咲きます。
ですが, 新しい本葉は大きくならなくなりました。

 秋冬の野菜として, 大根を育ててみることにしました。
プランターで大根? 深いプランターを買いました。
問題は土です。放射性物質不検出の土をインターネットで買いましたが,
肥料分がほぼ全くなく, 夏野菜のトマトや茄子は,
発芽後全然育たなかった土なのです。
バーク堆肥, 木炭を混ぜてみて, 大根で再挑戦です。
この土以外に, 別な組織が出している,
放射性物質不検出の土も新たに買いました。
こちらは, 貰い物である, 富山市某所の土ととても似た見かけで,
なんとなく良さそうな予感がしています。

 大根の種子をまいて3日で, もう発芽していました。
新しく買った, 放射性物質不検出な, 無肥料の土です。
久しぶりに, 大豆以外の発芽を見て,
可愛い双葉の姿に見とれておりました(^^;。

 この土が良いような気がしたので,
土を追加購入して, 他の野菜も育ててみようかと考えております。

 自然に感謝です。

[自然栽培] 胡瓜は, 雌花だけ咲いて, そして結実前に枯れます(;_;)。もう終わりなんでしょうね。2017年09月04日 23:49

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。
富山市某所から頂いた土については,
ズッキーニ, そして胡瓜が育っています。
しかしどちらも, そろそろ終わりという状況です。

 ズッキーニは, 未だ新しい葉や花が出てきますが,
葉はもう小さく, いっときの勢いはありません。
可哀想なことに, 1株しか育たなかったため,
結実させられませんでした。

 胡瓜は, 8月の半ば頃迄元気だったのですが,
それ以降は, 葉が枯れて行く一方で,
花が咲いても, 実が大きくなる前に枯れるという状況が続いています。
このところは, 咲く花がのほぼ全て雌花です。
種子を残すぞ, という胡瓜の意志の現れでしょうか?
しかし, 実が途中で枯れてしまいます。

 今年は, 放射性物質不検出培養土を大量に買って,
いくつかの野菜を育てたのですが,
この培養土でうまく育ったのは, 大豆と馬鈴薯だけでした。
トマトや胡瓜, 茄子といった,
家庭菜園の定番は, 発芽から双葉が開くまでは順調でしたが,
奔馬がなかなかでで来ないでいました。
それでいて枯れませんでした。
肥料を含んでいない土だったのですが,
一応腐葉土やバーク堆肥も混ぜてはおりました。
しかし, 殆ど全く生長しなかったのが,
肥料分がたりなかったからだろうと想像しています。
仕方がないので, 大豆を育て, 窒素肥料分を蓄積させているところです。

 今ある土の大半に肥料分がないことから,
秋の野菜として考えていた白菜は諦めました。
大根を試してみるつもりです。
富山市某所の土, 放射性物質不検出培養土+腐葉土で,
どう育ち方が違ってくるか, また観察していくことになるでしょう。

 自然に感謝です。

[自然栽培] ベランダのプランター自然栽培の反省。土作りから始めるべきでした。2017年08月02日 22:17

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 農業を半年だけし, 木村秋則氏の自然栽培塾に2年出席し,
中途半端な経験から始めた, プランター自然栽培ですが,
5箇月経った今の段階での反省は,
初年度(あと数年?)は, 土作りに徹するべきだった,
というものです。

 住まいは富山市街中で, 庭はありません。
畑のための土を買おうとしても,
ホームセンターでは栃木県や茨城県のもの,
つまり, 被曝を考えたら, とてもではないが使えない土しかありません。
インターネットで検索したら,
放射性物質不検出培土というのがあり,
これを買って, 土にしました。
この土は, 放射性物質不検出のみならず, 肥料分が入っていないことも
宣伝になっていました。まさに自然栽培向け。
しかし, 肥料がないことがどういうことになるのか,
私には想像できていませんでした。
大豆は育ちました。枝豆をいくらか頂けました。
種芋がある馬鈴薯も育ちました(実はとても小さかった)。
しかしそれ以外は, ほぼ失敗に終わりました。
トマト, 胡瓜, 茄子, ズッキーニ等, 定番の夏野菜は,
全て双葉発芽までは順調でしたが, なかなか本葉が出ず,
本葉が出ても生長せず, 新しい本葉が出たら, 前の本葉が枯れる,
という状況が続き, 葉は全然大きくなりませんでした。
大変残念ですが, 今日をもって,
栽培を止めることにしました。

 ほぼ同じ条件で,
土だけ違う条件で育っている
胡瓜, ズッキーニは, 大きく成長しています。
ズッキーニは, 悲しいことに, 1株だけしか育たなかったので,
雌花が咲いても受粉できません。
仕方なく, 雌花が咲く前に収穫しております。
胡瓜は2株が順調に育っています。
買った土以外の土があって,
土の違いをまざまざと見せつけられました。
そして, このもらった土がなかったなら,
全く育たなかった野菜を見て,
私は悲しみのどん底に叩き降ろされていたことでしょう。
木村秋則さんに何か言っていたかも知れません。

 苗が大きく育たず, でも枯れなかったことから,
窒素供給に問題があったと考えました。
正しければ, 大豆を多数植えることで,
来年度の畑の土にできるかなと考えております。
ということで, これからは,
大豆や隠元豆, 小豆などの豆類を育てていく予定です。

 うまくできませんでしたが, 種子, 土, 自然に感謝します。

[自然栽培] 胡瓜が斑点細菌病に...2017年07月29日 23:51

 ベランダでの, プランター自然栽培の記録です。

 今年から始めた自然栽培ですが,
肥料なしの, 放射性物質非検出培土では,
種子の発芽までは良いのですが,
以降生長が抑制されてしまいました。
枯れないけれど小さいまま, という状況です。
素人考えでは, 土の中の窒素分が絶対的に少なくて,
新しい根が伸びたら, そこにある極僅かな窒素分をほぼ全て消費し,
後は, 極わずかにいる微生物のおかげで
少しは供給される窒素分をほそぼそと頂いて生きているのでは,
という仮説に至りました。

 それ以外に, 富山市某所から頂いた土があり,
これで胡瓜を栽培しています。こちらはぐんぐんと育ち,
2-3本かの収穫にまで至っています。
その胡瓜ですが, このところ弱っていると感じられます。
雌花が咲いて枯れてしまいます(;_;)。
雌花が多すぎるようなので, 積む必要がありそうです。
それよりも大きな問題があることに気が付きました。
斑点細菌病らしい症状が見られているのです。
あらら(;_;)。
この症状は, 水をやり過ぎると起こるということですが,
このところ激しい雨が続いているため,
水は殆どやっていません。
それでも雨のせいで水が, 湿気が多過ぎるのだと想像しています。
湿気を抑えることで症状は改善されるようですが,
雨を止めることはできません(;_;)。
2 メートルくらいあるので, 雨よけをつくるのは難しいですし。

 ほぼ唯一うまく育っているこの胡瓜が
枯れてしまうことがないことを
祈るしかありません。

[自然栽培] 受粉させられないズッキーニの雌花を収穫しました。2017年07月22日 23:42

 ベランダでのプランター自然栽培の記録です。

 ズッキーニを栽培していますが,
3つの苗のうち, 富山市内某所の土で育った苗はすくすく育ち,
おおきな株となり, 雄花と雌花を咲かせました。
放射性物質非検出土の苗は, 枯れはしないものの,
全く大きくならず, 小さな新しい本葉が出たら,
古い本葉が枯れ, を繰り返しているだけ。

 ということで, 1株だけうまくズッキーニが育っています。
これは, 受粉させないと実を結ばないズッキーニには酷なことです。
花粉がないので, 雌花が咲いても, 実を結べないですから。
以前育てた時にそのことを知らずにいたら,
咲いた雌花が, 株についたまま腐っていったので,
以降, 必ず受粉させるようにしていました。

 今回は, 受粉させようにも, 他の株がありません(;_;)。
仕方がないので, 咲いたばかりの雌花を収穫しました。
美味しくないのかも知れませんが,
長さ5 cm位の実になりかけです。

 放射性物質非検出の土では, 大豆と馬鈴薯以外は,
双葉の段階からの生長が著しく抑えられています。
そう, 育たないというよりも,
育つのが抑えられているように感じます。
肥料分が混ざっていないので,
自然栽培には理想的な土なのですが,
まさか, 大豆と馬鈴薯以外が,
こんなにも肥料分がないと育たないとは,
思ってもおりませんでした
(私が考えた, 現段階での育たない理由なので,
本当の原因は他にある可能性があります。)。
秋から白菜とか大根を育てたいなあと思っていたのですが,
この土では育たないのでしょう。
なら, 今から大豆と, 秋の馬鈴薯だけに絞って育てようかと
考えているところです。

 ともあれ, 自然に感謝です。

[自然栽培] 胡瓜を収穫出来ました(^o^)/2017年07月16日 22:33

 ベランダでのプランター自然栽培の記録です。

 4月20日頃に種子を水につけて始めた胡瓜の栽培ですが,
富山市某所の土で育った苗2つが200 cmを越えて育っています。
放射性物質非検出の土で育った苗は, 未だ5 cm位(;_;)。
この差は何なのだろう?
たまたま富山市某所の土を頂けたので,
野菜がうまく育たないのは,
どうやら土に原因があるようだ, と気付けたのでよかったのですが,
ううん, 放射性物質非検出土では,
発芽して双葉が開く迄は問題なく成長しますが,
それから, 本葉が出ない, 出てきても生長が著しく遅い,
等の問題と直面しています。
何が原因なのかさっぱりわかりません(;_;)。

 ということで, 富山市某所の土で育った胡瓜は順調,
なのでしょう。以前借りていた畑の露地栽培よりも順調かも?
「順調」と書きましたが, この株で最初に出来た雌花は,
見が大きくなる前に枯れてしまいました(;_;)。
なので今日収穫できたことにより一層感謝しております。

 画像を見ると, なんとなく未だ太くなりそうな気がしますが,
長さが結構あるので, 収穫したのでした。

 未だ頂いていませんが, 多分味は普通の胡瓜なのでしょう(^^;。
四葉胡瓜(すーよーきゅうり)という種類です。
無農薬無肥料で育てました。
私の手で受粉させたつもりですが,
胡瓜は勝手に結果しますので,
私がやったことは無意味だったかも知れません。

 多分美味しく実った胡瓜と自然に感謝します。
ありがとう!!(^^)/