[自然栽培] ベランダのプランター自然栽培の反省。土作りから始めるべきでした。2017年08月02日 22:17

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 農業を半年だけし, 木村秋則氏の自然栽培塾に2年出席し,
中途半端な経験から始めた, プランター自然栽培ですが,
5箇月経った今の段階での反省は,
初年度(あと数年?)は, 土作りに徹するべきだった,
というものです。

 住まいは富山市街中で, 庭はありません。
畑のための土を買おうとしても,
ホームセンターでは栃木県や茨城県のもの,
つまり, 被曝を考えたら, とてもではないが使えない土しかありません。
インターネットで検索したら,
放射性物質不検出培土というのがあり,
これを買って, 土にしました。
この土は, 放射性物質不検出のみならず, 肥料分が入っていないことも
宣伝になっていました。まさに自然栽培向け。
しかし, 肥料がないことがどういうことになるのか,
私には想像できていませんでした。
大豆は育ちました。枝豆をいくらか頂けました。
種芋がある馬鈴薯も育ちました(実はとても小さかった)。
しかしそれ以外は, ほぼ失敗に終わりました。
トマト, 胡瓜, 茄子, ズッキーニ等, 定番の夏野菜は,
全て双葉発芽までは順調でしたが, なかなか本葉が出ず,
本葉が出ても生長せず, 新しい本葉が出たら, 前の本葉が枯れる,
という状況が続き, 葉は全然大きくなりませんでした。
大変残念ですが, 今日をもって,
栽培を止めることにしました。

 ほぼ同じ条件で,
土だけ違う条件で育っている
胡瓜, ズッキーニは, 大きく成長しています。
ズッキーニは, 悲しいことに, 1株だけしか育たなかったので,
雌花が咲いても受粉できません。
仕方なく, 雌花が咲く前に収穫しております。
胡瓜は2株が順調に育っています。
買った土以外の土があって,
土の違いをまざまざと見せつけられました。
そして, このもらった土がなかったなら,
全く育たなかった野菜を見て,
私は悲しみのどん底に叩き降ろされていたことでしょう。
木村秋則さんに何か言っていたかも知れません。

 苗が大きく育たず, でも枯れなかったことから,
窒素供給に問題があったと考えました。
正しければ, 大豆を多数植えることで,
来年度の畑の土にできるかなと考えております。
ということで, これからは,
大豆や隠元豆, 小豆などの豆類を育てていく予定です。

 うまくできませんでしたが, 種子, 土, 自然に感謝します。

[自然栽培] 胡瓜が斑点細菌病に...2017年07月29日 23:51

 ベランダでの, プランター自然栽培の記録です。

 今年から始めた自然栽培ですが,
肥料なしの, 放射性物質非検出培土では,
種子の発芽までは良いのですが,
以降生長が抑制されてしまいました。
枯れないけれど小さいまま, という状況です。
素人考えでは, 土の中の窒素分が絶対的に少なくて,
新しい根が伸びたら, そこにある極僅かな窒素分をほぼ全て消費し,
後は, 極わずかにいる微生物のおかげで
少しは供給される窒素分をほそぼそと頂いて生きているのでは,
という仮説に至りました。

 それ以外に, 富山市某所から頂いた土があり,
これで胡瓜を栽培しています。こちらはぐんぐんと育ち,
2-3本かの収穫にまで至っています。
その胡瓜ですが, このところ弱っていると感じられます。
雌花が咲いて枯れてしまいます(;_;)。
雌花が多すぎるようなので, 積む必要がありそうです。
それよりも大きな問題があることに気が付きました。
斑点細菌病らしい症状が見られているのです。
あらら(;_;)。
この症状は, 水をやり過ぎると起こるということですが,
このところ激しい雨が続いているため,
水は殆どやっていません。
それでも雨のせいで水が, 湿気が多過ぎるのだと想像しています。
湿気を抑えることで症状は改善されるようですが,
雨を止めることはできません(;_;)。
2 メートルくらいあるので, 雨よけをつくるのは難しいですし。

 ほぼ唯一うまく育っているこの胡瓜が
枯れてしまうことがないことを
祈るしかありません。

[自然栽培] 受粉させられないズッキーニの雌花を収穫しました。2017年07月22日 23:42

 ベランダでのプランター自然栽培の記録です。

 ズッキーニを栽培していますが,
3つの苗のうち, 富山市内某所の土で育った苗はすくすく育ち,
おおきな株となり, 雄花と雌花を咲かせました。
放射性物質非検出土の苗は, 枯れはしないものの,
全く大きくならず, 小さな新しい本葉が出たら,
古い本葉が枯れ, を繰り返しているだけ。

 ということで, 1株だけうまくズッキーニが育っています。
これは, 受粉させないと実を結ばないズッキーニには酷なことです。
花粉がないので, 雌花が咲いても, 実を結べないですから。
以前育てた時にそのことを知らずにいたら,
咲いた雌花が, 株についたまま腐っていったので,
以降, 必ず受粉させるようにしていました。

 今回は, 受粉させようにも, 他の株がありません(;_;)。
仕方がないので, 咲いたばかりの雌花を収穫しました。
美味しくないのかも知れませんが,
長さ5 cm位の実になりかけです。

 放射性物質非検出の土では, 大豆と馬鈴薯以外は,
双葉の段階からの生長が著しく抑えられています。
そう, 育たないというよりも,
育つのが抑えられているように感じます。
肥料分が混ざっていないので,
自然栽培には理想的な土なのですが,
まさか, 大豆と馬鈴薯以外が,
こんなにも肥料分がないと育たないとは,
思ってもおりませんでした
(私が考えた, 現段階での育たない理由なので,
本当の原因は他にある可能性があります。)。
秋から白菜とか大根を育てたいなあと思っていたのですが,
この土では育たないのでしょう。
なら, 今から大豆と, 秋の馬鈴薯だけに絞って育てようかと
考えているところです。

 ともあれ, 自然に感謝です。

[自然栽培] 胡瓜を収穫出来ました(^o^)/2017年07月16日 22:33

 ベランダでのプランター自然栽培の記録です。

 4月20日頃に種子を水につけて始めた胡瓜の栽培ですが,
富山市某所の土で育った苗2つが200 cmを越えて育っています。
放射性物質非検出の土で育った苗は, 未だ5 cm位(;_;)。
この差は何なのだろう?
たまたま富山市某所の土を頂けたので,
野菜がうまく育たないのは,
どうやら土に原因があるようだ, と気付けたのでよかったのですが,
ううん, 放射性物質非検出土では,
発芽して双葉が開く迄は問題なく成長しますが,
それから, 本葉が出ない, 出てきても生長が著しく遅い,
等の問題と直面しています。
何が原因なのかさっぱりわかりません(;_;)。

 ということで, 富山市某所の土で育った胡瓜は順調,
なのでしょう。以前借りていた畑の露地栽培よりも順調かも?
「順調」と書きましたが, この株で最初に出来た雌花は,
見が大きくなる前に枯れてしまいました(;_;)。
なので今日収穫できたことにより一層感謝しております。

 画像を見ると, なんとなく未だ太くなりそうな気がしますが,
長さが結構あるので, 収穫したのでした。

 未だ頂いていませんが, 多分味は普通の胡瓜なのでしょう(^^;。
四葉胡瓜(すーよーきゅうり)という種類です。
無農薬無肥料で育てました。
私の手で受粉させたつもりですが,
胡瓜は勝手に結果しますので,
私がやったことは無意味だったかも知れません。

 多分美味しく実った胡瓜と自然に感謝します。
ありがとう!!(^^)/

[自然栽培] 受粉が必要な果菜で, 問題発生(;_;)2017年07月10日 21:04

 ベランダでのプランター自然栽培記録です。

 これまでいくつかの野菜の栽培をしてきましたが,
結果は良くありません。発芽して双葉迄は行きますが,
そこから双葉で止まる, あるいは双葉から本葉が出ても,
本葉が小さいまま, という状況の野菜が殆どです。
原因として考えているのは,
そうなった野菜を育てている土が共通していることから,
その土に原因があるだろう, ということです。
この土はインターネット経由で購入したものです。
実はその土以外に, 富山市某場所の畑の土も頂いて,
プランター栽培をしたのですが, そちらで育っている野菜は,
これまでのところ順調に育っているのです。

 今日は, この, 順調に育っている野菜2つの話です。

 1つはズッキーニです。種子3つから育てたのですが,
富山市某所の土で育った1株は順調に育ち,
もうすぐ雌花が咲きそうです。
しかし, 雌花に受粉させるためには, 別の株が必要です。
残る2株は, 富山市某所の土とは異なり,
生長が非常に遅く, かといって枯れるでもなく,
全然大きくならない状態で生きている状況です。
受粉させるための花を咲かせると,
その株の養分が全て花に行ってしまい,
結果として株が死んでしまう, そうなりそうな位小さいのです。
ということで, ズッキーニの雌花は,
開花後に腐ることになるでしょう(;_;)。

 もう1つは胡瓜です。胡瓜は種子5つから育て,
全て今も生きているのですが, 順調に育ったのは,
富山市某所の土で育っている2株だけで,
残る3株は, 小さいままでやっと生きている, そんな状況です。
ということで, 胡瓜については, ズッキーニと違って,
雄花雌花が咲く株が2つあり, 実際にどちらも咲いています。
丈も180 cm近くまで大きくなったので,
雌花に相手の雄花を摘んで「人工受粉」させたのでした。
しかしです, 「人工受粉」させて3日ほどになるのですが,
実がだんだん細くなってきてしまいました(;_;)。
うまく受粉していたら逆に太くなるはずなのです。
ベランダにはあまり虫が飛んでいない
(しかし, 小松菜を食べる我の幼虫はいます(;_;))ので,
虫による受粉は期待できません。
ということで「人工受粉」させたつもりだったのですが,
それで枯れようとしているので, (;_;)なわけです(;_;)。

 原因が全然思い当たりません。
葉っぱは大きく育っていますが, うどんこ病にはなっていないですね。
ウリハムシが1-2匹飛んでいたのを見たことがあり,
実際に1-2枚だけ葉が食べられていますが, ほんの少しだけです。
なので, 胡瓜が病気になっているとか, 虫の害を受けている,
のではなさそうです。

 ともあれ, もう少しで実がなるというズッキーニと胡瓜の栽培で,
躓いてしまっています。他は, 実がなる以前の段階(;_;)。
トマトと茄子は酷いです。茄子は苗が全く大きくならないですし,
トマトはやっと高さが5 cmを超えたところ。
また, 違う土の胡瓜も全然育っていません。
土に問題がありそうとはわかったのですが,
ではどうすればよいのか, さっぱりわかりません。
双葉から先に育たないのであれば,
木村秋則式自然栽培で登場する,
大豆による窒素分供給は, 使えません。
双葉の段階で大豆をうめたら, 生長が大豆に追い抜かれるからです。

 沢山の課題で, このところ, ベランダに出るのが嫌になっています。
いかんいかん。新しい野菜を種子から育てることで,
気分を改めようと考えております。

 どなたか, この上の文だけで,
状況が判断でき, 「こうすれば良い」というご提案がありましたら,
ご連絡下さい。

[自然栽培] 収穫した馬鈴薯をいただきました。おいしいですね(^^)/2017年07月06日 23:21

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 木村秋則式自然栽培の考えに共鳴し,
農家になったものの挫折し,
それでも野菜の生長を手助けしたいという気持ち
(同時に, 安心できるものを食べたいという気持ち)から,
今のアルバイト生活をしながらでも,
畑作業をできないかなと考えておりました。

 富山市街中にいるため, 畑を郊外に借りようとすると,
往復に時間がかかり, アルバイトに支障をきたします。
なので, 今の住まいにあるベランダで,
プランターでの自然栽培を始めました。

 今年(2017年)3月に, 馬鈴薯の種芋を埋めることから始めました。
前に育てたことがあって,
ほとんど何もせずに(^^;, 育ってくれたのですが,
今回は畑ではなく, プランターなので,
どうなるのかなあと思っておりました。
また, ベランダは畑と違って, 常に日が当たるわけではないので,
それもどう効いてくるか気になっていました。

 育ちは必ずしも良くはなかった(実ったのは種芋よりも小さい芋)
ですが, ベランダで馬鈴薯を育てられたのは嬉しかったですね。

 それを今日いただきました。
相棒(神さん)が塩茹でしてくれました。
ほくほくして美味しいですね。
塩しかいれていないですから,
馬鈴薯の本来の味を味わえたのだと思います。

 今は, 馬鈴薯を育てたプランターは, 大豆畑になっています。
先に枝豆をいただきましたが, こちらは未だ育っています。

 実は, 馬鈴薯と大豆以外は, 胡瓜以外,
全然育っていないのですが,
まずは育ってくれた野菜, 自然に感謝です。
そして, ごちそうさまでした。

[自然栽培] 枝豆をいただきました。おいしいですね(^^)/2017年07月04日 22:22

塩ゆでした枝豆
 ベランダでのプランター自然栽培をしています。

 馬鈴薯の栽培で, 窒素分供給を目的として,
早生の大豆もすぐ脇で育てました。
既に馬鈴薯は全て収穫し終えたので,
それらのプランターは, 今は大豆「畑」になっています。
早生なので, 既に莢の中の豆は大きくなっています。
最後まで育てて, 大豆にするつもりでいるのですが,
枝豆として頂いても美味しいですよね。
ということで, いただきました(^^)/。

 実はアサブロで, 画像を複数複写する方法がわかりません(;_;)。
使い方の頁は表示が遅いし,
画像を複写しようとしたら, 1つの記事に1つしか複写できないのです。
なのに, 使い方の頁には,

> 24時間以内に100枚までの画像をアップロードできます。

と書いてあるのですが, どうやるんでしょうかね?

 ともあれ, 枝豆を頂けたことに感謝です(^^)/

[自然栽培] 馬鈴薯の収穫終了と, 枝豆の収穫2017年07月03日 21:23

 ベランダでの, プランター自然栽培の話です。

 木村秋則式自然栽培塾へ通って以来,
自然栽培の農家になりたいという気持ちは,
今でもあります。ただ, 年齢とお金という現実問題を考えると,
家賃, 生活費を払うためのアルバイトで,
時間にゆとりはありませんし,
腰が痛い, 今から農耕機械を扱えるかな?, 等の問題があります。
また, 富山からアルバイト先の金沢へ移動する時間や,
アルバイトの準備に時間がかかるため,
街中から遠方の畑を借りることは現実的ではありません。
また, 私の相棒(神さん)は, 自動車運転免許を取得しておらず,
郊外に住むということはできません。
なので, ベランダでプランター自然栽培をするのが,
一番「農家になっている」気になれる作業と言えます。

 春に馬鈴薯の種芋を埋めて, 既に100日以上が経過しました。
梅雨に入り, 最後まで枯れていなかった株も枯れてきたので,
今日, 収穫しました。
最後まで枯れていなかった株は,
全然生長しなかった株でした。
何らかの事情で, 生長が抑えられていたという感じです。
それでも高さ10 cm位までは伸びました。
結局, 種芋よりも小さい馬鈴薯になりました。
種芋の1/5位の新しい芋です(^^;。
枯れずに育ったことに感謝することにします。
また, 見ると, ここ1週間で発芽した芽がありました。
今からでも育ったんですかね(^^;。

 馬鈴薯の生長を助けるため,
早生の大豆も同じプランターで育てていたのですが,
こちらは馬鈴薯よりも順調に育っているようで,
一部の莢が, 「枝豆」段階になったので, 初収穫しました。
さすがは「早生」です, 7月に入ってすぐなのに, もう収穫です。
富山県内の畑は, 麦を刈った後の今頃の定植ですから,
滅茶苦茶に早いことになります。
枝豆は, 明日にいただきましょう。

 放射性物質不検出土は,
肥料が無いのが売りですが,
土をつくるときに,
微生物も全て殺しているようです。
だからでしょうか, 生育が全然良くありません。
それでも馬鈴薯はそこそこ育ってくれました。
大豆は, 自分で根粒菌を招き, 共生するからでしょう,
そのような土でもOKなようです。
富山市某所で頂いた土で育っている大豆と同様,
「枝豆」になっています。
ですが, 富山市某所の土と比べると, 育ちは悪いですね。

 1年目なので, そんなところなのかもしれません。

 土に, 野菜に, 自然に, 神に感謝です。

[自然栽培] 胡瓜とズッキーニの葉がどんどん大きくなっています。2017年06月24日 23:11

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 プランターの土用には,
放射性物質非検出の土を買っているのですが,
放射性物質以外にも,
肥料分や動物性物質を徹底的に排除してあるようで,
実は, この土での苗の育ちが悪いようです。
多分, 何箇月か何年か, 栽培を続けることで,
土の中の菌が良い状況になれば,
苗の生長も良くなるのかなあと思っております。

 その土以外に, 富山市某所(山のほう)のある方による,
無肥料土をいただき,
これもプランター自然栽培に使わせてもらっています。
これと前者の土には,
同じ時におろした種子から育った苗・株があります。
富山市某所の土で育っているズッキーニと胡瓜が,
すごい勢いで育っています。
というか, 前に露地栽培した時を思い出させる勢いです。
対して放射性物質非検出土だと,
生長はしているのですが, 非常にゆっくりです。
実は, 胡瓜は未だに本葉2枚(;_;)。
対して富山市某所の土はもう10枚以上で, 花も咲き始めました
(まだまだ大きくなる必要があるので, 花と蕾を積んでいます。)。

 葉っぱの色を見ると,
富山市某所の土で育っている葉は,
緑色が濃いです。これって, 肥料分が多いからかなあとも思っています。
実はこの土で育っているズッキーニでは,
本葉がでると, びっしりと小さな虫がつくのでした(;_;)。
しかし先日, この虫を食べてくれる虫が登場しました(^^)/。
どんどん食べてくれて, その黄色い小さな虫はいなくなりました。
食べた虫は, どうやら天道虫の幼虫のようでした。
虫が湧くのは養分過多のためと思われますが,
虫の生態系を利用してその問題が解決されたのを見ると,
生態系は凄いなあと思うのでした。

[自然栽培] 富山地方は梅雨に入ったらしいです。気温が高ければ嬉しいです。2017年06月22日 23:49

 ベランダでのプランター自然栽培の話です。

 馬鈴薯が収穫期になってきました。
1つの種芋から, 茎が2本。それぞれに小さな馬鈴薯が1個。
元の種芋よりも小さいです(;_;)。
畑で作った時と全然違います。こんなにも育ちが悪いとは...(;_;)。
陽当たり時間が短いからかなとも思ったのですが,
馬鈴薯生長に, 日照時間はあまり関係ないらしいです。
となると, 朝の冷え込みだったのでしょうかね?

 馬鈴薯の脇にうえた大豆は, 花がどんどん先,
莢ができ, そして膨らんできました。
早生だと, 6月中に収穫できるのかも知れませんね。
以前育てた艶麗(えんれい)は, 7月に種子を埋めたのですが(^^;。
大豆は順調と言えそうです。

 他は, あまり思わしくありません。
トマトやメロンは多くを枯らしてしまいました。
茄子は, 未だに双葉と本葉が1-2枚のまま。
肥料なしの土だから生長が遅いのは分かるのですが,
生長が止まってしまうのは?です。
朝に冷え込んだことが原因と思っています。

 トマトはいくつかの苗でやっと本葉が3-4枚となりました。
私はずっと「横植え」をしたくてうずうずしているのですが,
これから秋に入る迄に,
そのような状態に育つのかも怪しくなってきました(;_;)。

 なかなか難しいですが,
それでも生長している嬉しいですね。

 育つ野菜, 育てている地球環境に感謝です。