[富山と金沢] 富山地方鉄道の高速バスで, 日英華韓語案内。しかし,...。2017年04月20日 23:46

 アルバイト先への金沢への往復では,
鉄道か高速バスを利用します。
高速バスは, 富山地方鉄道と北陸鉄道の共同運行です。
その富山地方鉄道のバスで,
録音された車内案内に変化がありました。
それまでは日本語のみの案内だったのが,
日本語, 英語, 中国語, 韓国語の案内になりました。
日本語は元のままです。英語を聞く限り,
日本語の案内をかなり忠実に英語に訳した内容になっています。
となると, 中国語と韓国語もそうなのでしょう。

 1回の放送が結構長いのです。
となると, 何が起こるか。例えば金沢市内最後の停留所の
高柳を出ると,長々と, 乗車に対する謝意,
バスの中での注意事項の案内が続きます。
以前なら, 長い案内でも, 高速道路(北陸道東金沢入り口)に
辿り着くまでには, 案内は終わっていました。
しかし, 英華韓の案内になると, どうやら中国語の案内の途中辺りで,
高速道路入り口に入ってしまいます。
すると, 「シートベルトをお掛け下さい」という案内が,
4語で入るのです。中国語と韓国語の謝意なり乗り方なりの案内が,
結局聞けなくなります。
これって, それらを理解する人からしたら, 馬鹿にされた,
あるいは, まともに相手にしてくれない, という印象を受けるでしょう。
非常に不愉快に思いました。
運転手によっては, 中国語案内が流れている時に,
自ら日本語で案内を始めます。
はっきり言って, うるさいです(;_;)。

 富山地方鉄道が, 4語案内を始めたことは,
悪くない, 良いことと思います。
しかし, バスの運行に合わせて,
案内内容を減らすべきでした。
中国語と韓国語を聞きたい人には, 大変失礼なことをしています。

 ちなみにこの4語案内は, 降車の時にも入ります。
総曲輪降車案内の時には,
「富山新聞」の広告も入ります。
なので, 英語の案内でも, 途中迄になります。
中国語と韓国語の案内は全く聞けません。
間抜けすぎます(;_;)。

 富山地方鉄道がこの件を速やかに改善されることを願います。

[富山と金沢] 久しぶりに高速バスの景色を見ました。2017年04月04日 22:07

 花粉症がひどくなっている今日この頃,
住まいでは空気清浄機を運転させて,
アレルギー症状は収まっています。
その原因となる杉花粉ですが,
今日('17/04/04)のバスからの景色を見る限りは,
花粉はまだまだあるような印象を受けました。
まだしばらくはマスクが必要なようです。
ちなみに, 今日はバスの中で寝なかったので,
久しぶりに景色を見たのでした(^^;。

 富山市街中は, 桜の蕾が一気に膨らんだような。
一部花が見えていました。
丁度「ちんどんコンクール」の頃に
咲いているのかもしれません。

 金沢市内だと, 辛夷(こぶし)だと思うんですが,
それとも花木蓮(はなもくれん)でしょうか,
白い花びらが真上に向かってどんどん開いています。
こちらも開きそうです。

 春になったのだなあと感じました。
花粉症も, 春のおとずれを告げるのだと思ったら,
我慢できる...わけないです(;_;)。

[富山と金沢] 金沢駅IRいしかわ鉄道出口に自動改札設置。2017年04月02日 22:44

 20年以上前に南関東から富山へ移った時,
富山駅には, 自動改札はありませんでした。金沢駅もそうでした。
それが良い悪いということではありません。
自動改札が当たり前の環境から移ってくると,
違和感を覚えたわけです。

 北陸新幹線延伸によってできた,
北陸新幹線の富山駅と金沢駅には,
自動改札が導入されました。
しかし, 新幹線以外は違いました。
それが, 昨日('17/04/01)に,
IRいしかわ鉄道の金沢駅で, 導入されました。
というか, 今日, アルバイトで鉄道で移動したら,
そうなっていたことを知ったのでした。

 自動改札に慣れていない人が, 出口を塞ぎました(;_;)。
今日は休日だから, 急いで改札を出たい人は
あまりいなかったのかもしれませんが,
速く出たかった私には不快でした。
そのうち皆速くなるのでしょうけれど...。

 金沢への往復で利用した,
あいの風とやま鉄道では, 利用者が3000万人を超えたということで,
富山駅で記念式典があったとのことです。[1]
私がその時刻に富山駅へ行っていたら,
あの, 富山県民のことは他人事, の,
現知事と会うことになっていたようでした。
あんな, 富山県民のことなどどうでも良いと考える人に,
会わなくて良かったです。

 金沢から戻って, 富山駅を降りて, マリエに行ってみました。
1階の神戸屋キッチンは, 店内配置が変わっていて,
食べられる空間がとても広くなっていて,
パン売り場が狭くなっていました。
私はその場では食べないのし,
パンを選ぶ場所が狭いのは不愉快なので,
今回の配置換えは, 残念でした。
しかし, ここのパンは美味しいので,
今日も買いました。今後もちょくちょく買うことでしょう。

 マリエの, 路面電車側出口に, Prontoができるということです。
以前はここにGerman Bakeryがあったとか。
Kentucky Fried Chickenがあったのは覚えていたのですが...。
食べ物屋が増えてくるようですね。
Mr. Donutや吉野家がなくなった状況からすれば,
歓迎すべきことなのでしょう。

 富山らしく, 新幹線延伸に間に合わずに未だに工事中の富山駅,
それに合わせるかのように, 富山駅南口に, 今も建物が工事中です。
この建物のおかげで,
富山駅南口から, APA Villaが見えなくなるのは,
私にはありがたいことです。
あんな欠陥建築, 偽右翼は, 撤退して欲しいですね。

 と, 強引に富山と金沢を結びつけて, 今日のブログはおしまいです。

[1] http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3065190931.html

[富山と金沢] ううん, 石川と富山, あまり差はないのかも(^^;。IRいしかわ鉄道の将来について話し合いがあったとのこと。2017年03月30日 23:31

 範疇は[富山と金沢]ですが,
あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道の意味での比較の話です。

 NHKいしかわ放送局のウェブ配信を読んでいたら,

> 金沢以西の並行在来線経営検討会

という記事[1]がありました。
金沢以西の旧国鉄(現西日本旅客鉄道)北陸本線が経営を切り離され,
金沢以東で設立されたIRいしかわ鉄道が
この路線の石川県内を引き継ぐということなのですが,
石川県のこのことの担当者の発言によれば,

> 現在「IRいしかわ鉄道」が運行している
> 金沢より東側の路線と比べると,
> 西側は距離が2.5倍に増える一方,
> 利用客数は約7割程度にとどまると見込まれることから,
> 厳しい経営状況が予想されると述べました。

とあります。そんなことは前々からわかっていたはずです。
金沢駅が, 北陸新幹線延伸時に素晴らしい形で改築されていたのです。
富山駅なんぞ, 未だに工事中です(^^;。
だから, 金沢以西のIRいしかわ鉄道の経営方針は,
当然良い見通しとなるよう計画されているものだと思っておりました。

 しかし, どうやら違うようです。

> (いしかわ)県は来年度(2018年度)にも,
> 現在のJR北陸線で利用状況を調査したうえで,
> 利用客を増やすためには
> どのような対策が必要なのか検討することを明らかにしました。
> 谷本(石川県)知事は,
> 検討会のあと記者団に対し
> 「経営が困難になることから公的サポートが大事になってくる。
> 平成34年度(2023年度かな?)の開業に向けて
> 1歩1歩段階を踏んで取り組んでいきたい」と話していました。

 富山駅が工事中なのは, 富山県の多くの方々の生き方,
考え方を反映させたものであり,
金沢駅は, 石川県の多くの方々のそれを反映させたものと考え,
石川県民は富山県民よりも計画的にことを進められる,
というように考えていたのですが,
このIRいしかわ鉄道の件を読むと,
実は両県民とも, あまり違いはないのでは,
と思うようになってきました。

 あいの風とやま鉄道は, 初年度は黒字, 2年目は赤字。
税金の関係でそうなったということなので,
ということは, 初年度黒字というのは, その前の年度がなかったから
税金がないのでそうなった, という, ただそれだけの事だったようです。
今後, 赤字が増えていけば,
あいの風とやま鉄道廃止のようなことになるのでしょう。

 IRいしかわ鉄道がどうなっていくのか, 見ていくことにします。
「公的サポート」とは税金のことでしょうから,
結局は石川県民がどうしていくか, という問題になります。

[1] http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3024763071.html

[富山と金沢] 初めてあいの風ライナー(席代がかかる快速)に乗りました。2017年03月22日 21:40

 富山駅と金沢駅の間には, 日本旅客鉄道(JR)の新幹線と,
旧北陸本線を引き継いだ, あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道が
列車を運転しています。
片道は, 新幹線が2810円(自由席)で23分,
あいの風とやま鉄道とIR石川鉄道の線が1220円で, 55分です。
ちなみに, 鉄道ではなくて高速バスを使うと, 930円で65分です。
私はたいてい高速バス, たまに新幹線ということが多いのですが,
先日, 久しぶりにあいの風とやま鉄道とIR石川鉄道の線を
利用しました。この長い呼び名を何とかしたいですね。
取り敢えず, 旧北陸本線としておきます。

 旧北陸本線では, 基本は各駅停車しか走らないのですが,
平日通勤時間帯に限り, 快速運転がなされています。
「あいの風ライナー」と呼ばれています。
停車駅が少なく, なので「快速」になっていて,
金沢富山間は, 45分くらいで走ります。
55分が45分に短縮なので, はっきり申し上げれば,
大した時間短縮ではありません。
なので, この「快速」が,
優等列車料金を取るのはおかしいと思いますが,
「あいの風ライナー」は, 乗客に必ず席があることを保証するので,
その料金をとっています。
「ライナー券」と呼ばれる座席指定券は300円です。
なので, 富山金沢間は1520円となります。

 これに対して高速バスは, 必ず席に座っていないといけません
(多分, 高速道路を走るバスでは,
客が立ったままではいけないという法律があるのでしょう。)。
なので, 座席指定券込で930円ということになります。
「あいの風ライナー」との差額は, 590円です。
20分早く着きますが, 590円というのは,
同じことを帰りにしたら, 1回の片道分を使ってしまうことになります。

 前置きが長すぎ(^^;。上の理由と, 時間が合わないことから,
私はこれまで「あいの風ライナー」には乗ったことがなかったのです。
先日これに乗る機会がありました。
単に高速バスに乗りそびれただけなのですが(;_;)。

 座席指定というだけの違いなので,
走っている車両は, 通常の車両と同じです。
見た目は, 西日本旅客鉄道(JR西日本)の京阪神地区でよく見られる,
快速・新快速用の車両と同じです。
「快速」だから4両で走るのかと思ったら, 2両編成でした。
そのせいでしょうか, 私が乗った車両は, 乗り降りはあるものの,
ほぼ満席に近い状態でした。

 たまたまなのでしょうが, 私が乗った席のすぐ後に,
乳児を抱いた母親とその母親と思しき, 計3名が乗っていました。
途中でその乳児が泣くのです。私も(;_;)。
これは, 私が利用する朝の高速バスではめったにないことです。
朝はほぼ間違いなく通勤車と通学者なので,
乳児が乗ることはないのです。
あれは正直, 参りました。
寝ようかと思っていたのですが, あれでは無理でした。

 高速バスは, 富山市内や金沢市内の渋滞に巻き込まれると,
20分位平気で遅れてしまうのですが,
鉄道は, 北陸本線時代には強風時には止まりましたが,
今の鉄道会社になって, 運行が金沢で切れたせいでしょう,
金沢富山間旧北陸本線では, たいてい列車は運転します。
そして時間は時刻表通りです。

 移動中をずっと寝ていたいとなると,
「あいの風ライナー」は, 席が通路側になると,
途中駅(小杉, 高岡, 石動)で
窓側の客の出入りに対応する可能性があります。
先日乗った時はそうでした。
なので, 寝られないです。乳児が喚くことも考えると,
私には「あいの風ライナー」の利用は,
非現実的に思えるようになりました。
移動中に寝なければよいのでしょうが,
私は鉄道やバスのように, ゆらゆら動く中だと,
集中が持続しないようで, どうしても寝てしまうのです。

 時刻表を見ると, 富山と金沢の間では,
わざわざ「あいの風ライナー」に乗る必要性は,
あまり無いような気がしています。
各駅停車は, 金沢だと始発なので,
金沢から富山へ戻る時には,
早めに列に並んでいれば窓側の席を確保できます。
富山から金沢へ向かう時には,
富山発金沢行きに早めに並べば良いのでしょう。
でも, 高速バスなら, 乗れば,
高速道路に乗ったら確実に寝られますから,
早めに駅で並ぶという面倒なことはしなくて良いのです。

 ということで, 私が敢えて「あいの風ライナー」を利用する意味は
なさそうだ, というのが, 今回の教訓です。
この追加料金が必要な快速は,
富山駅以東の利用者のためなのでしょう。
私は今のところ富山駅以東でのアルバイトの予定はないので,
ということは, 先日の「あいの風ライナー」利用が,
最初で最後だったのかもしれないです。

 以降は, 「あいの風ライナー」とは関係ない話です。
あいの風とやま鉄道の時刻表[1]を見ていたら,
富山から黒部へは運転はあるのですが,
泊(とまり)までだと, とても少ないことに気が付きます。
富山発6:52泊着7:38の次は,
富山発8:25泊着9:14なのです。
こんな運転でも, 利用者がいないから大丈夫なのか,
それとも, こんな時刻だから,
ここを移動する方は自家用車?
黒部駅以西から富山県立泊高等学校へ通う生徒は大変ですね...。
富山から黒部までは, 運賃は高いですが,
富山地方鉄道線があります。
なので, 黒部から東へ移動するのは, 大変ということになります。

[1] http://ainokaze.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/79c71fc62099b1dc16d9d7423bb08848.pdf

[富山と金沢] 街中は吹雪でした(^^)/。でも, 全然積もりませんでした(;_;)。2017年03月07日 23:06

 日中の, アルバイト先の金沢市内の景色を見ていたら,
時々吹雪が舞う天気でした。このところ雪がほとんど降らず,
もうこれで雪は終わりかなあと寂しく思っていたのですが,
降ってくれました。
交通機関は大変だったと思います。
ただ, 吹雪がすごかった割には, 地面があたたかいからでしょう,
全く積雪はありませんでした。つまらない(^^;。

 アルバイトが終わって富山へ戻ったら,
富山市街中では, 薄くですが積雪がありました。
夜になって気温が冷えたからでしょうね。
私としては嬉しい降雪でした。

 明日('17/03/08)の午前中迄雪が時々降るようです。
運転されている方はお気を付けて。

[富山と金沢] 杉花粉症発症(;_;)。でも, 雨が降ったのでおさまりました。2017年03月06日 21:59

 富山市中心街, 金沢市中心(?)でも,
杉花粉が飛び始めています。
今年も結局, マスクで花粉をなるべく吸わないという,
消極的な方法でアレルギー症状発症を抑えるしかないようです。
たいていのアロマテラピーによる方法では,
私の症状は抑えられないので(;_;)。
私のハンドルである「おきゅう」をすると,
住まいが灰臭くなります。
「おきゅうぼうや」のハンドルのお灸が出来る場所が欲しいですね...。

 アルバイト先には, シャープ製のプラズマクラスター方式の
空気清浄機が作動しています。だから, 花粉症を感じないかなあ,
と思っていたのですが, マスクを外すと,
花がムズムズします。目も痒くなります。
あれれ, 私には効かないのでしょうかね?

 今日の金沢市と富山市は, 午後から降雨でした。
ということで, 午後からはマスク不要かなあ, と思っていたら,
夕刻の富山市内で車を運転していたら,
目が痒い痒い(;_;)。

 困ったものです。もう25年位この症状が続いていますね。
人生の半分近く...。

 今年は, いろいろな精油を試してみるつもりです。

[富山と金沢] 今年(2017)は, La Folle Journéeはありませんが, 「風と緑の楽都音楽祭」が開かれます。2017年03月05日 22:49

 範疇に「富山と金沢」を指定しましたが,
富山は殆ど関係ない話です(^^;。

 昨年(2016年)迄, La Folle Journée de Kanazawa
ラフォルジュルネドゥ(デかな?)金沢が開催されていた,
4月末からの長期連休期間中に,
「風と緑の楽都音楽祭2017」[1]が
開催されることになったということです。
先日, IRいしかわ鉄道の車両に乗ったら,
車内吊り広告が全てこれになっていました(^^;。

 ベィトホーフェン(ベートーヴェン)の交響曲とピアノ協奏曲,
そしてピアノソナタが全て演奏されるのだそうです。
全部聞きたい人は, 時間が重なっていますね...。
前に, 故岩城宏之氏がベィトホーフェンチクルスをされていましたが,
今回はピアノ協奏曲とピアノソナタもあります。
凄い企画のように思います。
あの, 新垣隆氏もいらっしゃるようです(^^;。

 日本伝統音楽(私は「邦楽」という言葉に違和感があるので,
こう書きます)もちゃんとあります。なかなかの企画のように思います。

 多分私は, 昨年と同様, 金沢市内でアルバイト中でしょう。
でも, どれか聞いてみたいですね。
特に, いくつか知っているピアノソナタか
ピアノ協奏曲「皇帝」が聞けたらなあと思っています。

 ちなみに, 富山との関係ですが,
4/29に, 越中おわら風の盆, 山中節の演奏があります。
昨年は, 富山駅で何かやっていたらしいのですが,
今年は石川県内に限定のようです。

 楽しみですね。

[1] https://www.gargan.jp/
この頁は, なんだか重たいです。
訪れる人に, 不親切だと思います。
URIのgarganは, ガルガンチュワに由来するのでしょう。
ガルガンチュワについては, 次のURIをご覧下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%AF%E3%81%A8%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB

[富山と金沢] あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道の車内で見られる英語。2017年03月04日 22:08

 富山と金沢の間を鉄道で移動すると, 当然, 車内を見るわけです。
この路線では, 原則扉は, 終着駅であっても, 自動開閉しません。
駅で乗り降りするには, 扉の脇にあるボタンを押すか,
手動扉を開けるかのいずれかになります。
扉の開閉方法は, 普段この列車を使われる方には説明不要でしょうが,
初めての人には, 案内が必要でしょう。
ということで, 扉の脇に, 開閉法についての説明が書かれています。
開閉法の英語を読んで, ?と思ったのですが,
正確に記録していませんでした。
whenの位置がおかしい英語でしたが,
記憶が曖昧でした。
しかし, その側にあった,
別の注意についての日本語と英語表現については覚えていたので,
書いてみます。

駆け込み乗車をしないように
Do not rush into when entering the train.

列車に入るときには, 駆け込まないように。
という訳になるでしょうが,
多分駆け込みというのは, 扉が閉じる時の話でしょう。
となると,

Do not rush onto when the doors are closing.

となりますでしょうか?
しかし, ううん, 列車内の客に注意することではないですよね?
かと言って, 列車車両の外にこのような注意を書いても,
読みますかね(^^;。

 とまあ, 英語の専門家ではない私ですが,
そんな私が見てもおかしいと思う英語は, やめて欲しいです。

 と, この列車内の英語表記について,
インターネットで調べたら,
同じ文章の問題を指摘されている方が少なくありませんでした。
あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道だけの問題ではないようですね。
私の記憶が曖昧だった, whenの文とは, 次の文だと分かりました。

Press button when light is on to open and close door.

when節がここに来ることに私は違和感を覚えるのですが,
私が見たウェブサイトでは,
他のもっとおかしなことも指摘されていました。
press buttonでは, どのボタンかわからない。そのとおりです。
light is onは, 電灯が灯っている時, という意味ですが,
本来は, 開閉ボタンが灯っているという時の意味です。
to open and close doorも,
開けて閉める, ではなく, 開けるないし閉める, でしょうから,
to open or closeとなり,
更にdoorはthe doorとなるでしょう。

 これらの変な英語は, JR英語とでも名付けましょうか(^^;。

[富山と金沢] 金沢行きの高速バスで, 平日15時頃に, 制服を着て化粧する女子高校生?2017年02月06日 23:49

 金沢へ通っているアルバイトは,
この時期はアルバイト時間が短くなり,
午後のみの出勤となることがあります。
そんな時に乗った金沢行き高速バスで,
???な光景を見ました。
高速バスの中で, 女子高校生(中学じゃないと思いますが...)が,
20分近く化粧をしているのです。
制服を着ているのですから,
高校生としての自覚をもって行動しているのでしょう。
高校生が化粧をしているというのは,
私には??なんですが
(素肌が一番綺麗な年代なのに, わざわざ「毒」を塗っているのですから),
それよりも, 制服を着ているのですから,
遊びに行くのではないでしょう。
今の時期に高校生が遊ぶものなのでしょうか?

 人それぞれなんですが,
制服を着て化粧するのはどうかなあと,
思う辺りが, 私は「老人」ということなのでしょうかね(^^;。